音楽を買うとき、いまだにCDで買ってしまう。
PCに取り込んでスマートフォンに転送してウォークマン的に聴くと同時にカーオーディオにも取り込みたい(カーオーディオが古くてCDからしか取り込めない!)ことが主な理由だが、何となくジャケットやブックレットもほしいという昭和な理由もある。

そして昭和世代の男性にありがちな、Sony教の信者でもあるため、スマートフォンは Xperia である。

以上、今回TIPSの前説。

購入したCDをPCに取り込んで Xperia のミュージックアプリに転送する際には、Sony謹製の転送ソフトは長らく「Media Go」というアプリを使っていた。
正直なところ多少古くささを感じるアプリではあったが、CDの取り込み、転送、曲名やアルバムカバーアートの自動取得など、必要機能は、一応揃ってはいた。

そして何時のころからか「Media Go」は引退し、新バージョンとして「Music Center for PC」を使えということになったのだが、「Music Center for PC」には Android スマートフォンへの転送機能は実装されていなくて、USB接続ストレージとして認識させたスマートフォンに、エクスプローラによるファイルコピーの要領で転送する方式に変わった。

このとき、AAC形式で取り込んだ音楽ファイルは拡張子が mp4 のままだと、スマホ側のミュージックアプリに認識されない。

ざっくり調査した結果としては、

  • Sony ミュージックアプリは、スマホ内の音楽ファイルを検索・認識する仕組みとして Android にあるメディアストレージという機構を利用している
  • 拡張子 mp4 は、メディアストレージに動画ファイルと認識され、音楽ファイルと認識されない。中身が同一のファイルでも、拡張子が m4a や aac であれば、音楽ファイルとして認識される

ということのようだ。

拡張子 mp4 のままでは、ミュージックアプリの設定でキャッシュ削除やストレージ削除をやっても問題は解決せず、メディアストレージアプリの設定でキャッシュ削除やストレージ削除しても同じく解決できない。

むしろメディアストレージ側を消すと、プレイリストや着信音&通知音が消えるという残念な結果になる。

メディアストレージに関する問題(認識されない或いは誤認識されるetc)は、他でも色々とトラブルがあるようで、ストアを覗くとメディアストレージを再スキャンするアプリがたくさんある。
が、再スキャンしたところで拡張子 mp4 のままでは結果は同じ。それどころか、動画として認識されてしまい、アルバムアプリに音楽ファイルが動画として真っ黒サムネイルで大量に表示されたり、散々な結果になることも。

解決策は表題の通りで単純。

MP4 規格の性格上、中身のデータは動画・音声・テキストと様々なので拡張子が mp4 だと判断に困るのは分かるけど、MP4ヘッダー情報を読んで判定くらいしてくれてもバチはあたらん気がするのだがね。

面倒なのは「Music Center for PC」でAAC形式でエンコードすると拡張子が mp4 固定になっているので、スマホにコピーする前にいちいち拡張子を m4a にリネームする必要がある。
※リネーム後に「Music Center for PC」上で再生したいときは後述するひと手間が必要。

というわけで、対処手順。

  1. 「Music Center for PC」でCDをAAC形式で取り込む。拡張子は mp4 になる
  2. 拡張子を mp4 から m4a に一括変換する。コマンドラインで、取り込んだアルバムのディレクトリに行き for /R %i in (*.mp4) do ren “%i” *.m4a とかやると楽。それをバッチファイルとかにしておくとより楽
  3. エクスプローラーD&DとかでUSB接続したスマホにコピー
  4. 拡張子を m4a に変換したファイルを「Music Center for PC」上で正しく認識させるにはいったんアルバム情報を削除(ストレージには残す)してから、フォルダーを指定して再度取り込む。「Music Center for PC」で音楽再生なんぞしないという場合はこの操作はやらなくてもOK

なお、拡張子は aac としてもミュージックアプリでは認識されるが、「Music Center for PC」では再生できなかった。

利用させて頂いている身分でアレだけど、色々と細かいところが残念よね Android と Sony のどっちも。

「ソニーとMicrosoft、クラウドゲームやAIソリューションで戦略的提携」の話、やっぱりPlayStation部門を飛び越えて話が進んでいたようだ。

両社は先週、ゲームストリーミング技術の共同開発や、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」を活用したプレイステーションの一部オンラインサービス提供などの戦略的提携に向けた意向確認書を締結したと発表。プレイステーション部門は独自のクラウドゲーム開発に7年を費やしてきたが、部分的な成功にとどまっている。

 

