[YouTube] Google Stadia announced at GDC 2019

 すごい!未来!革命!とか一部のアーリーな界隈で盛り上がっている表題の件に関する雑感。

 そもそもゲームのクラウドストリーミング化はSonyやMicrosoftをはじめとする既存プレイヤーが既に試行錯誤しているわけだが、Chromeブラウザとコントローラーさえあれば場所や機種問わずOK、YouTube連動、とんでもない資金力による無限のクラウドパワーということで、業界のみならず多くの人がゲームチェンジャーとして震撼し期待するのも分かる。

 SonyがE3撤退したのも、やっぱりこれが遠因なのかね。確かにインパクトで言えばPS5を発表したとしても埋もれてただろうな。

 発表デモではDOOMが使われていた。ということはBethesdaは既にStadiaに取り組んでいるということか。Bethesda.netはどうするのか、今後新作がStadiaでも同時ローンチされるのか、はたまた2019年になってもSkyrimでズコーとなるのかなど、くされBethesdaファンとしては興味津々である。

 いずれにせよ近い将来このサービスが受け入れられることによって、ゲームの嗜好やゲーム内での行動までGoogle様に握られて広告配信パターンに組み込まれるわけだ。ゲーム内広告を動的に表示したり、ゲームの展開自体を個人の嗜好に合わせて変えるなんて芸当もゆくゆくは可能になるだろう。

 必ず批判ネタになる遅延問題についてはいつの間にか技術が解決しているだろうからあくまで2019年の懸念事項に過ぎないが、価格については現時点では未発表なので、サブスクリプション型になるのか、フリーミアム型になるのか、コンテンツ単位になるのか、どうなるか興味深い。
 PCやスマートフォンを中心に基本プレイ無料ゲームが席巻している現在、価格設定をミスるとコケる可能性もあり、コケたら割とあっさり撤退するのがGoogle様なので、今後数年の展開は目が離せない。

 YouTubeとの親和性については、色々と便利で楽しいこともありそうな反面、泡沫動画が溢れている現状に更に拍車がかかるのだろう。今や他人のプレイ動画を観て楽しみ、自身はプレイしないなんて人もいるらしいので、これも時代だね。

 何はともあれ、既存プラットフォーマーであるSony、Microsoft、任天堂の動向はもとより、Apple、Amazon、Netflixの動向、各ゲームソフト開発会社の動向にも、がぜん注目度が高まってきた。
 個人的に一番気になるのはTencentの動向だな。Googleに安易に乗っかるとも思えないし、自前でクラウドサービス立ち上げるまであるのかどうか。nVidiaあたりと組むのかな?

 Microsoftはガチンコ勝負だろうな。任天堂は独自IPの強みがあるので暫く様子見しつつ自身にとって一番都合の良いところと組むタイミングを見計らっている感じに見える。GoogleとMicrosoftが互いに全力で殴り合いつつ、+αとして任天堂を取り合う構図か。モジモジしすぎてどちらからも敵認定されるとかもありそうなので目が離せない。両方から貢がせるだけ貢がせる売れっ子としてぜひ頑張って頂きたい。
 心配なのはSonyだな。株主の端くれとしてはベタ降りだけは勘弁してほしいところではあるが、いくらなんでもPS4を引っ張りすぎな気がするし、クラウドもあまり得意じゃないからねえ。膝を打つような一手を期待したいが。

 株主の端くれでもあり、アフィリエイトもちまちまと貼ってのチラ裏ポジショントーク。

 まずは「ニンテンドーラボ」発表時の感想。

 「ニンテンドーラボ」は任天堂が開発・発売した携帯&据置の両用ゲーム機「スイッチ」と組み合わせて、知育玩具として遊ぶことのできる商品である。

 ここから長めの前置きを。
 そもそもスイッチについて、最初に発表されたときには、正直なところさほど興味は持っていなかった。
 任天堂のゲームハードは遠い昔、小学生の頃にファミコンにハマったきり、それ以降はWiiや3DSも含めてたまに他人の計らいで遊ぶことはあっても買ったりハマったりすることはなかった。

 心変わりして、やってみようと思ったのは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が発売され、海外のメタスコア高得点(リンク先音が出ます注意)を叩きだしたことが報じられてからである。

