連勝ならず。助っ人に打たれて敗北。

 開幕2戦目のこの日は、レジェンドデーと称した企画試合である。
 ホークス創設80周年記念ということで、ノムさん&エモやんがトークショーやセレモニアルピッチを行い、選手も80周年用にあつらえた専用ユニフォームを着用して臨んだ。
 レジェンドデーは計5回予定されているらしい。過去に何度もこのblogでもふれているように、こうした企画試合は鬼門なのだが、果たして、ジンクス通りの敗戦となった。

 バファローズは昨日の開幕戦時点で二軍スタートだったT-岡田選手を緊急?一軍合流。だったら開幕から呼べよと思いつつ、まあ事情があったのだろう。
 もともと長短の打力があるチームだけに、7番にT-岡田選手がいるのといないのでは更に怖さが違う。
 かつ、1番打者の宗選手が2塁打2本と、非常に良かった。3年目の若手だそうだが、昨日も唯一の安打を記録しているし、バランスの良い身体容姿に甘いマスクで、人気が出そうだ。一桁背番号をつけているのは期待の表れだろう。

 ホークスとしては、武田投手のバージョンアップを確認できず。去年と同じだなあという印象である。甲斐捕手との呼吸があってくれば改善されるのかどうか。このレベルに留まる潜在能力ではないと思うのだが。
 まったくの私見だが、背番号は30のままが良かったな。
 ホークスの背番号30と言えば武田でしょ、というくらいのスタイルで頑張ってほしかった。

 モイネロ投手も今年は試練の年か。昨年が大当たりだっただけに、今年は研究もされているだろうし、疲れもあるだろう。もともと線が細い身体であるし日本シリーズまでの長期戦をこなすのは初体験だと思うので、疲労蓄積が心配である。大怪我などしないよう、本当は大型リフレッシュ休暇もありかとは思うのだが、スアレス投手の回復次第かな。

 打撃陣は全体的にまだ春眠という感じ。それでも最終回に調整登板したバファローズの増井投手から熱男弾+江川選手2塁打で慌てさせたのは次戦以降につながるだろう。

 オープン戦初戦の観戦記でふれたゴミ箱の設置場所は、やはり今シーズンはこれでいくようだ。各ゲート脇に「クリーンステーション」として集約されている。まあ慣れの問題なのだが客席に放置されたゴミの量が減るとは思えないので、やはり神宮球場ほかのように回途中で客席をまわり収集するというのも検討の余地があるかも知れない。

 なおほかにも球場や応援に関する変更がある。公式はこちら

 開幕3連戦では、それぞれの試合ごとに、ファン全員にノベルティグッズの配布があった。
 さすがは儲かっているホークスという感じだが、開幕戦のチャンピオンリングレプリカはもらい損ねてしまい、この日のグッズは落ち着いて行動し、入手。
 歴代ホークス日本一胴上げシーンを背景にセットできるスノードームである。挟み込む背景壁紙を差し替えて各年度のシーンを楽しめる、なかなか芸の細かい置物だ。

スポナビ結果

 ついに今年もプロ野球が開幕した。
 年度末の金曜日だと言うのに、けっこう早めの時間からヤフオク!ドームは人だかりが凄いことになっている。
 毎年ながら、野球好き、ホークス好きは多いんだなと感嘆しきりである。

 各チーム試合前練習のあとは、これまた毎年恒例のド派手開幕セレモニーが行われ、国歌は藤井フミヤさんの独唱。
 そして始球式は、平昌冬季五輪金メダリストの小平奈緒さん。これが大暴投となり、偶然後ろで見守っていた孫オーナーがキャッチするというハプニングとなった。ある意味、持ってる人達だ。

 ホークス先発投手は、育成の星、千賀投手。そしてスタメン捕手は同じく育成出身の甲斐選手で、史上初の育成出身バッテリーでの開幕である。
 対戦相手のバファローズ先発投手は、過去、割と印象的なところでホークスキラーぶりを発揮されている西投手。
 この顔合わせでの予感通り、試合はお互いの先発投手が持ち味を発揮して、息詰まる投手戦となった。

 結果は、8回に西投手を何とか攻略して勝利。今年も開幕を勝利で飾ることが出来た。
 7回あたりから西投手のコントロールがだんだん怪しくなっていたように見えたし投球数もだいぶいっていたので、今宮選手に四球を出した時点で交代かと思ったが、バファローズとしては続投が裏目に出た。何故あんなに西投手を引っ張ったのだろうか。

