マイクロソフトの「Office無料化」で見えたクラウド戦争の“勝者の条件

なんでも、ネット上に「無料だけどしょぼいOffice」を提供して、豪華版が欲しかったら買ってね!とやるらしい。

WordもExcelもPowerPointもオフライン「でも」使えるから使っているのであって、ぶっちゃけ、わざわざネットにつないで機能限定版のOfficeなんて誰も使わないと思う(それでOKだったらGoogle使うよ)。

このアプローチは、逆じゃあねえかと。

むしろ、基本機能だけのOfficeをパクリOfficeに対抗しうる低価格でパッケージ販売(もしくはダウンロード販売)して、ごてごてした拡張機能を使うためには自社のサイトに登録してつないでね(で、あわよくば追加料金を・・・)、という戦略がよいと思うな。
#どうしてMicrosoftはネット決済機能を強化しないんだろうか。自社でクレジットカード会社くらい買ってもよさそうなもんだが。TV局買うよりはよほどペイしそうな気がする

でもって前にも言ったけど、販売価格も、数年おきにドカーンと数万円ではなくて、ウィルス対策ソフトよろしく、毎年数千円とかそういった値段でちびちび回収するのが吉だと思うね。
それでPCメーカーには初年度料金を負担させてデフォルトでプリインストールしてもらっちゃって、次年度以降は惰性で継続料金徴収っていう、またまた独禁法に引っかかりそうだが。

しかしながらOSという領域を半ば支配しているのに、なんでわざわざブラウザの中っていうレッドオーシャンに突っ込んでいくのか。
ブラウザにOffice機能を実装するんじゃなくて、Officeにインターネット機能を実装すればいいじゃないか。

Googleに一生懸命追従して、ナンバー1以外は生き残れない罠にどっぷりはまるのはどうかと思う。

参考記事1:MSが立ち遅れているのはネット対応ではなく資金回収モデルだ
参考記事2:Googleがまだ若かりしころ、MSが構想した仕組みがいまブレイク。MSよ、迷いを断ち切れ!

 WordPressを2.7にUpgradeしたついでに、今まで使っていたXREA.COMがEUCしか対応しておらずUTF-8にしとかないと色々と不都合が多いな~ということでCORESERVER.JPに引越しした。
 これがまた苦労したんだがそれは後日談で、今日は表題のとおりVistaをAHCIモードHDDで起動する設定メモ。

 そもそもAHCIとは何ぞやという話なのだが、HDDのI/F規格がIDEという古いものからSATAという新しいものに変わったときに定められたもので、要するに折角IDE⇒SATAとなってI/Fの性能が上がったので、ついでに色々便利な機能を盛り込みましたっていう規格だ。
 で、出回っている自作用M/Bは後方互換用にSATA上でIDEをエミュレーションするモードというのももっていて、だいたい安全のためにIDEエミュが初期設定状態になっている。

 そこで、BIOSセットアップにて、IDEモードからAHCIモードに切り替えればおk・・・と思いきや、Vistaの場合はOS側でデバイスドライバの設定を「先に」行わないと起動しなくなる可能性がある。MSらしさが炸裂。

 その設定とはこれです。

 色々な方面で失敗作オーラが漂っているVistaですが、特にこのAHCIを始めとしたデバイスドライバ周りはかなり問題が多く、自動更新で勝手にOSにパッチがあたり勝手に再起動したが起動エラーが出るようになった、といった信じがたいケースなど、物議を呼んでいる。

 というわけで、レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci\Start」を「0」に設定して再起動後にBIOSセットアップに入り、AHCIモードに設定。

 もうさ、RedhatとFedoraみたいに、企業用Windows(毎年サポート料金を徴収しメジャーアップグレード間隔を長めに)と、コンシューマ向けWindows(いっそ一部をOSS化しちゃうとかね)とか分けたらどうかね。一社での開発ってのは、もう無理なんじゃないかなあ。
 OSSにしたところで、腕のよい開発者が集まってくるかは微妙だが!