 年代的に、ウィザードリィウルティマといったところからゲームが好きになった経緯があるせいか、その後もどちらかと言えば海外ゲームのほうがしっくり楽しめる性分である。そのような嗜好ゆえに、海外のゲーム業界における評価については感覚が合っているような気がしている。
 その海外評価のスタンダードであるメタスコアで歴代でもトップレベルの高得点を獲得したのみならず、日本のAmazon商品コメントにも、数々のゲームマニア達による、単なるゲーム評価コメントとは思えないような言いようのない衝撃とか感動を綴ったものが散見された。

 これはやってみる選択肢しかないな、ということで、スイッチ本体の売り切れ続出で入手困難であるなか、転売から買うことを何とか回避し、任天堂ネット直売でハード・ソフトともども入手して、遊んでみたわけである。

 はたして、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は申し分のない出来映えであった。
 このゲームの評価については既に様々な媒体で様々なものが出ており、ここでは細かく言及しないが、大雑把に短く言えば、オープンワールドという現代ゲームの潮流のひとつをこんなにも上手く料理しつつ、それでいてリアリティ至上主義ではない「ザ・任天堂のゲーム」という「らしさ」を見事に融合している、というところだろう。

 そんななか、スプラトゥーン2やマリオオデッセイなどの大作が次々と発売されつつ、時は過ぎて、ニンテンドーラボの発表があった。

 発表動画を観て、軽く衝撃を受けた。それが記事冒頭に引用した自己ツイートである。
 これは売れるし、色々な可能性が広がる予感しかしなかった。

 そしていま、ニンテンドーラボの発売後、発表のとき想像したとおりに、かつ、おそらくは任天堂の思惑通りに状況が推移しつつある。

 何がすごいかを、列挙してみる。

・極力「大人が介入」せずに子供が「作り始める」ことのできる導入の気遣い

・その結果、子供が「自分で作ることが出来た」喜びを体験できる。親をはじめ周りの大人達もその感動を共有する

・子供達が大好きで、かつ主たる活動でもある「遊び」から「論理的な思考」「プログラミング的な思考」の一端を学ばせることができる。まさに現代の潮流の王道、直球ど真ん中の知育玩具である

・作ってみたものをSNSで見せる行為を通じて、共感の輪が拡がったり、「それなら自分はこうしてみよう」といった気づきや閃きの拡がり、共鳴のような事象が起きる(事象を起こす)

 Twitterにおける #NintendoLabo#ニンテンドーラボ には全世界で「作ってみた」動画や画像が流れてくる。

 「作る」「遊ぶ」「学ぶ」「見せる」そして「自分で独自に改造する」といったおよそ知育に必要な基本要素を全て兼ね備えたうえに、SNS時代に完璧にマッチした「動き」や「見た目」で楽しめるという要素までも持ち、主な原材料は子供が遊ぶのにも大量生産にも適したダンボールである。

 そして、さらに驚いたのはこれである。


 まさにこれこそ任天堂「らしさ」だろう。神は細部にもしっかりと宿っている。

 当然ながら、モチベーションを継続する仕掛けも用意されている。


 いずれ日本や他の国でもこうした関連イベントが頻繁に行われるだろう。

 今後、第二弾、第三弾というふうに視点の違った応用商品を打ち出してくることも予想できる。

 冒頭の「ゼルダ」は書いたとおり素晴らしいゲームである。
 しかしその素晴らしさはあくまで従来型の「ゲーム機で遊ぶゲームソフトウェア」としての素晴らしさである。

 ニンテンドーラボによって、スイッチはもう従来型の単なるゲーム機ではなく、ゲーム機にもなる別の「何か」というべきものになった。

 任天堂の底力をまざまざに見せつけられたというほかない。

 2018年1月の印象的な出来事をメモ。

 重大度1位はなんと言っても Coincheck でしょう。年明けから割と濃いのがきたねー。
 コトの経緯については、piyolog さんのまとめが客観的でかつ詳しい。

 Coincheckで発生した暗号通貨NEMの不正送金事案についてまとめてみたpiyolog

 マウントゴックス 再び。金儲けを優先しセキュリティ対策を後回しにしてたら泥棒に入られたと。改めて詳細を見聞すると、たしかに取引金額にふさわしいセキュリティではないわな。
 仮想通貨の裏付け技術であるブロックチェーンに対する信頼性と、乱立する取引所のセキュリティは分けて考える必要があるとは言え、そもそも仮想通貨の価格決定プロセスがね。現状は客観的な指標値がほぼ何もないに等しいように見えるので、今がバブルなのか、ピークアウトしたのかどうかなど、売り時も買い時も株以上に分かりづらい。
 日本国も、現状の泳がせ気味な感じを改めて、もう少し堅実に育てる感じで介入してほしいところだ。制度面も含めたシステムの堅牢性がもう少し高まったように見えてきたら、どこかでお試し参入してみようかなと思ったりしているが、果たして。

