株主の端くれでもあり、アフィリエイトもちまちまと貼ってのチラ裏ポジショントーク。

 まずは「ニンテンドーラボ」発表時の感想。

 「ニンテンドーラボ」は任天堂が開発・発売した携帯&据置の両用ゲーム機「スイッチ」と組み合わせて、知育玩具として遊ぶことのできる商品である。

 ここから長めの前置きを。
 そもそもスイッチについて、最初に発表されたときには、正直なところさほど興味は持っていなかった。
 任天堂のゲームハードは遠い昔、小学生の頃にファミコンにハマったきり、それ以降はWiiや3DSも含めてたまに他人の計らいで遊ぶことはあっても買ったりハマったりすることはなかった。

 心変わりして、やってみようと思ったのは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が発売され、海外のメタスコア高得点(リンク先音が出ます注意)を叩きだしたことが報じられてからである。

 年代的に、ウィザードリィウルティマといったところからゲームが好きになった経緯があるせいか、その後もどちらかと言えば海外ゲームのほうがしっくり楽しめる性分である。そのような嗜好ゆえに、海外のゲーム業界における評価については感覚が合っているような気がしている。
 その海外評価のスタンダードであるメタスコアで歴代でもトップレベルの高得点を獲得したのみならず、日本のAmazon商品コメントにも、数々のゲームマニア達による、単なるゲーム評価コメントとは思えないような言いようのない衝撃とか感動を綴ったものが散見された。

 これはやってみる選択肢しかないな、ということで、スイッチ本体の売り切れ続出で入手困難であるなか、転売から買うことを何とか回避し、任天堂ネット直売でハード・ソフトともども入手して、遊んでみたわけである。

 はたして、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は申し分のない出来映えであった。
 このゲームの評価については既に様々な媒体で様々なものが出ており、ここでは細かく言及しないが、大雑把に短く言えば、オープンワールドという現代ゲームの潮流のひとつをこんなにも上手く料理しつつ、それでいてリアリティ至上主義ではない「ザ・任天堂のゲーム」という「らしさ」を見事に融合している、というところだろう。

 そんななか、スプラトゥーン2やマリオオデッセイなどの大作が次々と発売されつつ、時は過ぎて、ニンテンドーラボの発表があった。

 発表動画を観て、軽く衝撃を受けた。それが記事冒頭に引用した自己ツイートである。
 これは売れるし、色々な可能性が広がる予感しかしなかった。

 そしていま、ニンテンドーラボの発売後、発表のとき想像したとおりに、かつ、おそらくは任天堂の思惑通りに状況が推移しつつある。

 何がすごいかを、列挙してみる。

・極力「大人が介入」せずに子供が「作り始める」ことのできる導入の気遣い

・その結果、子供が「自分で作ることが出来た」喜びを体験できる。親をはじめ周りの大人達もその感動を共有する

・子供達が大好きで、かつ主たる活動でもある「遊び」から「論理的な思考」「プログラミング的な思考」の一端を学ばせることができる。まさに現代の潮流の王道、直球ど真ん中の知育玩具である

・作ってみたものをSNSで見せる行為を通じて、共感の輪が拡がったり、「それなら自分はこうしてみよう」といった気づきや閃きの拡がり、共鳴のような事象が起きる(事象を起こす)

 Twitterにおける #NintendoLabo#ニンテンドーラボ には全世界で「作ってみた」動画や画像が流れてくる。

 「作る」「遊ぶ」「学ぶ」「見せる」そして「自分で独自に改造する」といったおよそ知育に必要な基本要素を全て兼ね備えたうえに、SNS時代に完璧にマッチした「動き」や「見た目」で楽しめるという要素までも持ち、主な原材料は子供が遊ぶのにも大量生産にも適したダンボールである。

