クラウドゲーミング絡みで、現メジャープレイヤー同士が接近。

ソニーとMicrosoftは17日、ゲームやコンテンツのストリーミングサービスのMicrosoft Azure利用など、DTC(Direct to Consumer)のエンタテインメントプラットフォームやAIソリューション領域において、新たな顧客体験を開発するためのパートナーシップを発表した。

 

各社のゲームやコンテンツのストリーミングサービスを目的とした、将来のクラウドソリューションをMicrosoft Azureを活用して共同開発することを検討。また、ソニーのゲームやコンテンツのストリーミングサービスに、現在のAzureのデータセンターベースのソリューションの利用も検討していく。協業により、両社はそれぞれの世界中のユーザーに、より充実したエンタテインメント体験を提供し、コンテンツ制作者コミュニティに向けて、より良い開発プラットフォームの提供を目指すという。

 

また、半導体とAIの分野での協業も検討。半導体においては、新しいインテリジェントイメージセンサーの共同開発の可能性を探っていく。ソニーのイメージセンサーとマイクロソフトのAzure AIテクノロジーをクラウドとエッジを跨いでハイブリッドに統合し、より強力で便利なサービスを法人向けに提供する。

 

AIに関しては、マイクロソフトのAIプラットフォームとツールをソニーのコンシューマー向け製品での採用を検討する。

 

ソニーとMicrosoft、クラウドゲームやAIソリューションで戦略的提携 (2019-5-17 Impress Watch)

 先日発表のあった「Google Stadia」対抗策が具体化してきたわけだが、SonyとMicrosoftをざっくり比べると、コンシューマ向けゲームプラットフォームとしてはSony(PS4)が現状優勢、クラウドサービスでは実質Azure一択であるので、相互補完関係としては悪くないと思った。

 Sony側から見ると、本来クラウド化するならば有力な提携先であったGoogleに独自戦略で出し抜かれた以上、そしてかつ自前でクラウドプラットフォームを構築or調達する気がないのであれば、Googleと並び立つもう一方の巨大クラウドプラットフォーマーであるMicrosoftと組むのはある意味必然とも言える。

 いっぽうMicrosoft側から見た場合は、自社クラウドサービスの顧客が増える以上のメリットはそんなにない気もするが、本当はXboxゲーム事業を自前で維持していくモチベーションが低下したけど単純に撤退するわけにも行かないので、将来のゲーム事業展開オプションを増やす事に意味を見いだしたのかも知れない。

 この提携が上手く行くかどうかで気になる点としては、Sony側においてPS4事業を持っているSIEの影が、この話のなかであまり見えてこないあたり、SIEの現状に業を煮やした親会社が頭ごなしに動いている構図に見えなくもないところ。ゲーム事業をエンジンのひとつに据えてSonyを復活させた平井社長退任後の揺り戻し表面化なのか、親会社によるSIE冷遇からのSonyグループ内抗争みたいな悪癖が活性化しなければいいのだが。Xperiaの二の舞は避けてほしいところ。

 任天堂の動向は、本格的なクラウドゲーミング時代の到来にまだ数年猶予があるため、その間はクラウド覇権争いを静観して、従来型モデルでIPの更なる充実を図りつつ、そのうち5G通信機能付きSwitch後継機種を出す算段か。
 モバイルにも据置にもなれてJoy-Conが使えて任天堂のIPが動くハードを売ることさえ出来れば、GoogleやMicrosoftのクラウドサービスが相乗りしても問題ないわけで、Switch的なコンソールにクラウド・非クラウド問わず全ゲームプラットフォームが乗っかる未来を描いていそうな気がする。その場合ライバルはスマホやタブレットになるわけだが、Joy-Conの強みがポイントになってくる。
 誰かが言った「SwitchはJoy-Conが本体」とは良く言ったものだと思うことしきりだが、Google,Microsoft,Sonyがフロントエンドデバイスの取り合いに興味がないはずがないし、革新的UIの騎手であるAppleのような乱入プレイヤーもいるので、どうなるか。

