見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること:ITpro

乙です。ちょうどAsteriskをいじりたおそうとしていたところなので、話題性が高まってくるとやる気も増すってなもんだ。しかし費用が約25分の1ってのはすごい。電話屋というかPBX屋の界隈では「チープ革命すぎてオレ達が儲からないじゃん!」ってことでオモチャ扱いされがちなAsteriskだが、これで認知度があがると商機も出てくるかも知れない。

しかしこの記事における一連のOSS活用事例において忘れちゃいけないのは、

中村氏は同市商工課の職員。電話網を担当する総務課ではなかったが,趣味で中学生のころからパソコンを使っており,独学でプログラミングも学んでいた。市でIP電話の導入を検討していることを耳にした中村氏は,市の職員提案制度を使い,オープンソース・ソフトウエアであるAsteriskを利用したIP電話網の導入を提案した。

見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること:ITpro(高橋 信頼, ITPro 2009年2月9日)

というところ。いるんですよ!ちゃんと身内に知識と熱意のある人が。

というワケで、ユーザ側にITを使いこなせる人が増えること自体は喜ばしいことであるが、金額のところだけ着目して、要件無視の「安くできるだろ大合唱」だけは、ぜひともやめてほしいと切に感じる今日この頃。OSSソフトウェアは無料だけどDIY。Yourselfで無理ならば、幾ばくかのお金をください。ふっかけたりはしませんから。

関連記事:重層下請け構造のなかから見た、周囲の変化と不変化

世間はGWらしいが、仕事に明け暮れる日々。GWって、ゲートウェイの略でしょ?
という訳で、息抜きがてら仕事環境(PC)改善の一環で、表題の設定メモ。

◆◆◆

その1:nVIDIAのドライバを入れる(参考URL:「HOWTO: Latest NVIDIA drivers」)

  1. nVIDIAのサイトにいってLinux版のドライバをダウンロードする。
    #自分がダウンロードしたのは「NVIDIA-Linux-x86-169.12-pkg1.run」。あとで素のコンソールから叩くので日本語ディレクトリには置かないように!ちなみに自PCのGPUはGeForce7300GSである。
  2. Synapticパッケージマネージャから「linux-headers-xxx(xxxは自分のカーネルのバージョン。Ubuntu8.04では2.6.24-16)」「linux-source」「build-essential」をそれぞれ検索して選択して適用する。
  3. Ctrl+Alt+F1でコンソールを表示して、Xを落とす。$ sudo /etc/init.d/gdm stop
  4. ドライバインストールシェルを実行する。いろいろ確認してくるので、自己責任でYES系でお答えする。$ sudo sh NVIDIA-Linux-x86-169.12-pkg1.run

起動時にnVIDIAのロゴがちらっと出てくればほぼ成功。

◆◆◆

その2:LCD-AD221Xは自動認識してくれないらしいので、1680×1050を出すためにxorg.confをいじる。
$ sudo vi /etc/X11/xorg.conf
xorg.confの抜粋はこんな感じ。ちゃんと表示されているが、設定値が正しいかどうかまでは追求してません。

・・・
Section "Monitor"
    Identifier     "Configured Monitor"
    VendorName     "Generic LCD Display"
    ModelName      "LCD Panel 1680x1050"
    HorizSync       31.5 - 65.5
    VertRefresh     56.0 - 65.0
    Gamma           1
    ModeLine       "640x480@60" 25.2 640 656 752 800 480 490 492 525 -hsync -vsync
    ModeLine       "800x600@56" 36.0 800 824 896 1024 600 601 603 625 +hsync +vsync
    ModeLine       "800x600@60" 40.0 800 840 968 1056 600 601 605 628 +hsync +vsync
    ModeLine       "1024x768@60" 65.0 1024 1048 1184 1344 768 771 777 806 -hsync -vsync
    ModeLine       "1280x960@60" 102.1 1280 1360 1496 1712 960 961 964 994 -hsync +vsync
    ModeLine       "1280x1024@60" 108.0 1280 1328 1440 1688 1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync
    ModeLine       "1680x1050@60" 147.14 1680 1784 1968 2256 1050 1051 1054 1087 -hsync +vsync
EndSection

Section "Monitor"
 # 
    Identifier     "monitor1"
    Gamma           1
EndSection

Section "Device"
    Identifier     "Configured Video Device"
    Driver         "nvidia"
    BoardName      "vesa"
    BusID          "PCI:3:0:0"
    Screen          0
EndSection

Section "Device"
 # 
    Identifier     "device1"
    Driver         "vesa"
    BoardName      "vesa"
    BusID          "PCI:3:0:0"
    Screen          1
EndSection

Section "Screen"
    Identifier     "Default Screen"
    Device         "Configured Video Device"
    Monitor        "Configured Monitor"
    DefaultDepth    24
    SubSection     "Display"
        Virtual     1680 1050
        Depth       24
        Modes      "1680x1050@60" "1400x1050@60" "1280x1024@60" "1280x960@60" "1024x768@60" "800x600@60" "800x600@56" "640x480@60"
    EndSubSection
EndSection

Section "Screen"
 # 
    Identifier     "screen1"
    Device         "device1"
    Monitor        "monitor1"
    DefaultDepth    24
EndSection

Enjoy!

