昨年に続き「どんたく博多デー」は勝てず、というか完敗、叩きのめされたという言葉が適しているだろう。

 怪我人続出、特に投手陣が崩壊中で前カードも1勝はしたもののチーム状態としては上向かないホークス。いっぽう、近年まれに見る打線の破壊力で破竹の進撃を続けているライオンズ。しかも今年のライオンズは、今まで圧倒的に負けていたヤフオク!ドームでの試合、かつ苦手なバンデンハーク投手が相手ということで、積年の悔しさを今年こそ晴らすという、並々ならぬ闘志が見え隠れしている。やる前から分は悪かった。

 今年は地元のRKB毎日放送がコラボしているらしく、福岡のホークスファンにはおなじみの鬼橋美智子さんがプロデュースということだったのだが、試合前の踊りを披露して下さった博多どんたく港まつり関係者の皆さんに対して、踊っている最中から自局の番宣などをかぶせたり、退場時にも「ありがとうございました」とか「拍手を!」といったこともなく自局に関する話ばかりしていて、ちょっと扱いがぞんざいだった気がする。

 この日の惨状は、個人的にはそういう扱いを受けたどんたくの呪いだと思うことにしている。ひとは想定を上回る酷い状況を目にすると理屈を超えたものに原因を求めるのだな、という、宗教が流行るのは何故かということが分かった一日であった。

 そして、久しぶりに途中で球場を出た。負けていても最後まで観る性分であったが、耐えきれなかった。
 予定の観戦ではなかった故に最安の外野自由席であったことが不幸中の幸いである。

 おそらく、今日も厳しい結果となる確率は高いだろう。もちろん、勝ってくれるように応援はするのだが。

 次カードは大阪ビジターで「KANSAI CLASSIC 2018」である。思えば去年も春先はふるわず、南海ユニフォームを着てから徐々に上向きはじめたような気もするので、たとえ今日は勝てずとも「KANSAI CLASSIC 2018」は頑張ってほしい。
 特に今年はホークス創立80周年ということで、南海OBとの絡みも増えていることだし、何とか溜飲を下げることの出来る結果にしてほしいものだ。

 このチーム状態でGWに突入し9連戦、今年は厳しいなあ。

スポナビ結果