いやあ「The BASIC」の「西麻布日記」時代からのファンですよ。語り口と密度のギャップがすきです。

みずほ証券-東証の誤発注裁判、判決へ | 東証のシステム不備を契機としてレガシー化(陳腐化)問題を考える | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット 2009年2月17日〉
レガシーなのはシステム設計じゃなくて、発注する人と設計している人と使う人の頭の構造なんでしょうね。

 東証は次世代システムを構築中で、今年後半の稼働を目指している。これまでのシステムを全面刷新し、世界最高レベルの性能と信頼性を確保するという。 CIOを置き、丸投げをやめ、品質管理部も設け、システム障碍の再発防止のための特命プロジェクトチームも発足させている。

みずほ証券-東証の誤発注裁判、判決へ | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット 2009年2月17日〉

頑張ってるみたいですね。が、そのCIOってのはたしかNTT-Dじゃなかったかなあ。

【速報】東証のCIOにNTTデータ子会社社長の鈴木義伯氏:ITpro(2006年1月24日)

中央官庁にがっちり食い込んで、うまい汁を吸っているのもNTT-Dなら、巨大システム構築のノウハウ、開発プロジェクトをまわすノウハウを持っているのもNTT-D。これぞジレンマってやつ?

そしてこんな記事も。

いつもみなさん夜遅くまで働いているようだし、一人ひとりの社員には、モラルも能力もとても高い方が沢山おられる。が、組織集団となったときに、一人ひとりが持つ能力の合計値を下げる方向に向かっているのではないだろうか。
TABLOG:NTTデータDoblogの障害を見て~やはり辞めてよかったと思う元社員 – livedoor Blog(ブログ) (2009年2月15日)

散々な言われよう。まあ今まで吸った汁の総量から考えたらそれくらい言われても仕方がないとは思いますが。
自分も、過去に仕事でご一緒させて頂いたり、そうでなくても常に結構近いところで仕事してましたが、書いておられる通り現場の技術者はカナリ優秀な方々ですよ。やっぱ天下のNTT-Dはすげえな、と素直に感じます。そしてチーム力も総じて優れていると思います。ただ部署によっては・・・ですね。あれだけでかい会社だったら部署によって強いところ弱いところが出るのも仕方がないとは思いますけどね。
でも結局そうした組織力のムラとかって話は、現場ではなくて部門長や経営者の問題に起因することが多いような気がしますね。
太平洋戦争における米国軍による日本軍評価「下士官以下、いわゆる現場は有能、勇敢。参謀クラス以上は無能」は、時代を超越し、官民問わず常に日本組織における問題の核心をついていると思っております。

これ、おもろそう。
SkWebChat(Webで使えるスカイプチャットサービス)
近々貼ってみる。ただ話しかけられてもあんまり反応はしないかも知れない。

ブログパーツっていやあ、最近blog界隈で話題沸騰中(もう冷めたかな)らしい、Googleがこんなことしちゃってる件は、どうもGoogle日本法人の暴走ってことで本国から軽くヤキを入れられて手打ちっぽいが、マスマーケティングの台頭というか、広告代理店臭が年々きつくなってきたのも、ネットがTVの座を奪っていく潮流のひとつなのだろうし、逆にTVで儲からなくなった宣伝屋さん達が次なる儲け口をネットに見出した結果としてネットがポジショントークの巣窟になっていくのも必然なのだろう。TVと違って、誰でも公にツッコミを入れられるところがシステム的にまだマシと言えばマシだが、ある程度の与信を集めなければ単なる落書き扱いなのは今までと一緒っちゃあ一緒だ。

グーグル、プロモーションで謝罪–抵触したサーチガイドラインとは:マーケティング – CNET Japan
Google Japanのページランクが9から5に大幅下落:マーケティング – CNET Japan

ちなみに、この Pay Per Post に加担したblog も軒並み PageRank を下げられたとか。依頼すらこない落書きblogには関係ないこってすがね。VAIO新機種のロードテスト依頼とかこないかなあ。きっとまだSonyへの愛情表現が足りないんだな。

フラッシュドライブ(SSD)搭載ストレージでDBのボトルネックを大幅解消 - TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター

SSD界隈が盛り上がってきた。(JMicron一族のプチフリ問題っていうネガティブ側面も含めてだけど)
あと1、2年はまだHDDも頑張るだろうけど、所詮磁気を使った回転モノと、ムーアの申し子である半導体の対決では、伸び代という点において分が悪いと思われる。

確かHDDのキーデバイスって日本企業(松下寿、改めパナソニック四国エレクトロニクスとか)が結構なシェアを持っていなかったか。
日本勢が得意としてきたであろう精密加工技術の塊であるHDDも、SSDになれば単なるチップの集合体でしかなくなってしまう。キーデバイスであるコントローラチップ設計は海外勢が牛耳っている。

で、一方、肝心の日の丸半導体はというと、相変わらず既存技術ではコスト競争力不足、さらにはコスト度外視の新技術追求症候群を併発して青息吐息だ。
半導体に限らず、Sonyは有機ELを量産体制に持っていけるのか?東芝、富士通はFeRAMを実用化できるまで事業継続できるか?など懸念はつきない。

