摂津投手、もらい泣き不可避の勝利。
 この日は「ルーフオープンデー」および「ビール半額デー」。

 毎年、ルーフオープンデーは極力観戦に行こうということでチケット取得したわけだが、当初の予想先発は千賀投手だった。カード頭だし千賀投手なら勝てる可能性大と思ってチケットを買ったわけだが、まさかの2度目抹消で、二軍で好成績をあげていた摂津投手に出番がまわってきた。しかし結果として感動の瞬間に立ち会えた。巡りあわせに感謝したい。

 この日のもう一人のヒーローはファイターズからトレード加入した市川捕手だ。
 コントロールのバラつく摂津投手のリードに腐心しつつ、盗塁阻止、フェンスギリギリの捕邪飛キャッチ、貴重なタイムリースリーベースでの追加点など、流れが変わりかねない要所要所でピンチはしのぎチャンスはモノにする大活躍であった。

 ただ結果は勝利したものの、中継ぎ陣とくに現在の勝ちパターンはモイネロ投手1失点、森投手2失点と精彩を欠いており心配である。
 そろそろ、クローザー加治屋投手を試してみてはどうだろうかと思う。

 加えてこの試合では今宮選手が右肘関節炎で欠場した。次試合以降は様子見とのことだが、打撃も不調だし、抹消して二軍の好調選手を上げてほしい気もする。個人的には長谷川選手を観たいが、外野は埋まっているし、苦しいかなあ。中村晃選手に暫定一塁手になってもらうこともできると思うが、中村晃選手の外野守備も捨てがたいものがあるし、ホークスはポジション調整が難しいチームになったね。

スポナビ結果


 「タカガールデー」2日目。今まで「タカガールデー」は未観戦であったが、今年は機会を頂き初観戦。
 初日はファイターズ中島選手のグランドスラムという超レアイベントにより敗北して迎えたこの試合、何度も言及している「ホークス企画試合は鬼門」が現実となってしまうのかと弱気モードだったが、結果は快勝。やっと溜飲を下げることが出来た。

 武田投手の2試合連続完封、デスパイネ選手のタイムリースリーベース(ファイターズ西川選手の記録にはならないミスのおかげだが)、重圧から解放された内川選手の満塁走者一掃タイムリー、不調モードで打順1番になった松田選手の熱男弾と、頻繁に観戦するファンでもレア度の高い、良い試合であった。

 地味なポイントとしては、塁に出すと色々と面倒なファイターズ西川選手を封じ込めたバッテリー、特に初回で盗塁を刺した高谷捕手が陰の功労者であると思う。
 これまで盗塁死ゼロ、パ・リーグ盗塁王に向けて爆走している西川選手が、変化球に対してスタートして刺されるというのはそうそうあるものではない。そもそもエラーによる出塁であったし、ここで盗塁成功すると武田投手のペースもどうなっていたか分からず、序盤の流れを相手に取られそうな大事な場面であった。

 このあと動揺したのか西川選手、守備では目測誤り、牽制死など、今日は良いところがなかった。
 マスコミの期待を集める清宮選手も3連戦通じて無安打と、忖度なしの結果となった。
 ファイターズは若い選手が多いからか波が激しい。そういう意味では前2試合は波に乗せてしまったワケだが、この試合で一度叩けたのは良かった。
 西川選手や清宮選手を含め、ファイターズ各位にはぜひ次カードのライオンズ戦で爆発してもらい、気持ちよくつぶしあって頂きたい。

スポナビ結果


 敗北。

 清宮選手に打たれないように、警戒しないよりはした方が良いのであるが、いくら清宮選手を無安打に抑えたとしても、中田選手、大田選手、レアード選手という長距離砲トリオに揃って被弾するという失態では全く意味がない。むしろその3人を最大限に警戒し、清宮選手にはHR打たれても良いぐらいの王者の余裕を見たかったが・・・
 打撃陣も、10裏の無死13塁をモノに出来ないというふがいなさである。

 しかし東浜投手の被弾癖はいっこうに改善の余地がない。現状の出来では、カードのアタマは厳しいような気もする。
 そして打撃陣もレギュラー当確宣言の弊害が出ているように思うのだが。少なくとも、そろそろ選手の入れ替えをしてほしい気もする。

 今日から2日間は恒例の企画試合「タカガールデー」であるので、連勝して「やぱり企画試合は鬼門である」ということにならないように奮起してほしい。

スポナビ結果


 祝、通算2000安打達成。
 ヒットと確信できる強烈なライナーが飛んだ時の、球場全体から響く異様な歓声は、今後暫く、耳に残るだろう。

 前日の大宮球場は、雨が降り続き「中止では?というかむしろ(チーム状態的に)中止でも良いのでは?」と思っていたが開催強行となり、怪我リスクも含めて戦前は恐れおののいていたのだが、その懸念を吹き飛ばす千賀投手の素晴らしい好投の末に野手陣も奮起し、勝利することができた。

 そして迎えたこの日の先発は、前回ライオンズ相手に素晴らしい投球をした石川投手。相手の先発はホークス松田選手にオカルト的な弱さを見せている十亀投手である。
 ホークスとメットライフドームは、リーグ優勝を決めるなどメモリアルな巡り合わせが多い印象もあり、何となく内川選手のヒットが出るのではないかという予感もあった。

 このような好条件が整い、かつ現在自分が東京にいるということで、これは行くしかないでしょうということで急遽観戦したわけだが、予感した通り、素晴らしい瞬間に立ち会うことが出来た。

 この日の試合内容は、勝利したことはもとより、石川投手がライオンズ打線を翻弄し、もはや笑いしか出ない十亀投手からの熱男弾(しかも初球失投という。この勝負の間だけ時空が歪んでいるとしか思えない)、上林選手の巡航ミサイルHR、甲斐選手の絶妙セーフティバントで相手エラーを誘っての加点と、ホークスファンとしては大満足の内容であった。
 まさに内川選手の偉業達成に、花を添えてくれることとなった。

 完全にホークス接待試合となってしまったこの日のライオンズだが、ヒットの瞬間や、花束贈呈、試合後のインタビューのときも含めて、大勢のライオンズファンが歓声や拍手を送ってくれていた。

 それにしても、同じ日にファイターズ清宮選手のプロ第1号HRが飛び出すとは何とも言えない巡り合わせだが(さらに中田選手の通算1000安打も)、大勢のマスコミに追い回されながら結果を出す清宮選手に対して、また敵ながら歓声や拍手を送ってくれたライオンズファンに対しても、インタビューや会見などできっちり言及して感謝やリスペクトを表明していた。発する言葉も含めて、本当に味のある、まさに玄人好みの超一流選手である。

 これで重圧も減ったと思うので、またヒットメーカーに戻ってくれることを期待したい。

スポナビ結果