 逆にホークスとしては、今宮選手四球のあと1死12塁で本多選手、ここできっちり後ろの柳田選手につなぐことが出来たのが大きい。
 去年、悔しさのあまり後援会の感謝イベントで涙したという本多選手。今年は筋力UPを相当頑張ったみたいだし、オープン戦でも強い打球を飛ばしていたし、覚悟と手応えを感じる。やはりヤフオク!ドームでは本多選手のファンファーレを聞きたいので、怪我に気をつけて活躍してほしい。

 試合終了後は公式セレモニーソング「勝利の空へ」フミヤさん生歌を堪能。
 ホークスファン冥利につきる一日であった。

 2000本安打までカウントダウン中の内川選手、オープン戦で大爆発のデスパイネ選手、同じくオープン戦打撃好調だった熱男にヒットが出なかったのがちと寂しいが、まあ欲張ってもアレだし明日以降に期待。

スポナビ結果

ソフトB川崎が引退へ 日本復帰から1年 アキレス腱痛で離脱…心身ともに疲弊西日本スポーツ
 福岡ソフトバンクと今季の契約を結んでいなかった川崎宗則内野手(36)が現役引退の意向を固めたことが25日、分かった。昨年4月に古巣で6年ぶりに日本復帰したものの、夏場に両アキレス腱(けん)痛で戦線離脱。現在まで心身両面で復帰のめどが立たず、球団と協議を重ねてきたが、結論として契約の打診を辞退した。日米両球界で人気者となった「元気印」が一つの区切りをつける。

 今週末が開幕というこの時期に契約の話も出てきていない状況で、うすうす予想しながらもあってほしくないと思っていたことだが、川崎宗則選手の引退報道があった。
 まずは本当に決断したと言うことなのであれば、お疲れ様でした、今までありがとうございました、と言いたい。
 特に、昨シーズンの前半において、いまひとつ波に乗れないチームの雰囲気を一変させたのは川崎選手の登録および活躍からと強く感じている。
 何にせよ、まだ「引退へ」なので、続報が早く聞きたい。

2018-03-27追記:

ソフトB川崎「野球続けるのは考えられない」 引退決意の退団西日本スポーツ
 福岡ソフトバンクは26日、川崎宗則内野手(36)の退団を発表した。「自律神経の病気」を明かす本人の談話も発表。きょう27日に自由契約の手続きを取り、同日公示される予定だ。任意引退ではなく川崎の希望に沿った自由契約ながら、現在の川崎に現役続行は念頭になく、本人は引退と位置付けている。球団は選手としての復帰を待つ姿勢は取らないものの、何らかの形でのホークス復帰を願い、今後もコンタクトを続ける。

 やはり報道は事実のようだ。またひとりダイエー戦士がいなくなるということか。寂しいが考え抜いて出した結論だろうから仕方がない。
 しかし近年のホークスに大きな歴史を刻んだ背番号52に対して、ファンとしても区切りをつけるのは直ぐには難しいが、いま言えることは、
 今までありがとうございました。早く元気な姿を見られると嬉しいです。そしてこれからもぜひ何らかホークスに関わってください。

 また野球の季節が到来した。プロ野球オープン戦が始まった。
 ホークスはタイガースを本拠地に迎えての2連戦から開始となった。
 7人の選手が侍ジャパン強化試合に招集され、デスパイネ選手合流前、内川選手は大事をとって欠場と、主力がごっそりいないなか、新戦力を含め控え選手達のサバイバル模様を観るという醍醐味を満喫すべく、初日ということもあって観戦に赴いたわけである。

 今年は球場自体もいくつか改修があって、まず目立つのはネット裏天井ビジョンの拡張である。昨年までのビジョンもないよりは嬉しかったのだが、外野席からは画面サイズが今一つだった。画面サイズが拡張され、かなり見やすいものになっている。こういうお金の掛け方はファンにとって嬉しい。
 また、座席に関しては、鷹ガールシートがソファ席になった。ヤフオク!ドームは女性客が多いので、これも女性ファンのためのプレミアムシートとして、野球観戦女子会がはかどることだろう。

