グーグル、Webアプリをオフライン対応にする「Google Gears」開発(2007年5月31日 @IT)

 Google Gearsは3つのAPIで構成する。APIはWebアプリケーションでやり取りするデータをローカルディスクにストアする「ローカルサーバ」、アプリケーションでデータを使えるようにする「データベース」、ローカルデータとネット上のアプリケーションサーバとを同期する「ワーカープール」の3つ。
 データをローカルにストアすることで、ネット接続がない場所や接続が不安定な場所でも、オンライン時と同様の使い勝手を実現する。ネット接続が確立できたタイミングで、ローカルとサーバ側がデータを同期する。「Webブラウザのキャッシュは静的ページにしか対応しないが、Google Gearsは複雑なアプリケーションにも対応できる」(米グーグルのデベロッパプログラム担当 ブレット・テイラー[Bret Taylor]氏)という。

 過渡期としては待ち望まれた技術であると思う。たぶん、将来は「ネットにつながっていないことがありえない」環境になっていくのだろうけど、今ではまだオフラインであることも多い。

 Googleが、この技術をオープンソースソフトウェアとして公開する意向であることも、共感できる。クローズドな技術ではもはやスタンダード足り得ないし、Googleといえども世の中の全てのTO-DOをこなせるほどのアプリケーションサービスを自前で提供できるわけでもないだろうし。

 利益追求策としては未知数だが、新しい技術プラットフォームを提供する先駆者・研究者・伝導者としてのGoogleが、少なくとも技術面では正しい方向を向いているな、と感じさせる話で、ほっとする。

 Readerが対応したとのことだが、Gmailが対応したら普及が爆発するのだろうか。いずれにしてもいじってみたくなる話だ。

KDE 4が出たらKDEにしようかなあ。
Ubuntu => Kubuntu は単にKDE関連パッケージを入れてデフォルトデスクトップを入れ替えれば良いんだろうか?

オープンソース・ブログ構築ソフトの新版「WordPress 2.2」,ウィジェット統合やAtom準拠など」(2007年5月18日 ITPro)

 オープンソースのブログ構築ソフトウエア「WordPress」を提供する団体WordPressは,同ソフトウエアの新版「WordPress 2.2」を公開した。WordPressのMatthew Mullenweg氏が米国時間5月16日に,同団体のブログへの投稿で明らかにしたもの。新版は,WordPressのWebサイトから無償でダウンロードできる。

 WordPressは,オープンソースのスクリプト言語PHPとデータベースMySQLで開発したブログ構築ソフトウエア。GNU General Public License(GPL)を適用して提供している。4カ月前に公開した旧版のWordPress 2.1は,これまでに140万回ダウンロードされたという。

 新版では,これまでプラグインとして提供していた各種ウィジェットのコードをWordPress本体と統合した。これにより,ブログ上に配置するパーツやコンテンツの位置などを,ドラッグ&ドロップ操作で調整できるようになった。

 Atom 1.0準拠の更新情報フィードの配信機能と,Atomフィード発行用APIを新たに搭載した。またブログ・インポート機能も新版とし,米Googleのブログ・サービス「Blogger」からの記事/コメント取り込みに対応している。

 そのほかには,プラグインおよびフィルタの高速化,米Apple製Webブラウザ「Safari」の将来版向けWYSIWYG用フックの追加,200件以上のバグ修正,開発者向け機能の強化などを施した。

ダウンロードは以下参照。


WordPress › Download

早速、アップグレードしてみた。

hibilogWordPress 2.2超簡単アップデート」を参考に、WordPress2.2を2.1に上書きするのではなくて、WordPress2.2に2.1の必要なファイルだけを差分コピーするようにした。
(この際だから使わないプラグインやテーマを整理したく)

手順は以下のような感じ。

  1. DBバックアップ。MySQLのDumpでバックアップをとる。xrea.comの場合は管理ツールから一発でできるので楽。
  2. プラグインを全オフにしてから、wordpressディレクトリをリネーム。wordpress213とか適当にリネームする。
  3. ダウンロードした2.2版のwordpressをディレクトリごとアップロードする。
  4. 旧版のwordpressから、.htaccessとwp-config.phpを新版のwordpressにコピーする。
  5. ./wordpress/wp-admin/upgrade.phpをコールしてDBをアップグレードする。
  6. 旧版のwordpress/wp-content配下において、(1)themesディレクトリからは、使いたいテーマだけコピー(2)pluginsディレクトリからは、使いたいプラグインだけコピー(3)languagesとuploadsは、全てコピー
  7. 新wordpress上で、テーマを選択し、プラグインをオンにする

いまのところ困っているのは、2.2でWidgetsが標準装備になったらしいのだが、いま使っている「Tiga」での対応がおかしいみたいで、カスタマイズができない状態。調査中。
テーマをいろいろ変えてる人はWidgets絡みで不具合が出る可能性があるので、注意が必要と思われる。


メール破産 | Okumura’s Blog

携帯を使う子どもたちもメール地獄に陥っていることがよくあるようだ。パソコンのメール以上に,すぐ返信しないといけないという強迫観念にかられるらしい。

要するに依存症の一種だとは思うが、憂慮すべき事態ではあると思う。

これは、現世の状況理解として読めば、とても共感する問題だ。

自分も、たいした用事でもないのに「なぜ返信しないんだ」と実際に怒られたことがある。

しかし、そういう人達は、そもそもメールというものを「人と人との意思疎通の手段として」どこまで過信しているのだろうか?疑問だ。

メールは、あくまで効率よい「手段」を実現しただけなんだ。意思疎通そのものが簡単になったわけではないんだ、むしろ意思疎通は年々、複雑で難しくなってきているのかも知れない、ということを、あらためて考えるべきである。

昨今、メールという便利な道具を用いて、我々は、頭のなかで感じたこと、考えたことを、「タメ」なく、かつ短文にして発する。そして無意識のうちに相手に共感を求める。少しでも否定的な意見が返ってこようものなら、動揺し、誤解し、被害妄想にすら陥ったりもする。

「なぜ返信しないのか」と言う人、感じる人には、そう考えるのならば、なぜ「受信できたか」「理解できたか」を確認しないのか?という問いにも答える必要がある。
伝えたいのは送信側なんだから、送信者から確認するのが、当然と言えば当然のことであろう。

何しろ、現在使われているメールシステムは、確実に相手に到達することを保証するシステムではない。

すくなくとも、相手にちゃんと読んでもらうような作法について勉強・工夫をすべきだ。(参考記事

コミュニケーションとは、単なる情報のやりとりではなく、人の意思と意思の疎通だから、そこには、相手に誤解されないよう、自分の考えが伝わるよう、最低限の気遣いと作法がある。

たぶん、世の中の多くの人は、本当に伝えたり確認したりしたいことは、メールするだけではなく、電話で確認する。逆に、あえてそこまでしなくても、と思うことなら、返信がなくてもよい程度のものであろうと考える。
そして、その程度のものなら、その人には「送信しなくても」よいことだったかも知れない。

blogと違って、メールは相手の懐に情報を否応なく差し込むPush型だ。ゆえに、その情報の価値判断は、受信者が行わざるをえない。

メールを多用する人は、受け取った情報の価値を受信者に判別させるコストを誘発させている。
そして、自ら発するその情報が、他者から価値あるものとして認識されうる水準を、自ら下げてしまっているのだ。

情報処理や伝達のスピードが限りなく効率化でき、コストを限りなく最小化できた今こそ、考えてから行動に移すクセをつけること、本当に伝えたいことは何か、そしてそれは誰に伝えるべきなのか、立ち止まってじっくり考えてみることが、必要なのだと自省する。