ソニーが31日発表した9月中間連結決算は、最終赤字が前年同期の165億円を大きく上回る1091億円となる大幅赤字決算となった。通期業績見通しは秋に修正発表した最終赤字2300億円を据え置いた。

 携帯電話事業だけで1720億円の営業損失を出し、ゲームやカメラなどの黒字事業の足を大きく引っ張った。

 中間決算の売上高は6.5%増の3兆7114億円、営業損益は前年の494億円の黒字から157億円の赤字に転落した。
ソニー、中間決算は最終赤字1091億円に 携帯事業の損失1720億円

過去のシガラミとか色々あるにせよ、コモディティ化することは明らかであったスマホに変な肩入れしすぎたことについては経営判断の問題と言わざるを得ない。

直球勝負な社名で再出発。

7月、VAIO株式会社誕生。ソニーのVAIOブランドはVAIOのVAIOブランドに – Engadget Japanese

2月、PC事業売却を決断したソニーですが、投資ファンドの出資の受けVAIOブランドはVAIO株式会社としてスタートを切ります。既報の通り、ソニーは2014年春モデルのVAIOをもってPC事業から撤退するものの、アフターサービスは継続する計画です。

VAIOブランドの新会社は、これ以上ないぐらい直球な「VAIO株式会社」に決まりました。社長にはソニーのVAIO&Mobile事業本部の経営企画部門の関取高行氏が就き、これまでVAIO事業を担当していた赤羽良介氏も新会社に移ります。

願わくばSonyの冠をつけたまま頑張ってほしかったところではあるが、足枷が外れた状況でどんなイロモノPCが出てくるのか、ちょっと楽しみではある。

なんか先行き怪しい話しか聞かないSonyだが、再興を信じているぞ。

衝撃が走ったソニーの「PC事業(VAIO)」譲渡 – ソニーらしい尖ったPCとしてのVAIOが消えることはない | マイナビニュース
野へ下ってVAIO頑張れ。ヒットを連発して親会社買い戻しを期待。

ソニーのパソコン売却は評価。テレビは中途半端。私見だが任天堂と組んでみては? | 田中博文
テレビなんてもう他のデバイスから映像を再生するだけの窓なんだから、付加価値戦略など捨ててモニタ機能のみで売り出せばいいのにね。

スペックで比較――「Xperia Z2」と「Xperia Z2 Tablet」はココが進化した – ITmedia Mobile
機能もこなれてきた。もうSXのような4インチ台の新機種は出ないようなので、そろそろ買い換えか。

ソニー、「ハイレゾオーディオ」普及へ本格展開 – AV Watch
ハイレゾ推すね。体験してみたいが聞き分けられるか自信がない。

ソニー、米国のソニーストア20店舗を閉鎖へ リストラの一環で – ITmedia ニュース
ある意味、日本以上にブランド浸透してるし、正しい戦略だと思う。