連続日本一。嬉しいのだが、少々複雑。
玄人好みのシリーズであり、「微差は大差」という言葉を、双方が実感したシリーズだったように思う。
特に、MVPに打率2割前半しかない捕手が守備のしかも盗塁阻止で選ばれるというのは、NPBにグッジョブと言いたい。
CSのライオンズもそうであったが、カープは「シーズン通り」の野球を完徹しようとして、歯車が狂った感がある。
対してホークスはまさに短期決戦モード全開で、スタメンから作戦まで全てにおいてほんの少しずつ相手を上回った。
打順から戦術まで猫の目のように変わるなか、それにしっかり対応する選手達のレベルの高さを感じる。
これだけ怪我人や不調選手が多い中、日本シリーズまでたどり着いて結果を出す、まさに監督や選手をはじめ全てのチーム関係者が常日頃から正しい方向に努力を続けた賜物である。
おめでとうございます。来年はシーズン優勝奪回に向けて、チームコンディションが100%になることを願いたい。

NPB記録

 本拠地3連勝で王手。
 シーソーゲームの末に主役によるサヨナラHR勝利という、ホークスファンにとっては至福の試合展開であった。
 それにしても明石選手である。まさかフランスア投手からHRを打つとは。
 前日と併せて、この活躍で殊勲選手でないのが不思議なくらいである。
 広島カープとしては丸選手が良いところで逆転HRを打ったのだが勝ちに繋がらなかったのが辛いところだ。

 それにしても、ヤフオク!ドームの座席は、外野ビジターゾーンはもとより内野3塁側はほぼ赤一色である。
 交流戦のときもそうであったが、いくら広島~福岡が距離的に近いとは言え、広島ファンの多さには恐れ入る。
 平日なんだが、有給休暇を取ってきているのだろうか。熱量が凄いね。

 対して、マツダスタジアムでは3塁側が赤でない、なんてことはなくて、ビジターゾーン以外は真っ赤なんだよな。
 カープ愛に満ちた完全アウェー状態のマツダスタジアムでリーグ3連覇したチームを相手に下克上から日本一をかっさらうとか、何ともバツが悪い。

NPB記録