 そして、さらに驚いたのはこれである。


 まさにこれこそ任天堂「らしさ」だろう。神は細部にもしっかりと宿っている。

 当然ながら、モチベーションを継続する仕掛けも用意されている。


 いずれ日本や他の国でもこうした関連イベントが頻繁に行われるだろう。

 今後、第二弾、第三弾というふうに視点の違った応用商品を打ち出してくることも予想できる。

 冒頭の「ゼルダ」は書いたとおり素晴らしいゲームである。
 しかしその素晴らしさはあくまで従来型の「ゲーム機で遊ぶゲームソフトウェア」としての素晴らしさである。

 ニンテンドーラボによって、スイッチはもう従来型の単なるゲーム機ではなく、ゲーム機にもなる別の「何か」というべきものになった。

 任天堂の底力をまざまざに見せつけられたというほかない。


 昨年に続き「どんたく博多デー」は勝てず、というか完敗、叩きのめされたという言葉が適しているだろう。

 怪我人続出、特に投手陣が崩壊中で前カードも1勝はしたもののチーム状態としては上向かないホークス。いっぽう、近年まれに見る打線の破壊力で破竹の進撃を続けているライオンズ。しかも今年のライオンズは、今まで圧倒的に負けていたヤフオク!ドームでの試合、かつ苦手なバンデンハーク投手が相手ということで、積年の悔しさを今年こそ晴らすという、並々ならぬ闘志が見え隠れしている。やる前から分は悪かった。

 今年は地元のRKB毎日放送がコラボしているらしく、福岡のホークスファンにはおなじみの鬼橋美智子さんがプロデュースということだったのだが、試合前の踊りを披露して下さった博多どんたく港まつり関係者の皆さんに対して、踊っている最中から自局の番宣などをかぶせたり、退場時にも「ありがとうございました」とか「拍手を!」といったこともなく自局に関する話ばかりしていて、ちょっと扱いがぞんざいだった気がする。

 この日の惨状は、個人的にはそういう扱いを受けたどんたくの呪いだと思うことにしている。ひとは想定を上回る酷い状況を目にすると理屈を超えたものに原因を求めるのだな、という、宗教が流行るのは何故かということが分かった一日であった。

 そして、久しぶりに途中で球場を出た。負けていても最後まで観る性分であったが、耐えきれなかった。
 予定の観戦ではなかった故に最安の外野自由席であったことが不幸中の幸いである。

 おそらく、今日も厳しい結果となる確率は高いだろう。もちろん、勝ってくれるように応援はするのだが。

 次カードは大阪ビジターで「KANSAI CLASSIC 2018」である。思えば去年も春先はふるわず、南海ユニフォームを着てから徐々に上向きはじめたような気もするので、たとえ今日は勝てずとも「KANSAI CLASSIC 2018」は頑張ってほしい。
 特に今年はホークス創立80周年ということで、南海OBとの絡みも増えていることだし、何とか溜飲を下げることの出来る結果にしてほしいものだ。

 このチーム状態でGWに突入し9連戦、今年は厳しいなあ。

スポナビ結果


 当初観戦の予定はなかったのだが、前試合の敗戦により「勝つまで観る」的な発想で観戦。結果は吉と出た。

 いまいち本調子ではない今宮選手と好調の上林選手の打順を入れ替えた起用が大当たりだった。冷温停止中のギータ&マッチが目立つものの、内川選手&デスパイネ選手が復調気味になってきたので得点力があがってきたように見える。

 バンデンハーク投手は球数多く制球に苦しむ場面もあったが粘りの投球で何とか6回まで。ソロ飛翔を浴びるのはもはやホークス投手陣の伝統芸と化しているが、連打されることなく何とか初勝利。

 4月は何とか頑張って5割以上、3位前後をキープしつつ、怪我人などの復帰を待って毎年恒例の「交流戦ブースト」に向けて整えていってほしい。

 ところで、4/10にホークス球団から「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」なる発表があった。

2019年 福岡移転30周年 福岡ソフトバンクホークスの決意。次世代型複合エンタメ空間の創出を!
「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」

福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:後藤 芳光)は、2018年球団創設80周年、翌2019年は福岡移転30周年という、記念すべき節目の年に際し、次世代型複合エンターテインメント空間の創出を目指す、「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」を実施いたします。
この「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」は、福岡 ヤフオク! ドーム周辺に、従前のボールパークの枠にとどまらない、1年365日のすべてで、非日常・革新的な次世代型の複合エンターテインメントを体感できる空間を創出しようとするもので、福岡ソフトバンクホークスは、球団創設100周年となる20年後、さらにその先と、ファンの皆様と感動や喜びを共有し、永きに亘って皆様に愛される「世界一のエンターテインメント企業」を目指すとともに、地域に根ざした企業として福岡市の魅力アップへ貢献したいと考えます。

