直球勝負な社名で再出発。

7月、VAIO株式会社誕生。ソニーのVAIOブランドはVAIOのVAIOブランドに – Engadget Japanese

2月、PC事業売却を決断したソニーですが、投資ファンドの出資の受けVAIOブランドはVAIO株式会社としてスタートを切ります。既報の通り、ソニーは2014年春モデルのVAIOをもってPC事業から撤退するものの、アフターサービスは継続する計画です。

VAIOブランドの新会社は、これ以上ないぐらい直球な「VAIO株式会社」に決まりました。社長にはソニーのVAIO&Mobile事業本部の経営企画部門の関取高行氏が就き、これまでVAIO事業を担当していた赤羽良介氏も新会社に移ります。

願わくばSonyの冠をつけたまま頑張ってほしかったところではあるが、足枷が外れた状況でどんなイロモノPCが出てくるのか、ちょっと楽しみではある。

PS3を地デジレコーダー化する「torne」、SCEJが発売(2010年01月14日 ITMedia News)
 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は1月14日、プレイステーション 3(PS3)で地上デジタル放送を録画できるようにする専用周辺機器「torne」(トルネ)を3月に発売すると発表した。9980円。
(中略)
 PSPとも連動。録画した番組はメモリースティック PRO デュオ/メモリースティックマイクロに書き出し、PSPに最適化された画質で再生できるという。またPS3のリモートプレイ機能を活用し、番組視聴や録画予約など、全機能をPSPから行える。

正しい方向の進化である気がする。問題は地デジのコンテンツが・・・
わざわざレコーダーとか買わないけどたまに録画したい自分にはちょうど良いかも知れない。まあそれ以前PS3も持っていないのであるが!ただPS3を買ってみる動機にはなり得るかな自分的に

ソニー、モバイルHDスナップカメラ「ブロギー」2機種を発売(2010年01月14日 サーチナ)
 両機種は、フルハイビジョン動画(1920×1080/30p)や静止画を手軽に撮影し、動画共有サービスやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などに簡単にアップロードができ、動画や静止画を共有して楽しめる。
 両機はコンパクトな本体デザインで、“メモリースティック”やSD/SDHCカードにMP4形式のフルハイビジョン動画と最大約500万画素の静止画を記録できるほか、ケーブルを使わなくても本体に搭載したUSB端子から手持ちのパソコンなどに直接接続できる。
モバイルHDスナップカメラ “bloggie”(ブロギー)

あれ?SDカードが採用されているぞ?
それにしても動画共有との連携はニッチかも知れないなー。HDじゃなくていいので携帯電話に実装したほうが良いと思うのだが
あと素朴な疑問として、撮ってすぐアップってするのか?編集とかしないものなの?

2010 International CESについて ~3Dやネットワークサービス対応商品を通して新たな顧客体験を提供~
 ソニーは「2010 International CES」※(国際家電ショー)にて、豊かな想像を現実に結びつけるという企業姿勢を表すソニーグループのブランドメッセージ“make.believe”の下、お客様に新たな付加価値がもたらす体験を提供します。デザインを一新した液晶テレビやブルーレイディスクプレーヤーなどの新商品、3Dやネットワークサービスを通じた新たな映像体験、手軽に高速データ転送を可能にする商品などを紹介します。

大衆的目玉は3Dなんだろうけど、「TransferJet」とか「dash」には期待したい。

総じてSonyらしさが戻ってきたような気がして、嬉しい。
あとは何度も言うがVAIOの有機EL化に期待。たまに噂の出るPSPフォンも妄想しちゃいたい。