「KANSAI CLASSIC 2017」3戦目。
 ついに出た、松田選手の今シーズン初HR、初ワンダホー。まあしかし長かったね。

 6回までは相手のルーキー山岡投手に対してランナーは出るものの、あと1本が出ないという既視感のあるイライラ展開。しかし、寺原投手が1失点で何とか抑えつつ、継投も頑張り1点ビハインドのまま迎えた7回、松田選手HRで同点、そのあと9回に登板した平野投手からデスパイネ選手が勝ち越しHR。最後はサファテ先生で逃げ切り。
 平野投手vs.デスパイネ選手、まさに昨日の最終回の粘りが活きた結果となった。

 やはりHRが出る打線は、一瞬にして雰囲気を変えられるのが良い。今日の2本は、まさにHRの破壊力を実感できるものだった。5月はもう少したくさん観られそうな気配が漂ってきたので、嬉しい。

 それにしても、この3連戦を振り返ると、好調のバッファローズに対して、中田&摂津&寺原という「ザ・投げてみないと分からない」3先発で2つ取れたのは大きい。
 和田投手、武田投手が戻ってくるまでの間はこのような薄氷を踏む試合が多くなると思うが、リリーフも含めた投手陣が何とか踏ん張れているうちに、打線はもう少しギアを上げて、Aクラスで交流戦を迎えたいものだ。

スポナビ結果

「KANSAI CLASSIC 2017」2戦目。
 昨日の心配は的中してしまい、攝津投手は3回6失点KO。衰えが見え隠れし始めたここ数年でも、最悪の出来ではなかろうか。再調整(というか調整のレベルではなく、身体作りからやり直しな気がする)には時間が掛かると思うが、昨日も書いたようにホークスの元エースであり沢村賞投手。このまま上向かずに引退は寂しすぎるので、時間がかかっても良いから最後に一花咲かせてほしい。

 そんな攝津投手の出来は、正直なところ半ば覚悟していたのであるが、驚いたのは野手起用であった。死球欠場の柳田の代役3番にはなんと明石選手をライトで起用し、センターは上林選手。
 明石選手はこのところヒットを打っていたので、起用したいという意図は分かるのだが、3番というのはどうなのか。個人的には明石選手は大好きな選手なのだが、どうみても3~5番タイプではないし、むしろ、中村晃選手を、不調の松田選手の前に置くのではなく、内川選手の前に置くべきであるように思うのだが。
 また、明石選手外野起用に伴う最大の不満は、ただでさえ守備面はまだ危なっかしい上林選手を、慣れないセンターにシフトしたところ。3回のモレル選手走者一掃タイムリーは、柳田選手か福田選手がセンターを守っていたら防げたのではないか?
 しかも、福田選手は、一昨日以前は無安打で不甲斐ない結果が続いていたとしても、昨日は殊勲打を打っており、守備については元々定評がある。柳田選手が出られないのであれば代役は福田選手を選択したほうが、素人ファンの目から見ても守備の不安がなかった。

 9回に相手の守護神である平野投手を引っ張り出して、かつ2点差まで追い詰めたところは明日につながると思う。
 松田選手にもヒット、長打が出始めて復調の兆しが見え隠れし始めた。(と信じたい)

 個々の選手のプレー結果や試合結果については勝負事なので受け入れるが、起用については、疑問だらけだ。

スポナビ結果

「KANSAI CLASSIC 2017」を銘打っての3連戦初戦。
 ホークスはもともと南海電鉄がオーナーの関西発祥の球団だった。オリックス・バッファローズの前身である阪急ブレーブスと近鉄バッファローズもしかりだ。それにちなんで、在りし日の関西ダービーを楽しもうという企画である。ここ最近、毎年開催されており、ホークスは南海ホークスのグリーン基調のユニフォームを着て試合に臨む。

 南海ホークスファンは現代においても結構多い。それ故に、本日の試合もオリックス本拠地の試合であるにも関わらず、3塁側のスタンドは1塁側よりもだいぶ多い観客で埋まっていた。
 オリックス球団の成り立ちがちょっと色々と微妙な事情もあっただけに、単純に九州移転したホークスはファンの残り具合もそこそこ良かったらしい。

 KANSAI CLASSIC は毎回、始球式が誰になるかが興味深いのだが、本日は近鉄バッファローズOBの太田幸司さんだった。しかし、まさかのギックリ腰で始球式はできず、スピーチのみでの登場となった。ただスピーチそのものは、急遽とは言え、新旧ファンにリーチするような感慨深い良いスピーチであった。

 試合展開は、デスパイネ選手ソロHRのあと膠着状態の末に、中田投手らしいと言えばらしいランナーを背負ってからフォークがワイルドピッチになって1点献上し同点というドキドキする展開になったが、ピンチで川崎選手の好守のあと、クリーンヒットからの福田選手今シーズン初安打がHRという劇的な加点で、苦手の西投手を攻略し、勝利。

 終わってみれば、川崎ムネリンのための、ムネリンが躍動した試合であった。

 試合前から、その予感はあった。試合開始前の緊張感のある時間帯で、川崎選手だけは、3塁側に詰めかけたホークスファンに対して、けっこう長い時間ファンサービスを行っていた。
 きまじめな選手が多く、不調になると周りが見えなくなりがちで、負の感情を引きずる選手が多い中、川崎選手のように、純粋にその日の試合を楽しんで、かつ直前の結果は関係なく常に全力で勝ちを目指すような選手がいるかどうかということの価値を、まざまざと見せつけられた結果であった。

 これで少し内川選手、松田選手、などの気持ちも楽になって、成績につながると万々歳なのだが。
 明日の先発は攝津投手。
 正直なところ、厳しいと思う。だが、全盛期にホークスを支えた貢献は計り知れないだけに、もう一花咲かせてほしいと思っているのだが。

スポナビ結果

 既に2日前だが、北九州市民球場でのホークス対ファイターズ戦。
 過去を振り返ると、負けが込んでいたりグラウンド不良でプレーボール直前に中止になったりと、鬼門になっている北九州開催だが、当日雨の予報となるも、なんとか降らずに踏み留まり、むしろ風もなく適度に涼しい気温となって、絶好の野球観戦日和になった。

 試合内容は、ファイターズの松本剛という去年はほとんど聞いたことがない選手から先制スリーランを食らい、やはり鬼門なのかとおののいたが、野手陣が奮起し、後半は良い形で加点を続け、最後は若干いやな追い上げを食らうも、逃げ切り勝利。

 やっと北九州の呪いを解く試合となった。勝因のひとつは、博多よりも熱い応援をする北九州のファンではないだろうかと、割とマジメに感じた。

 北九州開催は、昔は5試合前後やっていたが、今は年に1回か2回。だから地元のファンもここぞとばかり熱い応援をするわけなのだが、今年からは内野グラウンドが水はけの良い黒土になり、客席も一部改修しているようなので、来シーズンからはもう少し多く開催してもらっても良いかも知れない。
 普段ドーム球場でプレーしていると、たまには空が見える屋外球場でプレーするのも気分転換になるような気がするし、観戦側も「野球を観ている」感があってドームとは違った楽しみがある。やはり野球場の本来の姿は屋外だなとも感じる。また何よりも、球場は小さくても満員になるので、雰囲気が良い。

 ついでに、東京開催についても、現状では鷹の祭典1試合に留まっているが、もう1試合くらい増やしてもらったら嬉しいかも知れない。
 人口の多い首都圏にはそれなりにホークスファンがいるし、MX-TVの枠を買ってホーム試合を多く放送している。興行的には十分成り立つのではないか。

スポナビ結果