事情に詳しい関係者によれば、マイクロソフトとの交渉は昨年始まり、ソニーの東京在勤の上級幹部が直接対応、プレイステーション部門はほとんど関与しなかった。このため、今回の発表は同部門スタッフには寝耳に水だったという。こうしたスタッフを管理職は落ち着かせ、ソニーの次世代コンソールの計画に影響はないと念押ししなければならなかったと、関係者が匿名を条件に語った。

 

プレイステーション部門に衝撃-ソニーがマイクロソフトと協業模索 (2019-05-20 Bloomberg)

 溝が深そうだなあ。GoogleやAmazonと張り合うにはおそらくコレしか道がなく仕方がないとは言え、Xboxと正面から戦い、そして現状では有利に事を進めていただけに、ショックだろうね。
 しかしクラウドゲーミングは10年20年に1度レベルのパラダイムシフトなので、過去の成功体験に拘りすぎるのはまさにガラケーの二の舞まっしぐらであり、良くない。
 最近は任天堂に肩入れしている自分ではあるが、もともとはソニ男気質であり株主の端くれでもあるので、発想を転換する好機と捉えて頑張って頂きたい。

参考記事1:Sony × Microsoft =?
参考記事2:Google Stadia:黒船襲来。ついにゲームの分野もGoogleロックオン

 クラウドゲーミング絡みで、現メジャープレイヤー同士が接近。

ソニーとMicrosoftは17日、ゲームやコンテンツのストリーミングサービスのMicrosoft Azure利用など、DTC(Direct to Consumer)のエンタテインメントプラットフォームやAIソリューション領域において、新たな顧客体験を開発するためのパートナーシップを発表した。

 

各社のゲームやコンテンツのストリーミングサービスを目的とした、将来のクラウドソリューションをMicrosoft Azureを活用して共同開発することを検討。また、ソニーのゲームやコンテンツのストリーミングサービスに、現在のAzureのデータセンターベースのソリューションの利用も検討していく。協業により、両社はそれぞれの世界中のユーザーに、より充実したエンタテインメント体験を提供し、コンテンツ制作者コミュニティに向けて、より良い開発プラットフォームの提供を目指すという。

 

また、半導体とAIの分野での協業も検討。半導体においては、新しいインテリジェントイメージセンサーの共同開発の可能性を探っていく。ソニーのイメージセンサーとマイクロソフトのAzure AIテクノロジーをクラウドとエッジを跨いでハイブリッドに統合し、より強力で便利なサービスを法人向けに提供する。

 

AIに関しては、マイクロソフトのAIプラットフォームとツールをソニーのコンシューマー向け製品での採用を検討する。

 

ソニーとMicrosoft、クラウドゲームやAIソリューションで戦略的提携 (2019-5-17 Impress Watch)

 先日発表のあった「Google Stadia」対抗策が具体化してきたわけだが、SonyとMicrosoftをざっくり比べると、コンシューマ向けゲームプラットフォームとしてはSony(PS4)が現状優勢、クラウドサービスでは実質Azure一択であるので、相互補完関係としては悪くないと思った。

 Sony側から見ると、本来クラウド化するならば有力な提携先であったGoogleに独自戦略で出し抜かれた以上、そしてかつ自前でクラウドプラットフォームを構築or調達する気がないのであれば、Googleと並び立つもう一方の巨大クラウドプラットフォーマーであるMicrosoftと組むのはある意味必然とも言える。

 いっぽうMicrosoft側から見た場合は、自社クラウドサービスの顧客が増える以上のメリットはそんなにない気もするが、本当はXboxゲーム事業を自前で維持していくモチベーションが低下したけど単純に撤退するわけにも行かないので、将来のゲーム事業展開オプションを増やす事に意味を見いだしたのかも知れない。

 この提携が上手く行くかどうかで気になる点としては、Sony側においてPS4事業を持っているSIEの影が、この話のなかであまり見えてこないあたり、SIEの現状に業を煮やした親会社が頭ごなしに動いている構図に見えなくもないところ。ゲーム事業をエンジンのひとつに据えてSonyを復活させた平井社長退任後の揺り戻し表面化なのか、親会社によるSIE冷遇からのSonyグループ内抗争みたいな悪癖が活性化しなければいいのだが。Xperiaの二の舞は避けてほしいところ。

 任天堂の動向は、本格的なクラウドゲーミング時代の到来にまだ数年猶予があるため、その間はクラウド覇権争いを静観して、従来型モデルでIPの更なる充実を図りつつ、そのうち5G通信機能付きSwitch後継機種を出す算段か。
 モバイルにも据置にもなれてJoy-Conが使えて任天堂のIPが動くハードを売ることさえ出来れば、GoogleやMicrosoftのクラウドサービスが相乗りしても問題ないわけで、Switch的なコンソールにクラウド・非クラウド問わず全ゲームプラットフォームが乗っかる未来を描いていそうな気がする。その場合ライバルはスマホやタブレットになるわけだが、Joy-Conの強みがポイントになってくる。
 誰かが言った「SwitchはJoy-Conが本体」とは良く言ったものだと思うことしきりだが、Google,Microsoft,Sonyがフロントエンドデバイスの取り合いに興味がないはずがないし、革新的UIの騎手であるAppleのような乱入プレイヤーもいるので、どうなるか。