 まずは、コレがちゃんと行われるかどうかが、今後を占う分水嶺ですかねー。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について(2018年1月28日)

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

  • 総額:5億2300万XEM
  • 保有者数:約26万人
  • 補償方法:NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
  • 算出方法:NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
  • 算出期間:売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
  • 補償金額:88.549円×保有数
  • 補償時期等:補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 根拠はないのだが、いまの世の中の雰囲気や、事の起こるタイミング的に、コレを思い出す。もし金が返せないとなってくると、金を突っ込んだ方々の素性次第では、ねえ。

本blogもSSL化することにした。個人blogだしVPSなのでお高い証明書を購入するまでもなく、近年活躍目覚ましい Let’s Encrypt で。
Let’s Encrypt って何よ?という向きは「Let’s Encrypt 総合ポータル」とか Wikipediaページ をご参照。

本blogが稼動しているVPSのOSとWebサーバーのバージョンは以下。

[root@www ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)
[root@www ~]# httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built:   Oct 19 2017 20:39:16

証明書を自動発行したり自動更新したりするツールは、現時点での最新情報では certbot というツールを使うとのこと。
早速、gitを使ってインストール。

[root@www ~]# git clone https://github.com/certbot/certbot
Cloning into 'certbot'...
remote: Counting objects: 51720, done.
remote: Compressing objects: 100% (94/94), done.
remote: Total 51720 (delta 81), reused 72 (delta 40), pack-reused 51586
Receiving objects: 100% (51720/51720), 16.15 MiB | 3.96 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (37090/37090), done.

インストールしたcertbotをおもむろに実行する。必要なパッケージが自動で追加インストールされ、対話形式で証明書発行やApache設定ファイルの追加までやってくれる。良く出来てる親切仕様だね。

[root@www ~]# cd certbot
[root@www certbot]# ./certbot-auto
Bootstrapping dependencies for RedHat-based OSes... (you can skip this with --no-bootstrap)
yum is /usr/bin/yum
・・・(省略)・・・
Installed:
  augeas-libs.x86_64 0:1.4.0-2.el7_4.2                    gcc.x86_64 0:4.8.5-16.el7_4.1                    libffi-devel.x86_64 0:3.0.13-18.el7         
  mod_ssl.x86_64 1:2.4.6-67.el7.centos.6                  openssl-devel.x86_64 1:1.0.2k-8.el7              python-devel.x86_64 0:2.7.5-58.el7          
  python-tools.x86_64 0:2.7.5-58.el7                      python-virtualenv.noarch 0:1.10.1-4.el7          python2-pip.noarch 0:8.1.2-5.el7            
  redhat-rpm-config.noarch 0:9.1.0-76.el7.centos         

Dependency Installed:
  cpp.x86_64 0:4.8.5-16.el7_4.1               dwz.x86_64 0:0.11-3.el7                                        glibc-devel.x86_64 0:2.17-196.el7_4.2       
  glibc-headers.x86_64 0:2.17-196.el7_4.2     kernel-headers.x86_64 0:3.10.0-693.11.1.el7                    keyutils-libs-devel.x86_64 0:1.5.8-3.el7    
  krb5-devel.x86_64 0:1.15.1-8.el7            libXft.x86_64 0:2.3.2-2.el7                                    libXrender.x86_64 0:0.9.10-1.el7            
  libcom_err-devel.x86_64 0:1.42.9-10.el7     libkadm5.x86_64 0:1.15.1-8.el7                                 libmpc.x86_64 0:1.0.1-3.el7                 
  libselinux-devel.x86_64 0:2.5-11.el7        libsepol-devel.x86_64 0:2.5-6.el7                              libverto-devel.x86_64 0:0.2.5-4.el7         
  mpfr.x86_64 0:3.1.1-4.el7                   pcre-devel.x86_64 0:8.32-17.el7                                perl-srpm-macros.noarch 0:1-8.el7           
  python-backports.x86_64 0:1.0-8.el7         python-backports-ssl_match_hostname.noarch 0:3.4.0.2-4.el7     python-setuptools.noarch 0:0.9.8-7.el7      
  tcl.x86_64 1:8.5.13-8.el7                   tix.x86_64 1:8.4.3-12.el7                                      tk.x86_64 1:8.5.13-6.el7                    
  tkinter.x86_64 0:2.7.5-58.el7               zip.x86_64 0:3.0-11.el7                                        zlib-devel.x86_64 0:1.2.7-17.el7            

