どんなことでも、何らかのメリットもありそうなことであれば、半年や1年くらいは続けてみるものだ。

 メリットがあるかないかを判断するのは自分自身である。そして、世の中の営みの殆どは、自分の考え方次第で、メリットもデメリットも幾らでも見出せるし、それらはやり始めて暫くすると、理解できるようになってくることが多い。

 さらに、世の中の営みの殆どは、上手くやるには、何らかの訓練、練習が必要である。

 半年も続けずに「これはやっても自分にとってのメリットがなく無駄である」といった判断をすることは、続けたことによって得られた状況に基づいたものではなく、その人の頭の中の、いままでの経験に基づく基準での判断でしかない。

 そもそも、頭の中にある基準だけで上手くいくのであれば、それだけで生きていけば良い。そうはいかないから、人は何かを得ようとして、結果として無駄かもしれないことを続けるのだ。

 そして、たとえ結果には見るべき点がなかったとしても、少なくともやり続けた行動の中には、新たな経験や教訓といったものが蓄積される。それは、行動しないと得られないものであり、結果だけに着目していると、見過ごしてしまうものである。

 というわけで来年も、今年よりも増して失敗を恐れずに、行動する所存。
 来年が皆様にとっても、新たな行動の1年になりますように。

さくらインターネット、双日が救済へ–資本提携で債務超過解消を狙う(2007年12月27日 CNET Japan)

 まあ借りたサーバは無事っぽいし、良かった良かった。提携相手が双日ってのはびっくり。双日自体、数年前はヒイヒイ言ってたような気がするので、感慨深いものがある。

 それにしてもデータセンター事業の黒字を、オンラインゲーム事業の赤字がもろ相殺。オンラインゲームってのは難しいんだろうね・・・

 少し前に巷を賑わしていたblog限界論について。blogを認知する人々の裾野が広がり、スパムとかアフィリエイトの比率が高まったことで、自分にとって価値のあるblogが見つけにくくなったことは事実なのかも知れない。でもそれは誰かが言っていたように、単に検索精度とか検索手法が悪いだけである気もするが。検索エンジンの1ページ目に自分の満足を求めているとしたら短絡的すぎるし、フツーの奴はパクりでもしなきゃ毎日毎日そんなに面白いこと書き続けられないし、お互い、たまに面白く絡めれば、それはそれで楽しいんじゃない?

 ネット上で限界論が盛り上がっている最中、私はある研究のヒアリングで街づくりなど地域活動のコミュニティーで中心となっているAさんと会っていた。仕事人間だったというAさんが、仕事を離れて地域と関わり始めたきっかけはパソコン通信との出会いだったそうだ。しかしそんな彼も「パソコン通信には夢があった。何か社会を変えられるのではないかと思って始めたけれど、結局それは実現せずにしぼんでしまった」と無力感を感じているという。

 一方、ブログをネットワークして媒体価値を高めることを目指すアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)取締役の徳力基彦氏も自身のブログに「ブログを通じて感じた未来の変化に大いに期待をしていた(しすぎていたという方が正しいかも)、自分のような人間からすると、これまでのところブログが思ったほど大きな変化を引き起こしてくれていないように感じてしまうのも事実です」と書いている。パソコン通信であれブログであれ、新たなコミュニケーションツールやメディアが生まれるたびに、同じような議論が繰り返されてきたのだ。

「ブログ限界論」を超えるには(2007年12月21日 NIKKEI NET IT+PLUS ガ島流ネット社会学)

 たぶん、これが本質なんだろうね。社会の大きな変革に自分も関わりたいという気持ちが強い人ほど、そう思わせる新たなツールが出現すると期待過剰になり、それが社会の変革など起こしえないと知ると、大きく落胆する。

 もしくは、欲望のバブル崩壊。最初は「自分が書いた文章が世界中から見られるネット上に公開されてる!スゲー!」「知らない人からコメントがあった!ものスゲー!」「リアルでもお知り合いになれた!こんなのってアリ!?」期待はどんどん膨らんで、もっと楽しいはずだ、もっと楽しみたい、という欲望が膨張し続け、やがてツールや仕組みが提供する限界を超えるか、原資が枯渇する(要するに面白いことを書く人の増加率が自分の期待度を下回る)と、バブルははじける。

 blogって、自分のためのツールであると思っていた。自分自身や、周囲の数人を楽しませて成長させる程度でも、十分役に立つと。そんな自分は、小市民1.0すぎるのだろうか?

 なんか最近、元気でてきたような?