具体的には、世界に誇れる様々な革新的エンターテインメントコンテンツを展開する、「エンターテインメントビル(仮称)」をヤフオクドーム敷地内に建設するなど、球場周辺のエンターテインメント化を更に促進いたします。
さらに、ヤフオクドーム施設においても、よりエキサイティングな映像コンテンツをお楽しみいただくために、映像表示装置「ホークスビジョン」ならびに音響システムの刷新、そして、多くのファンの皆様をお迎することのできる40,000人以上の収容を目指した増席などの大規模改修を順次実施する予定としております。
現在予定されている各施策は、以下のとおりです。
各施策の詳細、ならびに、今回未発表の施策については、今後順次発表いたします。

 メジャー球場にならって日本でも取り入れる球団が増えてきたボールパークという発想を、乗り遅れることなくホークスも取り入れようということである。

 具体的施策は多岐にわたるようだ。ひとつひとつ見ていくと、

1.「エンターテインメントビル(仮称)」 概要
ヤフオクドーム敷地内に「エンターテインメントビル(仮称)」を建設いたします。このビルは、ヤフオクドーム3階部分となるデッキ(外周通路)に接続する形で建設され、各フロアには、リニューアルオープンされる「王貞治ベースボールミュージアム」をはじめ、「スポーツ」・「知的好奇心」に新たなテクノロジーを加えたエンターテインメント施設、「食」のエンターテインメント施設など、世界中の最先端エンターテインメント施設の研究に基づいた様々な革新的エンターテインメントコンテンツが展開される予定となっております。

 ヤフオク!ドームのある界隈は交通の便があまり良くなく、かつて球場に隣接していたショッピング施設「ホークスタウン」も思うような集客が出来ず破綻した過去がある。

 いまホークスタウン跡地には再びショッピングモールを建設中なのだが、当然ながらホークスタウン失敗の反省を踏まえてくると思われる(思いたい)し、それに加えてホークス直営であるこのエンタメビルが加わることにより、野球開催日はもとより開催日以外も集客して、既存ファンの満足度も高めつつ、野球に興味を持ってくれる裾野を開拓しようということだろう。

 近年、福岡は海外からの観光客、特にアジア圏からの観光客が増えてきている。新エンタメビルはぜひそうした海外観光客にもリーチするようなものにしていってほしいところだ。

 具体的には、各種案内や説明文、さらにはインフォメーションセンター人員等の多言語化、体験型アトラクションの充実、などがすぐ思いつくものなのだが、検討頂きたいのは、例えば「野球そのもの」のルールや楽しさが分かるようなもの(ゲームアトラクションでもミニ映画でもクイズイベントでも)や、ホークスのみならず日本各地にあるプロ野球スタジアムの多言語紹介など、野球を知らない観光客が日本でプロ野球観戦してみたいと思うような仕掛けを期待する。

 さらに脱線すれば、チケット販売(店舗やWebサイト)、球場内の案内表示やグルメメニューなども、せめて英語併記すると海外観光客が来やすくなって良いのではないか、とか、いっそホークスが野球観戦ツアーを企画販売(たしか北海道日本ハムファイターズは旅行業も事業に加えて取り組んでいるはず)するとか、言うだけならアイデアは色々ある。

2.王貞治ベースボールミュージアム リニューアルオープン
「王貞治ベースボールミュージアム」のコンテンツ全面見直しを実施し、新たなエンターテインメント要素をふんだんに取り入れた、新「王貞治ベースボールミュージアム」が、前述「エンターテインメントビル(仮称)」内に、リニューアルオープンいたします。

 これは良い改善だと思う。おそらく面積も広くなると思うので、王さん関連の展示はもとより、いま一番プロ野球観戦にお金を使うと思われるダイエーホークス世代(そのころの若者はちょうど良い感じのファミリーになっているはずだ)の琴線に触れるダイエー戦士達のレジェンド展示も常設してほしいところだ。