Complete!
Creating virtual environment...
Installing Python packages...
Installation succeeded.
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Plugins selected: Authenticator apache, Installer apache
Enter email address (used for urgent renewal and security notices) (Enter 'c' to
cancel): foo@bar.com ※通知を受け取りたいメールアドレスを入力

-------------------------------------------------------------------------------
Please read the Terms of Service at
https://letsencrypt.org/documents/LE-SA-v1.2-November-15-2017.pdf. You must
agree in order to register with the ACME server at
https://acme-v01.api.letsencrypt.org/directory
-------------------------------------------------------------------------------
(A)gree/(C)ancel: A

-------------------------------------------------------------------------------
Would you be willing to share your email address with the Electronic Frontier
Foundation, a founding partner of the Let's Encrypt project and the non-profit
organization that develops Certbot? We'd like to send you email about EFF and
our work to encrypt the web, protect its users and defend digital rights.
-------------------------------------------------------------------------------
(Y)es/(N)o: Y

Which names would you like to activate HTTPS for?
-------------------------------------------------------------------------------
1: www.ookawara.com
2: www.ookawara.net
-------------------------------------------------------------------------------
Select the appropriate numbers separated by commas and/or spaces, or leave input
blank to select all options shown (Enter 'c' to cancel): 1
Obtaining a new certificate
Performing the following challenges:
tls-sni-01 challenge for www.ookawara.com
Waiting for verification...
Cleaning up challenges
Created an SSL vhost at /etc/httpd/conf.d/www.ookawara.com-le-ssl.conf
Deploying Certificate for www.ookawara.com to VirtualHost /etc/httpd/conf.d/www.ookawara.com-le-ssl.conf

Please choose whether or not to redirect HTTP traffic to HTTPS, removing HTTP access.
-------------------------------------------------------------------------------
1: No redirect - Make no further changes to the webserver configuration.
2: Redirect - Make all requests redirect to secure HTTPS access. Choose this for
new sites, or if you're confident your site works on HTTPS. You can undo this
change by editing your web server's configuration.
-------------------------------------------------------------------------------
Select the appropriate number [1-2] then [enter] (press 'c' to cancel): 2
Redirecting vhost in /etc/httpd/conf.d/www.ookawara.com.conf to ssl vhost in /etc/httpd/conf.d/www.ookawara.com-le-ssl.conf

-------------------------------------------------------------------------------
Congratulations! You have successfully enabled https://www.ookawara.com

You should test your configuration at:
https://www.ssllabs.com/ssltest/analyze.html?d=www.ookawara.com
-------------------------------------------------------------------------------

IMPORTANT NOTES:
 - Congratulations! Your certificate and chain have been saved at:
   /etc/letsencrypt/live/www.ookawara.com/fullchain.pem
   Your key file has been saved at:
   /etc/letsencrypt/live/www.ookawara.com/privkey.pem
   Your cert will expire on 2018-04-03. To obtain a new or tweaked
   version of this certificate in the future, simply run certbot-auto
   again with the "certonly" option. To non-interactively renew *all*
   of your certificates, run "certbot-auto renew"
 - Your account credentials have been saved in your Certbot
   configuration directory at /etc/letsencrypt. You should make a
   secure backup of this folder now. This configuration directory will
   also contain certificates and private keys obtained by Certbot so
   making regular backups of this folder is ideal.
 - If you like Certbot, please consider supporting our work by:

   Donating to ISRG / Let's Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate
   Donating to EFF:                    https://eff.org/donate-le

Let’s Encrypt で発行する証明書の有効期限は3ヶ月。なので定期的に更新が必要となるのだが、これも certbot コマンドを cron で自動実行しておけばメンテフリーとなる。

