鷹の祭典2019福岡、観戦全勝とは行かず敗北。
 千賀投手だから期待していたんだけどねえ。このあたりが文句なしエースと呼びづらい所なんだよねえ。
 まあ相手の吉田選手が1枚も2枚も上手だったということだろう。
 バファローズはモヤ選手の加入が大きいな。吉田選手が3番にいるというのが非常に厄介である。

 ギータ、リハビリは今どんな感じですかね。

NPB公式

 そうそう上手くは行かず。連勝は9でストップ。
 連勝疲れなのか、打線が繋がらず。
 投手陣も調子が悪いなりに頑張ったものの後半力尽きて逆転負け。
 スアレス投手もやはり全快という感じではなさそうだ。つくづく、今年は投手のやりくりで苦労する年である。

スポナビ結果

VMwareのホスト・ゲスト間ファイル共有機能は便利な機能であるわけだが、 CentOS 7.3 と VMware Tools 10.0.x の組合わせではコンパイルエラーが生じてToolsのインストールが失敗し、ファイル共有が使えない。

具体的にはこんなエラー。

/tmp/modconfig-CXZXGV/vmhgfs-only/page.c:1649:23: エラー: 関数 ‘wait_on_bit’ への引数が多すぎます
                       TASK_UNINTERRUPTIBLE);
                       ^
In file included from include/linux/mmzone.h:9:0,
                 from include/linux/gfp.h:5,
                 from include/linux/mm.h:9,
                 from include/linux/pagemap.h:7,
                 from /tmp/modconfig-CXZXGV/vmhgfs-only/page.c:28:
include/linux/wait.h:1044:1: 備考: ここで宣言されています
 wait_on_bit(void *word, int bit, unsigned mode)
 ^
make[2]: *** [/tmp/modconfig-CXZXGV/vmhgfs-only/page.o] エラー 1

現時点で最新の VMware Tools 10.1.0 build-4449150 を手動ダウンロードして導入し解決。

元情報
VMware Tools 10.1.0 build-4449150

ダウンロードした VMware-Tools-10.1.0-core-4449150.tar.gz に収録されている linux.iso をゲストOSでマウントし、あとはいつもの手動インストールを行う。

伊達と酔狂で作ったに等しい会社も気づけば7年が経過。
5年生存率とか10年生存率とか言われる中で、まあよく持ってるもんだとは思うが、やっと慣れてきた感じはする。
8年目も、特に飛躍も目指さずほどほどに頑張ろうと思う。

10分で衣類をリフレッシュする家電 SWASH、P&GとWhirlpoolが開発。1台499ドル

まあコストパフォーマンスはともかく、時間を惜しみ、かつこういうものを置ける余裕のある住居に住んでいる裕福層にはいい提案ではないかと。
日の丸家電もこういうのを頑張ったらいいと思うのだが。