書いている時点で既に、日本シリーズはホークス勝利で幕を閉じているのだが、一応観戦したのでメモとして。

 今年のホークスはシーズン2位という不本意な結果に終わったわけだが、あれだけ攻撃力の高いライオンズになんとCSでリベンジ、しかも正面から打ち合い撃破して日本シリーズ進出となった。これは期待はしていたが予想はしていなかった。
 短期決戦の鬼、工藤監督恐るべし。

 そして日本シリーズの相手はセ・リーグ3連覇の広島東洋カープである。
 本当は昨年も一昨年もこの組合わせであるはずだったのだが、お互いつまづきがあり、やっと対決のチャンスが来た。

 この日の試合は4戦目で、1勝1敗1分で迎えている。非常に面白いタイミングで観戦でき、ラッキーであった。

 結果は、ホークス勝利で1勝勝ち越しとなった。

 昨年ポストシーズン時期に不調で外され涙した上林選手の先制ツーランHRには感慨深いものがあったが、むしろ勝因は1回表、柳田選手・明石選手の中継プレーによる本塁アウトが全てと言っても良いだろう。打った丸選手も、ここで先制点に繋がれば調子を戻す可能性があっただろうし、試合も広島ペースで進むであろうはずだった。

 明石選手は怪我も多めでフルシーズン活躍というわけにはいかないベテランであるわけだが、ポストシーズンの特にこうした大事な試合に強い。陰の殊勲選手のひとりである。昨年の契約更改時にはレギュラーでないのに1億円越えということで変に話題にもなったが、今回のシリーズでの活躍によりその存在価値を改めて感じさせる選手である。そして貴重なダイエー時代を知る選手でもあるわけで、末永く頑張ってほしい。

NPB記録