[root@www certbot]# crontab -e
0 1 1 * * /root/certbot/certbot-auto renew --post-hook "systemctl reload httpd" >/tmp/certbot-update.log 2>&1

便利だねー。

英語表記:liberal

goo辞書(英和)より:
[形容詞]
1 自由主義の[に基づく,を主張する];(特に,政治・宗教上の)自由[進歩]主義の
liberal Christianity
(教会の伝統的権威を認めない)自由主義的キリスト教
a liberal view on social issues
社会問題に対する進歩的な見解.
2 ((しばしば L-)) (進歩的政治改革を唱道する)自由党の
the Liberal Government
(カナダなどの)自由党政府
the Liberal representation
自由党議員団
the Liberal Democratic Party
(日本の)自由民主党(LDP).
3 (貴族制・君主制に対して)代議制政治の.
4 (司法・行政上)個人の自由を尊ぶ,個人に最大限の自由を認める;(個人の信仰・思想・表現に関して)活動の自由を認める[擁護する]
a liberal policy toward dissident artists and writers
反体制派の芸術家や作家に対する開放的な政策.
5 〈人・考え方が〉偏見のない,偏狭でない,おうような,(自己の信念に)凝り固まっていない;〈思想・政策などが〉(新思想などを)広く受け入れる,寛大な,開かれた心の;慣習[因習]にとらわれない;公平な
a liberal attitude toward foreigners
外国人に対する寛容な態度
a liberal thinker
偏らない思想家
men of liberal outlook
公平な物の見方をする人たち
6
(1)〈人が〉物惜しみしない;(お金などを)惜しまない,けちけちしない((of,with …));(寄付行為などに)気前のよい((in …))
a liberal patron [donor]
気前のいい後援者[寄付者]
a liberal tipper
チップをはずむ人[客]
be liberal with [or of] one’s money [advice]
金[忠告]を惜しまない
(2)〈物が〉惜しみなく与えられた;〈時間などが〉十二分の,豊富な,たっぷりの⇒PLENTIFUL【類語】
a liberal donation
多大な寄付
a liberal amount of free time
十分な自由時間
in liberal quantities
たっぷりと,十分に
7 厳格[厳密]でない;〈解釈などが〉字義にとらわれない
a liberal attitude toward children
子供に対する甘い態度
a liberal interpretation of a rule
幅のある規則の解釈
a liberal translation
意訳[自由訳].
8 (教育に関して)(一般)教養的な,専門的でない:LIBERAL ARTS.
9 (体の部分・輪郭などが)大きな,豊かな,大造りの
a woman of liberal outline
大柄な婦人.
10 ((古)) 自由人の[にふさわしい];(特に)紳士階級の,紳士にふさわしい.
11 ((廃)) 放縦[放蕩ほうとう]な.
━━ [名詞]
1 (特に政治・宗教上の)自由[進歩]主義者.
2 ((しばしば L-)) (英国・カナダなどの)自由党員.
3 慣習[伝統,因習,権威,偏見など]にとらわれない人.

Wikipedia「リベラル」:
自由や平等にもとづく政治哲学である自由主義を指示する人について使用される

Wikipedia「自由主義」:
自由主義(じゆうしゅぎ、英: liberalism、リベラリズム)とは、国家や集団や権威などによる統制に対し、個人などが自由に判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つとする思想・体制・傾向などを指す用語。

日本の左派はいつから「リベラル」になったのか?(作家・ジャーナリスト 佐々木俊尚公式サイト)
Twitter検索「@sasakitoshinao リベラル
希望の党に排除されたのは、「リベラル派」ではなく、「冷戦時代からの改憲反対派」なのではないか

  • 最近の政治の話で、どうも「リベラル」って言葉の意味合いの理解があやふやだったのと、「排除」とか「約束が違う」とかってなってる人達が「リベラル派」なの?ってことで、適当にググったりしたのをメモ。
  • 日本では(というかマスコミは、といったほうが正確か)、護憲か改憲かって話や、安全保障だとかエネルギー政策だとか税と社会保障や教育の関係だとかっていう個別政策論の話と、「リベラル」かどうかって話を、割と盛大に混同している感がありそう。
  • いま「リベラル派」っていうのを自称する人達がいるとしたら、主張される政策についてどの辺がリベラルなのかってのを説明してほしいところ。

そんなこんなで、とりあえず都民税は高すぎる。新党も大事かも知れんが何とかしてくれ。