 いち消費者としては、時代の変わり目に立ち会いつつ技術革新のメリットを享受できる、良い時代ですわ。

参考記事:Google Stadia:黒船襲来。ついにゲームの分野もGoogleロックオン

[YouTube] Google Stadia announced at GDC 2019

 すごい!未来!革命!とか一部のアーリーな界隈で盛り上がっている表題の件に関する雑感。

 そもそもゲームのクラウドストリーミング化はSonyやMicrosoftをはじめとする既存プレイヤーが既に試行錯誤しているわけだが、Chromeブラウザとコントローラーさえあれば場所や機種問わずOK、YouTube連動、とんでもない資金力による無限のクラウドパワーということで、業界のみならず多くの人がゲームチェンジャーとして震撼し期待するのも分かる。

 SonyがE3撤退したのも、やっぱりこれが遠因なのかね。確かにインパクトで言えばPS5を発表したとしても埋もれてただろうな。

 発表デモではDOOMが使われていた。ということはBethesdaは既にStadiaに取り組んでいるということか。Bethesda.netはどうするのか、今後新作がStadiaでも同時ローンチされるのか、はたまた2019年になってもSkyrimでズコーとなるのかなど、くされBethesdaファンとしては興味津々である。

 いずれにせよ近い将来このサービスが受け入れられることによって、ゲームの嗜好やゲーム内での行動までGoogle様に握られて広告配信パターンに組み込まれるわけだ。ゲーム内広告を動的に表示したり、ゲームの展開自体を個人の嗜好に合わせて変えるなんて芸当もゆくゆくは可能になるだろう。

 必ず批判ネタになる遅延問題についてはいつの間にか技術が解決しているだろうからあくまで2019年の懸念事項に過ぎないが、価格については現時点では未発表なので、サブスクリプション型になるのか、フリーミアム型になるのか、コンテンツ単位になるのか、どうなるか興味深い。
 PCやスマートフォンを中心に基本プレイ無料ゲームが席巻している現在、価格設定をミスるとコケる可能性もあり、コケたら割とあっさり撤退するのがGoogle様なので、今後数年の展開は目が離せない。

 YouTubeとの親和性については、色々と便利で楽しいこともありそうな反面、泡沫動画が溢れている現状に更に拍車がかかるのだろう。今や他人のプレイ動画を観て楽しみ、自身はプレイしないなんて人もいるらしいので、これも時代だね。

 何はともあれ、既存プラットフォーマーであるSony、Microsoft、任天堂の動向はもとより、Apple、Amazon、Netflixの動向、各ゲームソフト開発会社の動向にも、がぜん注目度が高まってきた。
 個人的に一番気になるのはTencentの動向だな。Googleに安易に乗っかるとも思えないし、自前でクラウドサービス立ち上げるまであるのかどうか。nVidiaあたりと組むのかな?

 Microsoftはガチンコ勝負だろうな。任天堂は独自IPの強みがあるので暫く様子見しつつ自身にとって一番都合の良いところと組むタイミングを見計らっている感じに見える。GoogleとMicrosoftが互いに全力で殴り合いつつ、+αとして任天堂を取り合う構図か。モジモジしすぎてどちらからも敵認定されるとかもありそうなので目が離せない。両方から貢がせるだけ貢がせる売れっ子としてぜひ頑張って頂きたい。
 心配なのはSonyだな。株主の端くれとしてはベタ降りだけは勘弁してほしいところではあるが、いくらなんでもPS4を引っ張りすぎな気がするし、クラウドもあまり得意じゃないからねえ。膝を打つような一手を期待したいが。

 ソニーが31日発表した9月中間連結決算は、最終赤字が前年同期の165億円を大きく上回る1091億円となる大幅赤字決算となった。通期業績見通しは秋に修正発表した最終赤字2300億円を据え置いた。

 携帯電話事業だけで1720億円の営業損失を出し、ゲームやカメラなどの黒字事業の足を大きく引っ張った。

 中間決算の売上高は6.5%増の3兆7114億円、営業損益は前年の494億円の黒字から157億円の赤字に転落した。
ソニー、中間決算は最終赤字1091億円に 携帯事業の損失1720億円

過去のシガラミとか色々あるにせよ、コモディティ化することは明らかであったスマホに変な肩入れしすぎたことについては経営判断の問題と言わざるを得ない。