 そしてなんといっても、この日は、なんとスタジアムグルメが食べ放題。自分としては純粋に野球観戦できればよかったので食べ放題は不要どころか、売店にお客が殺到して大変なことになるだろうと危惧していたが、案の定、地獄絵図となった。
 売店には軒並み長蛇の列ができ、コンコースは人であふれかえって移動もままならない。ケンタッキーのレベルで1時間以上の行列である。あげくまだ5回にも満たない時間帯なのに売店によっては売り切れ閉店。もはや野球を観に来たのか食べ放題に来たのかと言われれば食べ放題に来ましたと断言するレベルである。

 もっとも腹立たしいのは、座席通路を往来する売り子の「おつまみ販売」もなかったことだ。食べ放題との整合性を気にしたのであろうが、グルメ食べ放題には興味がなく、ビールとつまみ程度で純粋に野球観戦したい客にとっては、大迷惑な企画であった。

 もしかすると、ふだん事実上ビンカン以外の飲食持ち込みがスルーされている現状で、それをもっと厳しく禁止した場合にどの程度スタジアムグルメのキャパが必要なのか見極めたかったのだろうか、とか深読みをしてみるのだが、純粋にオープン戦初日(シーズンスタート)の認知度を上げたいだけだったとしたら、もはや地元福岡では知名度など気にする必要がないレベルだし、逆に福岡以外からオープン戦初日に来る客は食べ放題など関係ないガチファンが主体である。

 今回は、ガチファンは食事難民化して呆れかえり、食べ放題に惹かれてきたライトファンや新規客は大行列で野球観戦そっちのけ、売店は火の車で疲れ果てるという、まさに誰も得をしない結果となった。

 無料という言葉の暗黒面、凄まじいものがある。せめて、まずは全品半額くらいで試せなかったのだろうか?
 親会社もスーパーフライデーで物議を呼んでいるが、こうなることは予想していたはずだ。いったい何が狙いだったのか?聞けるなら聞いてみたい。

 個人的には、ファンクラブ会員ならば全品半額(もちろん当日加入会員も)、ビジターファンクラブ会員も半額、そしてビジターファンクラブ新規受付も実施、とかだったら、自チームのファンクラブ会員も増え、相手チームファンからも称賛され、売店行列も(おそらく無料よりは)緩和され、多くの人がほどよくお得感を味わえる、良い企画になったような気がするのだが。

 あと現地観戦で地味に困ったのはゴミ箱の場所が大幅に減らされていたことだ。そのせいか、そこかしこにゴミが散乱していた。


 昨年はゴミ箱設置を増やしたことをアピールしていたが、それでも、もっと置いても良いかなと感じたくらいなので、昨年よりも減らすという策はあり得ない。ゴミ箱のリフレッシュが大変なのは分かるが、むしろ他球場のように回の合間にゴミ袋を持って座席通路をまわるとかしたほうが、結果的にゴミの放置が減り試合後の清掃負担が減るのではないか?

 とまあ色々と不具合が目に付くシーズンスタートデーではあるが、親会社のフットワークを鑑みると、試してみてまずかったことは素早く改善してくれることだろう。そこはファン目線で信じたいところだ。

 肝心の試合内容で目立ったのは、バンデンハーク投手の出来が素晴らしかったのと、いわゆるホークス二塁手競争が狙い通りチーム活性化につながりそうなのと、サファテ投手の相変わらずの投げたがり気質が感じられたところだろうか。
 個人的には、遊撃手も競争にして今宮選手の更なるレベルアップを促して文字通りNPB最高の遊撃手を目指してほしい、三塁手と一塁手も適度に交代を入れながら、松田選手と内川選手に怪我や絶不調なくシーズンを乗り切ってほしいし後継者の育成も始めてほしい、ということで内野は全部競争枠扱いにしてほしい気もする。
 いっぽう外野手の競争枠は、柳田選手、中村晃選手は固定だろうから競争はほぼ1枠のみなのだが、上林選手以外で誰が台頭するかがポイントだ。真砂選手、今年ブレイクしてほしいなあ。

 今シーズンは球団創設80周年ということでいろいろな記念企画が目白押しである。ノムさんも南海ホークス時代のあれこれでホークスとはちょっとした距離感があったが、最近は頻繁にゲスト招聘されるようになって、ホークス現在過去未来の地続き感を実感できるシーズンになりそうなので、ベテラン奮起、若手の台頭をうまいことミックスして、また秋においしい酒が飲めることを期待したい。

スポナビ結果