PC-9801

 懐かしくも、哀愁を感じる1ショット。
 コンピュータというものと、プログラムというものを、この自分に教え込んだ、ある意味人生の師。

 当時、日本語対応という困難を克服し、この国にパーソナルコンピュータというものを普及させた功績は大である。

 あのころは、NECの天下だった。まさかこんな現代になろうとは夢にも思わなんだ。DOS/Vというものが出るまでは。
 まさに諸行無常、盛者必衰の理を感じる。

 かけだしプログラマ時代がフラッシュバックして、暫し、残骸を見つめていたのだった。
 あくまで心の中で、だが、思わず敬礼。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

5 × 4 =

Trackback URL: