鷹の祭典、観戦すると大敗、観戦しないと大勝。これはいったい、どういうことなのか。

 神をはじめ超常的なものは信じていない人間であったが、ここまで来ると、自分に何か悪いものが憑いているのではないかと勘ぐってしまう。
 自分の負のオーラが影響したとすれば、年に一度の祭典を楽しみにしてきた北九州ファンの皆様に申し訳ない気持ちで一杯である。博多に戻る足取りも重い。

 まあしかし今日は武田投手vs.ウルフ投手ということで、戦前からかなりの不安はあったわけだが。

 武田投手、いくらなんでも2回7失点K.O.は酷すぎる。
 今シーズンは完封した2試合以外はほぼ良いところがなく、何とかしようと一生懸命なのも分かるし、栄養管理だったりトレーニング方法だったり色々意識高いところが漏れ聞こえてくるのだが、結果につながらなければ意味がない。
 逆にその意識の高さが、周囲のアドバイスを遠ざけてしまっているのではないか?と疑ってしまう。
 潜在能力は凄いと思っているのだが、ここまで殻が破れない状態が続くと、環境を劇的に変えるしかないように思える。
 つまり、トレード候補にしても良いのではないか?とも思ってしまう。
 (同じく壁にあたっているタイガース藤浪投手とトレード、できないかなあ)
 少なくとも二軍行きではないかと思うのだが、工藤監督がはたしてどこまで我慢するのか、投手出身の監督としては、もうワンチャン与えるのかどうか。

 中継ぎ陣もなんだかんだでチョコチョコ被弾し結局12失点。
 特に五十嵐投手がミスからランナーをためてスリーラン被弾と精彩を欠いていたので心配である。

 攻撃陣はというと、何とか5点はとったもののソロHR主体で、良い当たりでも正面だったりが多く、リズムが崩れた時はそんなものだろう。
 守備についても、たまにしかやらない屋外球場だからなのか、序盤大量リードを食らって集中力が切れたか、はたまた暑さ故か、エラーにならないミスも含めて乱れが気になる。守備の乱れは今シーズン通しての心配事だ。

 モヤモヤする話はここまでにして、興行面に目を向けると、今年から北九州の祭典でも試合後の「光の祭典」が行われるようになった。
 観客にルミカライトを配布し、暗転した球場でルミカライトをかざしながら、グラウンド上で演じられる音と光のセレモニーを楽しもうという近年の鷹の祭典で恒例となっているイベントだ。
 視覚的に大変綺麗・・・なのだが、いかんせん試合は完敗しているので、微妙な気分だ。
 しかし年一回このタイミングしか観戦にこないようなお客さんには、良い思い出になると思う。

 これで首位ライオンズとの3連戦は2勝1敗、最低限である。次カードのファイターズ戦も勝ち越しが必須であるので、何とか踏ん張ってほしい。今日の球場と違って涼しいドームなので、やってくれるはずである。

スポナビ結果


 ファイターズの東京の祭典が大成功に終わった。ファイターズのための宴に、花を添えることができて、大変嬉しい。
 写真は森投手vs.清宮選手。
 清宮選手については、自分としてはマリーンズにいった安田選手のほうに可能性を感じた派だが、この時ばかりはマジメに大声でHRを打て!と叫んでしまった。


 シーズン終了後に振り返ったとき、象徴として語られる試合がある。
 2016年の伝説的なV逸のときは、大谷選手先頭打者初球HRの試合や、勝利目前にボテボテ1塁ゴロエラーからの逆転負けがそれだった。
 もし今年V逸ならば、この2日間がそうなるであろう。
 逆にここから逆転Vとなれば、チームや選手の反骨心や闘争心に点火した試合として語られることになるかも知れない。

 オールスター明け、早速ライオンズやファイターズのカードがある。
 7月で終戦にならないことを切に願う。
 当然そこに照準を合わせて準備を進めていると思いたいが。
 首脳陣の指導力と選手の調整力が試される。

