まったくだ。

顧客も私たちも、本来やりたいことは問題解決です。問題というボールを投げあうことではありません。問題とは現実と理想のギャップであり、顧客は現実と理想の間にギャップを感じているから、私たちに発注頂いているのです。問題解決本は腐るほど売っていますが、そもそも「問題」というのは何かという問題発見能力が重要であり、それをテーブルに並べさえすればそこから時が動き出します。問題を解決することは難しくはありません。何が問題なのかを発見するのがずっと難しいのです。

[スーツ論]スーツのお仕事は「問題 VS わたしたち」の構図を作ること(2008年2月21日 GoTheDistance

 だが、往々にして、顧客と対峙してしまったり、チーム内において、自分の敵を問題ではなく他の誰かに設定してしまう輩がいる。

 そんなときは、白板を。全員で白板を向きながら、誰かに対して発言するのではなく、白板に書き出された問題・課題に対して発言をする。「問題vsわたしたち」の構図を作りやすくする小技。

SDHC
フルスペル:SD High-Capacity
読み方:エスディーエイチシー
別名:SDHCカード,SDHCメモリーカード

SDHCとは、SDメモリーカードの上位規格で、数GBから数十GBの大容量データが記録可能なメモリーカードの規格のことである。2006年1月にSDアソシエーション(SDA)によって規格化された。

従来のSDメモリーカードはファイルシステムにFAT16やFAT12を採用しており、記録容量が最大2GBであったが、SDHCではファイルシステムにFAT32を採用したことによって2GB以上、最大32GBまでの大容量が実現可能となっている。また、データの転送速度も高速化されており、2MB/秒、4MB/秒、6MB/秒をそれぞれ最低保証速度とする性能区分が設けられている。

SDHCのサイズは従来のSDメモリーカードと同じ(縦32mm×横24mm×厚さ2.1mm)である。SDメモリーカードに対して上位互換性を保っており、SDHCに対応する機器でSDメモリーカードを使用することができる。逆に、SDメモリーカードにのみ対応した旧来の機器でSDHCを扱うことはできない。

IT用語辞典バイナリ」より

 東芝の4GB、Class 6が約4,500円。ってすげえ。Mバイト単価がほぼ1円じゃないか。
 ムーアの法則万歳。

 で、こんだけ安くなった恩恵を享受するために、ノートPCで、モバイルしないときは使っていないPCカードスロットに変換カードを介してつないでみたらどうだろう。
 ReadyBoostできるかな?とりあえず衝動買いして、やってみます。

マイクロソフト、開発ソフトを学生に無料提供

 明日(米国時間2/19)、スタンフォード大学での講演でビル・ゲイツは、マイクロソフトの開発ソフトの大部分を大学生に無料提供するプログラムを発表する。

 今朝に引き続き、MSの「感慨深い」新たな動き。大学生に対して、というところがニクイ。某ファーストフードがまず子供に味を覚えさせる、という話と似ている。