<マイクロソフト>ヤフーに買収提案 総額4兆7000億円(2008年2月1日 毎日新聞)
 ソフトウエア世界最大手の米マイクロソフトは1日、インターネット検索大手ヤフーに対し、総額446億ドル(約4兆7000億円)での買収を提案したと発表した。現金と株式交換の組み合わせによる買収提案で、ヤフーの株式を1株当たり31ドルで購入する意思があると伝えた。急拡大するネット広告などネット検索関連市場で独走する最大手、グーグルを追い上げる態勢を整えることが大きな狙いと見られる。

ついに2強時代になるのか。

塗り変わるか、検索の業界地図–マイクロソフトがヤフーに買収提案(2008年2月1日 CNET Japan)
 確かに、MicrosoftとYahooが合併することで得られる資産の組み合わせは、多少なりともショッキングではある。MSN、Yahoo、 Flickr、Zimbra、そして、他にもある多くの資産が一つ屋根の下に存在することになる。だが、大きな質問もある。Microsoftは、それらすべてを管理できるのか?

たしかに。かぶりまくってる気がする。しかもYahoo!も買収しまくった傘下サービスをちゃんと管理しきれているとは思えないだけに、それを更に食ったら腹を壊さないかなあ。そうするしかなかったんだろうけど。
M$様の資本力で、OpenIDによるアカウント統合なんてしてくれちゃうと、すごく嬉しいような・・・でもY!Japanは蚊帳の外なんだよね。