「ソニーとMicrosoft、クラウドゲームやAIソリューションで戦略的提携」の話、やっぱりPlayStation部門を飛び越えて話が進んでいたようだ。

両社は先週、ゲームストリーミング技術の共同開発や、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」を活用したプレイステーションの一部オンラインサービス提供などの戦略的提携に向けた意向確認書を締結したと発表。プレイステーション部門は独自のクラウドゲーム開発に7年を費やしてきたが、部分的な成功にとどまっている。

 

事情に詳しい関係者によれば、マイクロソフトとの交渉は昨年始まり、ソニーの東京在勤の上級幹部が直接対応、プレイステーション部門はほとんど関与しなかった。このため、今回の発表は同部門スタッフには寝耳に水だったという。こうしたスタッフを管理職は落ち着かせ、ソニーの次世代コンソールの計画に影響はないと念押ししなければならなかったと、関係者が匿名を条件に語った。

 

プレイステーション部門に衝撃-ソニーがマイクロソフトと協業模索 (2019-05-20 Bloomberg)

 溝が深そうだなあ。GoogleやAmazonと張り合うにはおそらくコレしか道がなく仕方がないとは言え、Xboxと正面から戦い、そして現状では有利に事を進めていただけに、ショックだろうね。
 しかしクラウドゲーミングは10年20年に1度レベルのパラダイムシフトなので、過去の成功体験に拘りすぎるのはまさにガラケーの二の舞まっしぐらであり、良くない。
 最近は任天堂に肩入れしている自分ではあるが、もともとはソニ男気質であり株主の端くれでもあるので、発想を転換する好機と捉えて頑張って頂きたい。

参考記事1:Sony × Microsoft =?
参考記事2:Google Stadia:黒船襲来。ついにゲームの分野もGoogleロックオン