2018年1月の印象的な出来事をメモ。

 重大度1位はなんと言っても Coincheck でしょう。年明けから割と濃いのがきたねー。
 コトの経緯については、piyolog さんのまとめが客観的でかつ詳しい。

 Coincheckで発生した暗号通貨NEMの不正送金事案についてまとめてみたpiyolog

 マウントゴックス 再び。金儲けを優先しセキュリティ対策を後回しにしてたら泥棒に入られたと。改めて詳細を見聞すると、たしかに取引金額にふさわしいセキュリティではないわな。
 仮想通貨の裏付け技術であるブロックチェーンに対する信頼性と、乱立する取引所のセキュリティは分けて考える必要があるとは言え、そもそも仮想通貨の価格決定プロセスがね。現状は客観的な指標値がほぼ何もないに等しいように見えるので、今がバブルなのか、ピークアウトしたのかどうかなど、売り時も買い時も株以上に分かりづらい。
 日本国も、現状の泳がせ気味な感じを改めて、もう少し堅実に育てる感じで介入してほしいところだ。制度面も含めたシステムの堅牢性がもう少し高まったように見えてきたら、どこかでお試し参入してみようかなと思ったりしているが、果たして。

 まずは、コレがちゃんと行われるかどうかが、今後を占う分水嶺ですかねー。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について(2018年1月28日)

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

  • 総額:5億2300万XEM
  • 保有者数:約26万人
  • 補償方法:NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
  • 算出方法:NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
  • 算出期間:売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
  • 補償金額:88.549円×保有数
  • 補償時期等:補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 根拠はないのだが、いまの世の中の雰囲気や、事の起こるタイミング的に、コレを思い出す。もし金が返せないとなってくると、金を突っ込んだ方々の素性次第では、ねえ。