そんな思いをめぐらせながら、X-25Eが早く安くなりますようにと願う夜。

見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること:ITpro

乙です。ちょうどAsteriskをいじりたおそうとしていたところなので、話題性が高まってくるとやる気も増すってなもんだ。しかし費用が約25分の1ってのはすごい。電話屋というかPBX屋の界隈では「チープ革命すぎてオレ達が儲からないじゃん!」ってことでオモチャ扱いされがちなAsteriskだが、これで認知度があがると商機も出てくるかも知れない。

しかしこの記事における一連のOSS活用事例において忘れちゃいけないのは、

中村氏は同市商工課の職員。電話網を担当する総務課ではなかったが,趣味で中学生のころからパソコンを使っており,独学でプログラミングも学んでいた。市でIP電話の導入を検討していることを耳にした中村氏は,市の職員提案制度を使い,オープンソース・ソフトウエアであるAsteriskを利用したIP電話網の導入を提案した。

見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること:ITpro(高橋 信頼, ITPro 2009年2月9日)

というところ。いるんですよ!ちゃんと身内に知識と熱意のある人が。

というワケで、ユーザ側にITを使いこなせる人が増えること自体は喜ばしいことであるが、金額のところだけ着目して、要件無視の「安くできるだろ大合唱」だけは、ぜひともやめてほしいと切に感じる今日この頃。OSSソフトウェアは無料だけどDIY。Yourselfで無理ならば、幾ばくかのお金をください。ふっかけたりはしませんから。

関連記事:重層下請け構造のなかから見た、周囲の変化と不変化

すでに導入しているSubversionと連携するチケット管理システムの導入を検討しておったのですが、Tracを試すも微妙に日本語化が大変だったりした割に連携部分でなんかトラブったため、目先を変えてRedmineを試そうと。

1.とりあえず新しいRubyを入れとく

# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# tar xvfz ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# cd ruby-1.8.7-p72
# ./configure
# make
# make install

WebARENAにもともと導入されているRuby(1.8.1)は/usr/binにいますが、新しいRubyは/usr/local/binにインストールされます。(場合によってはpathを張りなおしてbashリロードが必要かも)

2.Rubygemsを入れる

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/45905/rubygems-1.3.1.tgz
# tar xvfz rubygems-1.3.1.tgz
# cd rubygems-1.3.1
# ruby setup.rb

3.Ruby on Railsを入れる

RedmineはRoR上で作られたアプリケーションです。

# gem install rails --include-dependencies

4.Redmine

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/49319/redmine-0.8.0.tar.gz
# tar xvfz redmine-0.8.0.tar.gz
# cd redmine-0.8.0/config
# vi database.yml
--------------------
(追加)
production:
adapter: sqlite3
dbfile: db/redmine.db
--------------------
# rake db:migrate RAILS_ENV=production
(in /root/redmine-0.8.0)
rake aborted!
no such file to load -- openssl

(See full trace by running task with --trace)

opensslがロードできませんエラーになっちゃいました。

5.RubyのOpenSSL拡張を確認する

http://d.hatena.ne.jp/hata-hata/20080416を参考にさせていただきました。

# cd ~/ruby-1.8.7-p72/ext/openssl
# ruby extconf.rb
=== OpenSSL for Ruby configurator ===
=== Checking for system dependent stuff... ===
checking for t_open() in -lnsl... no
checking for socket() in -lsocket... no
checking for assert.h... yes
=== Checking for required stuff... ===
checking for openssl/ssl.h... no
=== Checking for required stuff failed. ===
Makefile wasn't created. Fix the errors above.
(ssl.hがないようなので、OpenSSLパッケージのバージョンを確認してソースコードをインストール)
# rpm -qa | grep openssl
openssl-0.9.7a-43.17.el4_7.2
# yum install openssl-devel-0.9.7a-43.17.el4_7.2
# ruby extconf.rb
(Makefileが生成されればok)
# make
# make install
# ruby -r openssl -e ""
(何も表示されなければok)

6.Redmine(再)

# cd ~/redmine-0.8.0/config
# rake db:migrate RAILS_ENV=production
# rake load_default_data RAILS_ENV=production
(対話式でロケールをたずねてくるのでjaでこたえる)

7.とりあえずRedmineを起動してみる

RoRアプリに付属しているWebサーバWEBrickを使ってとりあえず動作確認をする。

# cd ~/redmine-0.8.0
# script/server -e production

ポート3000にアクセスしてRedmineログインページが表示されればok

8.RoRとapacheを連携させる

Redmineをapacheで動かす設定。まずRoRをapache上で動かすためのモジュール、Phusion Passengerを入れる。

# gem install passenger
# passenger-install-apache2-module
・・・
Checking for required software...

* GNU C++ compiler... not found
* Ruby development headers... found
* OpenSSL support for Ruby... found
* RubyGems... found
* Rake... found at /usr/local/bin/rake
* Apache 2... found at /usr/sbin/httpd
* Apache 2 development headers... not found
* Apache Portable Runtime (APR) development headers... found
* Apache Portable Runtime Utility (APR) development headers... found
* fastthread... found
* rack... found

Some required software is not installed.
But don't worry, this installer will tell you how to install them.

Press Enter to continue, or Ctrl-C to abort.
・・・
おっと今度はg++とapacheのソースコードがないと。

# yum install gcc-c++
# yum install httpd-devel
# passenger-install-apache2-module

9.apacheの設定

Phusion Passengerを入れた時にコンソールにhttpd.confの設定例を表示してくれるので、それを参考に適当に設定。公開するディレクトリのPermissonに注意ね。以上