マイクロソフト、開発ソフトを学生に無料提供

 明日(米国時間2/19)、スタンフォード大学での講演でビル・ゲイツは、マイクロソフトの開発ソフトの大部分を大学生に無料提供するプログラムを発表する。

 今朝に引き続き、MSの「感慨深い」新たな動き。大学生に対して、というところがニクイ。某ファーストフードがまず子供に味を覚えさせる、という話と似ている。

米Microsoftがついに,バイナリ形式のOffice文書仕様を公開(2008年2月18日 ITpro)

 米Microsoftは2月16日(米国時間),Office 97以降で採用するバイナリ形式のOffice文書仕様を公開した。拡張子が「.doc」「.xls」「.ppt」であるOffice文書を,同社の新フォーマット「Open XML」に変換することを目的とした技術情報公開である。同社で相互運用性を担当するBrian Jones氏によれば,Open XMLをISO(国際標準化機構)標準にするうえで,複数の国の標準化団体から既存のバイナリ形式についても開示するよう求められたことが,公開の理由であるとしている。

 Open XMLのISO標準化に関しては,今月下旬からスイス・ジュネーブで開催されるISOの会合で,最終的な結論が出る見込み(関連記事:顧客が支持しているのは「Open XML」,ISO標準化にも自信--MSの標準化担当幹部)。Microsoftとしては,会合に先立ってバイナリ形式のOffice文書仕様も公開することで,Open XMLのISO標準化を確実にする意図もある。

 バイナリ形式のOffice文書仕様は,Microsoftの仕様公開プログラム「Microsoft Open Specification Promise」に則って無償で公開されており,MicrosoftのWebサイトから自由にダウンロードできる。サードパーティはこれまで,バイナリ形式のOffice文書を開いたり編集する機能を製品に実装する際,独自に文書仕様を解析するなどしていた。Microsoftが文書仕様を公開したことで,バイナリ形式のOffice文書を扱う機能の実装が容易になる。この情報に基づいて機能を実装しても,ロイヤリティなどは一切発生しない。

 またMicrosoftでは,バイナリ形式のOffice文書をOpen XMLに変換するプロジェクトを,オープン・ソース・ソフトウエア開発の支援サイトである「SourceForge」で公開して,他組織と共同開発するほか,ソフトウエアそのものをBerkeley Software Distribution(BSD)ライセンスのオープン・ソースとして公開する(SourceForgeにおける同プロジェクトのページ)。

 既にOffice2007ではXML形式の新ファイルフォーマットに移行し、晴れてバイナリ形式の.docとか.xlsはレガシー化したってことで、この動きはまったくもって自然かつ正しいと思う。

 これでMSがOffice2003以前のサポートを切り捨てても、既にドキュメント界のCOBOLと化している旧形式Office文書の救済はオープンソースコミュニティに託されるわけで、結果としてMSは資源を最新バージョンに集中できる。老獪な。

 で、個人的にMSには、Visioも忘れずに、と言いたい。


マイクロソフト、新開発言語「D」を開発中(2008年2月6日 CNET Japan)

 Microsoftが新しい開発言語に取り組んでいる。その言語は「D」と呼ばれ、アプリケーションのモデル作成を容易にする、とMary Jo Foley氏がZDNetで報じている。

 同氏は、Dを「非開発者を対象とした宣言型言語」とブログの投稿で述べている。

 モデリングとエンドユーザープログラミングは、Microsoftの開発ツールへの取り組みにおいて大きなテーマとなっている。

 アプリケーションのモデルを作ることで、開発時間が短縮され、アプリケーションの配備と運用が稼働後に簡単になる。

 エンドユーザープログラミングは、アイデアとしては以前から存在するが、マッシュアップの時代において徐々に現実味を帯びてきている。マッシュアップでは、異なるウェブフィードからのデータをひとつのウェブページに統合できる。

 Microsoftの開発者グループは2007年、マッシュアッブビルダのPopflyをリリースした。Popflyはビジュアルアプリケーション作成ツールだが、同時にプログラミングの基本概念を紹介することも意味していた。

 へえ。これってコレがあるので実際に世に出るときは違う名前になるんだよね?(それ以前に、世に出るかどうかもあるけど)

 個人的にはPopflyを触ってみようかなと思いつつ、既存のD言語にも興味がわく。CやC++での痒い所に手が届いてそうな、またC#よりもCの面影を残してそうなところも、何となく良さそうな印象が。