 いち消費者としては、時代の変わり目に立ち会いつつ技術革新のメリットを享受できる、良い時代ですわ。

参考記事:Google Stadia:黒船襲来。ついにゲームの分野もGoogleロックオン

 本家タカガールデー2日目。逆転負け。
 どうも対マリーンズ戦が前半戦の鬼門と化している。
 4月は新人活躍などで踏ん張っていたリリーフ陣も、流石にプロの壁は高く、ここ最近打ち込まれている。
 今のところ千賀投手と高橋礼投手が鉄板気味なのが救いか。
 負ける度に呪文のように繰り返しているが、怪我人の復活までは何とか勝率5割をキープしておきたいところだ。

NPB公式

 令和元年初日、完敗。
 改元初日かつ「博多どんたくデー2019」ということで観戦したものの、どんたくデーは連敗中ということで嫌なジンクスが頭をよぎっていたが案の定であった。まさか危険球退場で崩壊するとは思わなかったが。

 今年の武田投手はひと味違う感じで来ていただけに、残念すぎる。スクランブル昇格の高橋純平投手が良い感じだったのが救いか。
 打線は…正直怪我人が多すぎて機能させろというほうが酷な状況だが、期せずして若手のお試し放題ということで、こうなったら更なる若手登用をしていってほしい気もする。
 内川選手の途中交代が気になるな。調子が上向いてきていただけに。(それにしても松田選手の鉄人ぶりには頭が下がる)

 柳田選手も時間が掛かるような報道が出ているし、5月も我慢の月か。なんとか5割キープでお願いしたい。

NPB公式

 タカガールデー東京初開催、鬼門の企画試合で勝利。

 タカガールデーは女性に限りタカガール仕様の応援ユニを無料配布して球場をピンクに染めて応援しようという企画試合である。もともと福岡では年1~2試合行われていたが今シーズンから東京初進出となった。鷹の祭典を東京で2日間やるよりは今年のパターンのほうが良いと思うね。
 当方女性ゼロのおっさんチームであったが、数少ない東京ドーム興行ということもあり観戦させて頂きました。

 ホークス先発は相変わらず不調の東浜投手、かつ野手陣は野戦病院状態ということで、正直厳しいかなと思っていたのだが、松田内川デスパイネといったおっさんが奮起して逆転勝利。投の若鷹がまた出てきたのも嬉しい驚きである。

 反面、内川選手のヒーローインタビューでの発言には、少しずつ近寄ってくる加齢の影響と、やって当たり前という常勝チーム主力に対する重圧の苦悩があからさまに表れていて何とも言えない胸中になった。

 今年はキャプテン制度を廃止して内川選手のユニフォームからCマークが消えたが、もともと責任感の空回りやネガティブ志向に陥りやすいように見える内川選手の心理的重圧を少しでも軽くしようというチーム(監督?)の配慮であると自分は捉えているので、横浜時代やホークス移籍1年目のように、チーム状態など関係なくオレは打つ!の精神を思い出してほしい。そもそも現代のプロ野球選手として老け込む年ではないしここから上げていってほしいね。

NPB公式

 「WE=KYUSHUデー」in 長崎。ほろ苦い引き分け決着。対ファイターズはなんかこういう展開多いなあ。

 なかなか興行のない長崎ということで、観光を兼ねて1泊し観戦。
 途中からは冷たい雨が降ってきて残念な天候となったが、なんとか試合は成立。
 「長崎は今日も雨だった」をまさに体験することとなった。

 長崎自体が初訪問なので、当然ながら長崎県営野球場も初めて来たのだが、流石は長崎というべきか、外周部分の意匠も異国情緒を感じる洒落たデザインだし、座席もけっこう広めで、いいですね。内野部分の屋根がもう少し広範囲にカバーされているとなお良かったが、公営にあまり求めすぎるのも厳しいか。

 試合展開としては、投打に精彩を欠き終始負けムードの試合展開を引き分けで終われたことで、良かったと思うべきだろう。一時はリードした時間帯もあったのだが、雨の強弱判断が微妙なところで、無理にコールド勝ちにするのも遺恨が残るし結果としては妥当だね。
 やはりギータ&グラシアル&中村晃の離脱はデカイ。東浜投手もなんか調子上がらないし、4月は厳しいな。

NPB公式