やはり優勝決定後は集中力の途切れがあるのか、連勝できず。
 千賀投手はさすがに打ち込まれすぎで、少し心配である。CSにはきっちり再調整してきてくれると信じたい。
 イーグルスはヤフオク!ドームでの今シーズン最終戦を快勝で飾った。CSであがってくれば再び対決することになるので、あまり調子を上向かせないでほしいところである。

スポナビ結果


 最近不調なのか、それとも相手に研究されてきたのか、嘉弥真投手がまさかのスリーランHRを浴びて逆転されるも、何とか再逆転し辛勝。
 被3タテ回避したこと以上に、この日の収穫は攝津投手の好投だろう。
 4月に打ち込まれて以来ずっと2軍調整が続き、ひょっとしたらこのまま1軍復帰がないのか?という心配もよぎる中、かつての絶妙なコントロールが戻ってきたようだ。
 CSにはこうしたベテランの力が必要となる。何よりずっと「もう一花咲かせてほしい」と願っていたので、ぜひCSでの活躍を期待したい。

スポナビ結果


 優勝決定後はじめての本拠地で、凱旋を勝利で飾れず。やはり打線の軸が抜けている現状では厳しいか。
 さすがに2位3位争いをしているイーグルスも必死である。
 負けたので勝利のセレモニーはなかったが、冒頭に書いたとおりこの日は優勝決定後はじめての本拠地であるので、優勝報告会があった。
 レギュラーシーズン終了後もプロ野球を観られる幸福を改めて感じながら、被3タテだけは回避してほしいと期待しつつ、帰途につく。

スポナビ結果


 打線は頑張ったが・・・投手陣が誤算だらけの2連続サヨナラ負け。
 もったいなく悔しい敗戦であった。ライオンズはCSで対決する可能性が高いチームなので、あまりイケイケの印象を持たれてしまうとリスクになる。

 それから、アクシデントらしきタイミングで降板したモイネロ投手が気になる。
 優勝が決まって無意識のうちに緊張感が抜けていると思われるので、怪我だけは気をつけてシーズンを終えてほしいところ。

 CS制度がある現代、工藤監督曰く消化試合はないとのことだが、疲労蓄積や怪我のリスクのこともあるので、若手をもう少し多めに使っても良いのではないかと思うが、どうだろうか。

スポナビ結果