PS3アップデートでDivXビデオフォーマット再生に対応――バージョン2.10へ(2007年12月18日 ITmedia +D Games)

#ナニゲにPS3が本領発揮か。全部入りを目指すというのはどうやら本気のようだが・・・任天堂のしたたかな戦略に果たしてどこまで食い下がれるか?

ソニー、タッチパネル機能を内蔵した低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発(2007年12月20日 CNET Japan)

#有機ELテレビといいコレといい、次世代液晶に賭けてる感はひしひしと感じる。今度は他国に持ってかれないでね

BD レコーダー売り切れ状態 年末商戦に「大異変」(2007年12月22日 Yahoo!JAPANニュース J-CASTニュース)

#YAZAWAのCMは私的にはビミョーだが、DVDではHDTVをフルに活かせる画質を望めないのは事実。DVD出たときは画期的だったけどなあ・・・もう旧式ですか

インド企業、ソニーのオンラインゲーム開発部門買収へ(2007年12月23日 REUTERS)

#やっぱりSonyはH/Wメーカーだね、ということをまたもや印象付けるニュース。

放送法改正:NHK過去番組、ネット配信解禁–民放、ワンセグ独自番組可能に(2007年12月21日 CNET Japan)

 そのほか改正法案では、インターネット経由でNHKの過去の番組を提供することや、民法各社が携帯端末向けのワンセグ放送で通常のテレビ番組と別の内容を放送することを認める内容も盛り込まれている。

 とりあえず、法案の論点であり、ポイントでもあるのが「いわゆる捏造問題」らしいんだけど、公権力が捏造の再発防止に関与しようがしまいが、どっちにしろ視聴者側から信頼を失うような番組を作っている輩の行く末は見えているし、今時TVの、しかも特定の局や番組が言っていることを無邪気に信じている我々がいたとしたら、それはそれで「目を覚ませよ。っていうか、奴らも営利団体なんだから、奴らなりのリスク判断で、よりメリットの大きなほうに転ぶだろそりゃ」ということだと思うので、個人的には捏造問題はどうでもよくて、過去のNHK番組インターネット提供に激しく期待している。

 NHKの番組には、DVDになるような「シリーズモノ」以外に、単発の特集番組であっても、それなりにクオリティの高いものがけっこうあると感じているので、ぜひ安価に(できればタダで)提供してほしいものだ。

改正放送法成立 放送持ち株会社が可能に 「集中排除原則」が大幅緩和(2007年12月22日 FujiSankei Business i.)

 改正放送法が21日成立し、民間放送局の株式持ち合いなどを制限してきた「マスメディア集中排除原則」は大幅に緩和されることになった。表現の自由や言論の多様性を担保してきた同原則の抜本見直しは、1950年に放送法が制定されて以来初めて。キー局を核とし、地方局などが傘下に入る「認定放送持ち株会社制度」への移行が可能となり、欧米で加速する「メディアコングロマリット」への道が開けたといえる。

 むしろこれによって、無駄にいっぱいありそうな地方局を整理統合して、結果として高コスト構造を是正できて、番組制作費によりお金が落ちて、良質なコンテンツを作るモチベーションが下請制作会社にも生まれ、・・・なんて「正のサイクル」が生じ得るのかどうか、それが知りたいのだが、ネットをざっとググる限り、みんな捏造処分がどうこうとか、そんなところに食いついているようだ。

 問題は、高コスト構造による番組制作費の削減圧力が、下請のコンテンツ制作能力を低下させ、「コンテンツの時代」だというのに、インフラ屋ばかりがテラ銭を抜きまくった挙句、結局、良質なコンテンツ生成能力がなくなるという事態になっていないのか、という点だと思うのだが・・・

 TV局じゃなくてネット動画配信サービス側にもっとお金の流れをシフトさせていくことが出来れば、現状はTV局の奴隷として生計を立てざるを得ない制作各社も、ネットにシフトして全世界を相手に切磋琢磨していただくことによって、そもそも放送法がどうたらといったこと自体の重要性が下がるような気もするのだけど、ネットはネットで政府や著作権ブローカー(?)の茶々が入りまくってる昨今。ニコ動はサブカル化していくし、GyaOは元気ないしなあ。

 でもこうした存亡の危機があってこそ、そこに生き残りを賭けた努力が生じて、強くなることを信じたい。

 そういう意味では、TV局にはまだまだエゴまるだしで好き放題やっていただき、自滅への爆走を継続していただくのが次善の策か。ある意味、民主党GJ。

解説委員室ブログ:NHKブログ | 視点・論点
視点・論点(Wikipedia)