スポナビ結果

 今年も始まった「鷹の祭典」。しかし試合はというと、ほとんど観るべき点がない完敗であった。
 9点差で負けた後に観る祭典のセレモニーは、悔しいという気分を通り越して、空虚な気持ちになる。

 まあ良かった点を強いてあげるならばマッチが本当に久々の猛打賞、それも長打2本含め、というところだろうか。あとは内川選手のHRも唯一の得点だし今後の復調期待という意味では、まあ救いと言えば救いだ。

 明らかにダメな状態の石川投手をなぜもっと早めに諦めなかったのか、とか、試合がほぼ決まってしまってからモイネロ投手や嘉弥真投手を注ぎ込む意味は、とか継投には疑問も多いが、当然ながら実際にプレーする選手が、投打ともにピリッとしないのが一番の敗因であろう。
 技術面の問題や怪我の影響もあるだろうが、やはり特にレギュラークラスについては加齢による衰えや毎年CSや日本シリーズまで続く長丁場による疲労などもあるのだろう。更には、潤沢な年俸UPによるハングリーさの減衰もあるのではないか?と勘ぐってしまう。
 しつこいようだが、今からでも遅くはないからレギュラー確約は柳田選手以外は撤回して頂き、若手を含めた競争にしてほしい。

 興行面で言えば、今年は東京開催が2日間となったことで、特に東京ドーム上段席は空席が目立った。
 チーム状態が良くないことも影響しているとは思うが、やはりいくら東京のホークスファンがそれなりに多いとしても、平日2日間を埋め尽くすほどの人気ではないということだろう。

 現場だけでなくフロント含め、様々な面で足元をもう一度見直して、謙虚さとハングリーさを取り戻して頂きたい。

スポナビ結果

公式 | Wikipedia | IMDb
 米国での興行収入が散々で、以降のスピンオフ計画も一時停止になったとか、主役が似てないとか、色々と批判やつまずきが多い本作、自分はそれなりに楽しめた。
 「あの」Ep.8の後だから自分のなかでハードルが下がっていたのかも知れないが。

 物語は、ハン・ソロが「出来上がるまで」の経緯である。相棒チューバッカとの出会いや、ミレニアム・ファルコン号を手に入れる経緯が語られる。
 まだピカピカの船体がこれでもかと動き回り、ミレニアム・ファルコン号好きにはたまらない展開だが、この船の魅力はミリタリープラモデルよろしくこれでもかとウェザリングされた汚れも重要な魅力のひとつと思うので、ちょっと違和感。
 しかしEp.4オマージュの、タイ・ファイターとのドックファイトや船内での例のホログラムによるゲームなどお約束の見せ場は外さず。

 時代設定ゆえに、ジェダイが出てくるわけもなく、ライトセーバーの登場もないだろうなと思わせといて、ラスト近辺に意外な人と共にカメオ出演。

 説明的なシーンが最小限で、色々出てくる犯罪組織の関係性に?となるも、割とスピード感のある展開なので飽きずに最後まで楽しめた。

 世間の批判については、ソロ役が似てないというならばランド役のほうが似てないかなとか、そもそも本作がダメというならEp.8のほうがよほどダメと思うが、公開間隔が短すぎたのかもね。
 ディズニーになった功罪のうち、罪の側面と言えるのかも知れない。

 Ep.8の惨状によってEp.9の期待が薄いいま、今後の注目は一時停止の噂で持ちきりのスピンオフ新作がどうなるかであるが、ボバ・フェットはともかく、やはりライトセーバーのチャンバラがほしいのでオビ=ワン・ケノービは観たいな。
 ライトセーバーチャンバラ物を映像化するなら、メイス・ウィンドゥの無双とか実写になったアソーカを観たいので、オビ=ワン主役としてもぜひ時代設定はその辺でお願いしたい。
 ディズニー様、打ち切らないでね。