デスクトップをXubuntuに変えてみた。
噂どおりUbuntuよりも少し軽いかも?(実はあんまり実感なし)
日本語ローカライズはUbuntuのパッケージを流用する。以下手順メモ。

  1. Synaptic パッケージ・マネージャを起動して[設定]-[リポジトリ]ダイアログの[サードパーティのソフトウェア]タブにて、[追加]ボタンを押し、[APT Line]に「deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy/」を入力して[ソースを追加]ボタンにて追加する
  2. 同手順にて「deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja gutsy-ja/」を追加する
  3. 途中に出てくる警告っぽいメッセージボックスはすべてスルーで
  4. Synaptic パッケージ・マネージャ[再読込]を行い読み込まれたパッケージリストのなかにある「ubuntu-ja-keyring」をクリックして[適用]する。認証されていない云々といった警告メッセージはスルーで
  5. 再びSynaptic パッケージ・マネージャ[再読込]、「ubuntu-desktop-ja」をクリックして[適用]する

いじょ

 いつのまにか「Ubuntu 7.10 (Gutsy Gibbon)」がリリースされていた。

 今まで少しだけだが実務にも使っていたUbuntu。この度、業務用PCとしてVAIOを新調したため、完全にWWWブラウズ&お遊び実験マシンと化した。

 よって、設定等のバックアップもとらずに、お気軽にアップグレードしてみた。

 そしたら・・・Firefoxが落ちまくり。Firefoxからダイアログをポップアップする場面で必ず落ちるようになってしまった。

 少し調べると概ね2つの事例。

可能性1:「ubufox 0.4 beta1」の不具合

対処法としては、

今まで使って来たマシンのホームディレクトリにある隠しファイルである「.mozilla」をコピーしてそのままペースト。
そうすれば、今までと全く同じ環境が再現されます。

または、Synapticで「ubufox」と検索。これを削除してしまいます。

Viva! Ubuntu:7.10ベータ Firefoxがすぐ落ちる対処法

可能性2:「日本語入力メソッド(scim-anthy)」が絡んだFirefoxの不具合?

Firefoxが起動しており、scim-anthyも起動中、この時、もうひとつ、Firefoxを起動しようとすると、クラッシュします。

(中略)

・本家版の場合
 日本語入力がオンになっている(SCIMのウィンドウが起動している)状態で
 設定やソースの表示など、Firefoxから別ウィンドウやダイアログを表示すると落ちる。
 日本語入力がオフになっている(SCIMのウィンドウが起動している)状態だと
 同様のことをしてもFirefoxは落ちない。
・ubuntu-desktop-jaをインストール後
 日本語入力がオンでもオフでも落ちない。

(中略)

SCIMを設定>全体設定>全てのアプリケーションで同一入力メソッドを使用

これのチェックを外すと、FireFoxのクラッシュは収まったようです。

Ubuntu日本語フォーラム インデックス » デスクトップ環境 » Firefox クラッシュ on 7.10

 というわけで、自分の事象を良く観察してみると、確かに日本語入力メソッドOFFなら落ちないし、そもそも日本語変換時の候補リストがへなちょこな座標に表示されている。
 これはきっと日本語入力機能の近辺でデグレか何かがあったんだろうということで、手っ取り早く「SCIMを設定>全体設定>全てのアプリケーションで同一入力メソッドを使用」のチェックオフを試してみる。と、事象改善。

 ちなみに、ubufoxも、ubuntu-desktop-jaも既に入っておりますです。暫く様子見てまだ変だったらubufoxを削除してみる予定。
 (その前に修正パッチが出ることを密かに期待)

OSC2007/Fallで存在を知ったZKをちょこっと体験してみようということで、今更ながらTomcatを導入。
Javaは全く素人なのだが、新しいもの好きなので6を入れる。

手順メモ。

1.まずはJDK6をインストール。これはapt-getができるので楽。
$ sudo apt-get install sun-java6-jdk
2.公式サイトからTomcat6(apache-tomcat-6.0.14.tar.gz)をダウンロードして解凍。

3.解凍したディレクトリを/opt配下にコピーしてシンボリックリンク/opt/tomcat6をはる。(/usr/localが普通かも)

4.~/.bashrcに以下を追加
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-sun
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

5.とりあえず起動テスト
$ /opt/tomcat6/bin/startup.sh
Using CATALINA_BASE: /opt/tomcat6
Using CATALINA_HOME: /opt/tomcat6
Using CATALINA_TMPDIR: /opt/tomcat6/temp
Using JRE_HOME: /usr/lib/jvm/java-6-sun

6.http://localhost:8080/で動作確認。

7.Statusメニュー等クリックするとBASIC認証画面がでる。管理者ユーザの登録が必要。/opt/tomcat6/conf/tomcat-users.xmlに以下の記述を追加してTomcat再起動。
<role rolename="manager"/>
<user username="ookawara" password="****" roles="manager"/>