3.ヤフオクドーム 大規模改修その1「ホークスビジョン改修/立体音響システム導入」

 現在のホークスビジョンは屋内施設設置のビジョンとして表示面積世界最大だそうである。まあ確かに初めて観た人は度肝を抜かれることだろう。
 しかしパネルは5枚に分かれていて継ぎ目も目立つため、所謂つぎはぎ感は否めない。これが改良されるならば歓迎だが、更に良いと思うのは音響の改善だ。ヤフオク!ドームはその立地と収容人数によって野球以外にもコンサート等のイベントで使われることが多い。音響の改善はそうした音楽イベントにも非常に有利に働くはずだ。
 ただ音響ついでに個人的な意見を言わせてもらえば、ホークスのスタジアムDJやハニーズダンスのMCはもうちょっと抑え気味にしてほしい。ぶっちゃけて言うと、たまにうるさい。盛り上げるために尽力頂いているのは重々承知なのだが、抑制気味のほうが絶対かっこいいです。

3.ヤフオクドーム 大規模改修その2「スタンド席 大規模増席改修」
野球興行時収容人員40,000人超えを目標に、座席大規模改修を行います。
外野エリア(現在の「王貞治ベースボールミュージアム」部分)の座席化改修などをメインに、快適性や利便性を損なうことなく観客席を増席し、バラエティ豊かな観戦空間をご提案します。

 ここ最近のヤフオク!ドームの稼働率は90%越え、年間入場者数は250万人越えである。そりゃ席を増やしたくもなるわなと。
 チケット獲得率があがってファンには嬉しい反面、あまりにも席が埋まらない状況があると恥ずかしいので、そのためには、いまは人気があるとは言え強いホークスであり続ける必要がある。チームや選手にも良い刺激になるかも知れない。

3.ヤフオクドーム 大規模改修その3「コンコース(球場内回遊通路)改修」
ヤフオクドームを回遊できるコンコース通路を全面的にリニューアルいたします。
「エンターテインメント」、「スマート」、「アメイジング」をキーワードに非日常感を演出し、利便性が高く、スタンドに入る前のワクワク感を高揚させる空間として、エンターテインメントコンテンツの導入、壁面・床面のリペインティングなどを実施しデザインを一新します。

 ヤフオク!ドームも建設からだいぶ年月が経過して、柱や壁など所々汚れがあるし、いささか風合いも古くささが否めない。住居でもそうだが壁や床で雰囲気はがらっと変わる。球団の感性・デザインセンスが試される施策だ。

 以上、発表内容を読む限りはかなりお金を掛けた施策になっている。さすがは単独大幅黒字球団の面目躍如といったところだ。
 ぜひとも、ボールパーク完成までチームが強い状態を保って頂き、リニューアル後のスタジアムで日本シリーズを観戦したい。

スポナビ結果


 デスパイネ選手お目覚め?弾以外、特にない敗戦。
 初先発で黒星となった東浜投手が満を持して登板、と思ったのだがかなり不調の様子。
 打線も湿りがちで、1死満塁などチャンスは作るのだが、あと1本が出ない。
 毎度ながら、開幕ダッシュが苦手である。今週末の鹿児島・熊本でスイッチが入るのかどうか。

 始球式に「岡ちゃん」こと岡田武史さんが登場したことがこの日の話題のひとつである。
 ジョホールバルを知っている(ドーハですら知っている)おっさん世代としては、元気そうなお姿を拝見出来たのは喜ばしい。

 岡田さんは今ではどちらかというとFC今治の経営者として有名だ。しかも、この3月に「後進に道を譲るため」の決意として公認S級コーチライセンスを返納されたり、JFA副会長を退任されたりしていたらしい。
 いま物議を呼んでいる日本代表監督の更迭問題との微妙な符合も感じてしまうが、まあそれとは関係はなくてご自身が常日頃から考えられていたことなのだろう。
 後進のために退くということが出来ない経営者が多い中、この考えは素晴らしいと思う。

 というわけで日本代表の後任監督は西野朗さんらしい。
 これまたマイアミを知っている世代にとっては懐かしさも感じる人選だが、この状況を変える人材ということなのだろう。

 日本プロ野球は大谷フィーバーとの相乗効果で盛り上がってきつつあるので、日本サッカーも何とか立て直してもらって、ワールドカップで雑音を吹き飛ばす暴れっぷりを観たい。

スポナビ結果