ギリギリ勝利。
 バンデンハーク投手が久々に「らしい」ねじ伏せる投球で、点差や展開ほどには胃には厳しくない試合ではあったが、それでもやはり1点差は観ているだけでも緊張する。
 比較的苦手な西投手から何とか1点をもぎ取って守り切った。相手の攻撃ミスに助けられた勝利とも言えるが、とにかく結果が大事だ。

 この時期になると下位チームは気持ちがオフや来シーズンに向き始める。
 上位チームは下位チームから如何に取りこぼさないかがポイントとなるが、来シーズン以降の体制がまだモヤモヤしているバファローズとイーグルスには特に負けられないというわけだ。

 特にイーグルスはすでに「若手起用に切り替える」宣言をしているだけに、星を稼がせてほしいところだったのだが、組合わせの不幸か残り試合はもう2試合のみである。
 と言うわけで、先日言及したマリーンズとこのバファローズから如何に勝てるか。直接対決以外も、目が離せない。

スポナビ結果

 投打がうまくかみあって、快勝。
 前日の試合に少し得点を分けたいくらいの、たたみかける攻撃。
 ミランダ投手もあまり調子は良くなさそうだったがゼロで纏めるところは流石だ。
 上林選手&甲斐捕手のタッチアップ阻止&二塁捕殺も勝利貢献度大であった。(走塁ミスでラッキーな面もあったが)

 大勝で勝ちパターンが休めたのと、少々停滞気味だったグラシアル選手、松田選手、柳田選手、甲斐捕手らにHRやいいヒットが出たのが明るい材料か。
 そろそろデスパイネ選手や内川選手が復活しそうな感じもあるが、打線をどう組むのか、気になるところだ。

 それにしてもこの日はマリーンズ対ライオンズが凄まじい試合になっていた。
 結果、ゲーム差が縮まったので良かったのだが、9月10月のマリーンズ戦が緊張感高まる展開になってきた。

スポナビ結果

 そうそう上手くは行かず。連勝は9でストップ。
 連勝疲れなのか、打線が繋がらず。
 投手陣も調子が悪いなりに頑張ったものの後半力尽きて逆転負け。
 スアレス投手もやはり全快という感じではなさそうだ。つくづく、今年は投手のやりくりで苦労する年である。

スポナビ結果

 神がかった、9連勝。キューバ国旗購入確定か。

 今日の得点12点はすべてHRである。どれも劇的HRであったし、投手陣は嫌な失点が相次いで一時逆転を許しただけに、攻撃陣に目が行きがちであるが、後半に踏ん張ったベテランの中田投手、高谷捕手もこの試合の功労者ではないかと思う。

 中田投手はあまり怪我がなく球数もいける鉄人であるので、今回のように回跨ぎも出来る中継ぎとしてまだまだ長く活躍できるのではないかと思う。今日は結果的に勝利投手となり、区切りの100勝をあげることが出来た。投手ローテーションが充実した現代野球においては、この数字は賞賛されるべきことだと思う。

 また高谷捕手が、中田投手や、その前に登板した五十嵐投手(こちらはかなりヒヤヒヤした内容だったが)を上手くリードしていたような気がする。
 緊迫した接戦では単に技術や体力の問題のみでなく、ベテラン捕手の老獪さも必要になる。
 近年のホークスは甲斐拓也捕手の台頭・活躍が著しいわけだが、やはり大ピンチになると若さ故かバタつく傾向があるし、いくら若くて体力があるといっても、これだけピーキーな投手陣をまとめ続けるには心身の疲労も相当溜まるだろう。
 高谷捕手の活躍が、これからの1ヶ月のキーポイントとなる気がしている。

 古今東西、チームスポーツにおいての強豪は若手の台頭とベテランの活躍がそれぞれの弱点を補完して噛み合っているものだが、そういった雰囲気が出てきたのが喜ばしい。

 しかしファンとしては、逆転Vはもちろんそうあってほしいと願うものの、常勝を目指す上では世代交代も気になる。
 少なくとも内川選手やデスパイネ選手は怪我完治のみならず心身完全リフレッシュできるまで我慢してもらって、怪我をしたらしい上林選手もそもそも疲労蓄積してそうなので少し休んでもらって、若手を1名でも良いから上げてほしいな。この緊迫した戦いで経験を積む良い機会だと思うので。

 内川選手、デスパイネ選手、上林選手は、本当に優勝がかかった土壇場や、CS出場した暁にはそこで大爆発を期待したいというのが本音だ。

スポナビ結果

 祝、8連勝&カード勝ち越し確定。
 ミランダ投手の圧巻投球と、相変わらず「時空が歪んでいる」松田選手の十亀投手打ちで、快勝。

 それにしても、デスパイネ選手やモイネロ投手に加え、連勝立役者の一人であるグラシアル選手、そして今回あわやノーヒットノーランという快投を見せたミランダ投手と、キューバ人助っ人様々の状況である。
 キューバ人野球関係者との蜜月関係を築き上げた編成担当ほか球団関係者の戦略が良かったということだろう。

 この補強戦略の中核はもちろん、他のキューバ人選手の精神的支柱であるデスパイネ選手であるわけだが、通訳のレオナルド青木氏の効果も大きいのではないかと思っている。
 公私に渡って選手をサポートしている様子や、日本人選手との関係も非常に良好である様子が、地元新聞記事やオフ公開動画など随所に見え隠れしている。
 担当選手が増えるということは青木氏の仕事もどんどん多忙になるということを意味するが、スタッフも勝敗に影響する重要なピースのひとつであるので、変わらぬ活躍を期待したい。

 そして助っ人各位には、外国人枠の問題もあるので来シーズンどうなるかは分からないが、ぜひ残留を期待したい。
 そうなったら、キューバ国旗を応援グッズに加えるべきかも知れないな。

スポナビ結果