WordPressを2.7にUpgradeしたついでに、今まで使っていたXREA.COMがEUCしか対応しておらずUTF-8にしとかないと色々と不都合が多いな~ということでCORESERVER.JPに引越しした。
 これがまた苦労したんだがそれは後日談で、今日は表題のとおりVistaをAHCIモードHDDで起動する設定メモ。

 そもそもAHCIとは何ぞやという話なのだが、HDDのI/F規格がIDEという古いものからSATAという新しいものに変わったときに定められたもので、要するに折角IDE⇒SATAとなってI/Fの性能が上がったので、ついでに色々便利な機能を盛り込みましたっていう規格だ。
 で、出回っている自作用M/Bは後方互換用にSATA上でIDEをエミュレーションするモードというのももっていて、だいたい安全のためにIDEエミュが初期設定状態になっている。

 そこで、BIOSセットアップにて、IDEモードからAHCIモードに切り替えればおk・・・と思いきや、Vistaの場合はOS側でデバイスドライバの設定を「先に」行わないと起動しなくなる可能性がある。MSらしさが炸裂。

 その設定とはこれです。

 色々な方面で失敗作オーラが漂っているVistaですが、特にこのAHCIを始めとしたデバイスドライバ周りはかなり問題が多く、自動更新で勝手にOSにパッチがあたり勝手に再起動したが起動エラーが出るようになった、といった信じがたいケースなど、物議を呼んでいる。

 というわけで、レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci\Start」を「0」に設定して再起動後にBIOSセットアップに入り、AHCIモードに設定。

 もうさ、RedhatとFedoraみたいに、企業用Windows(毎年サポート料金を徴収しメジャーアップグレード間隔を長めに)と、コンシューマ向けWindows(いっそ一部をOSS化しちゃうとかね)とか分けたらどうかね。一社での開発ってのは、もう無理なんじゃないかなあ。
 OSSにしたところで、腕のよい開発者が集まってくるかは微妙だが!

なんかすごく不安定である。Vistaだからだろうか?
バックアップしようとするとブルースクリーンになるし。
設定項目も少なすぎ。そういう製品ですと言われれば仕方がないが。

シマンテック、「ノートン 360 version2.0」の日本語パブリックβ版を公開(2008年2月1日 CNET Japan)

 シマンテックは1月31日、個人ユーザー向け総合セキュリティソフトの次期バージョン「ノートン 360 version2.0(仮称)」の日本語パブリック・ベータ版を公開した。「ノートン 360 version 2.0 ベータテストサイト」「ノートン 360 version 2.0 ベータテストサイト」からダウンロードでき、製品キーを使ってインストール後、15日間限定で無償で試用できる。なお、ベータ版の公開は2月下旬頃までの予定。

 新バージョンでは、ユーザーからのフィードバックを反映させた新たな機能を搭載。操作中に邪魔にならない、使いやすい製品を目指したという。主な機能は、コンピュータに侵入しようとする新種または未知のマルウェアを遮断する「ブラウザープロテクション」、より安全にパスワードやウェブフォームの入力できるようにし、個人情報(ID)を保護する「ノートンIDセーフ」、「バックアップ機能」など。

 IDの保護では、フィッシング対策機能のサイト認証がFirefoxにも対応。「バックアップ機能」では、新たにバックアップ先としてブルーレイディスクやiPodを選択可能にした。このほか、右クリックでのファイルバックアップ機能、不要なレジストリファイルを削除してPCのパフォーマンスを最適化する「PCチューンアップ」などを搭載する。

いやバグFixだけでいいよマジで。製品版でこの不安定さでは、ベータなんて怖くて入れられない。
ていうか当然現行Verのユーザは無償でUpgradeできるんですよね?どうなの?