SDHC
フルスペル:SD High-Capacity
読み方:エスディーエイチシー
別名:SDHCカード,SDHCメモリーカード

SDHCとは、SDメモリーカードの上位規格で、数GBから数十GBの大容量データが記録可能なメモリーカードの規格のことである。2006年1月にSDアソシエーション(SDA)によって規格化された。

従来のSDメモリーカードはファイルシステムにFAT16やFAT12を採用しており、記録容量が最大2GBであったが、SDHCではファイルシステムにFAT32を採用したことによって2GB以上、最大32GBまでの大容量が実現可能となっている。また、データの転送速度も高速化されており、2MB/秒、4MB/秒、6MB/秒をそれぞれ最低保証速度とする性能区分が設けられている。

SDHCのサイズは従来のSDメモリーカードと同じ(縦32mm×横24mm×厚さ2.1mm)である。SDメモリーカードに対して上位互換性を保っており、SDHCに対応する機器でSDメモリーカードを使用することができる。逆に、SDメモリーカードにのみ対応した旧来の機器でSDHCを扱うことはできない。

IT用語辞典バイナリ」より

 東芝の4GB、Class 6が約4,500円。ってすげえ。Mバイト単価がほぼ1円じゃないか。
 ムーアの法則万歳。

 で、こんだけ安くなった恩恵を享受するために、ノートPCで、モバイルしないときは使っていないPCカードスロットに変換カードを介してつないでみたらどうだろう。
 ReadyBoostできるかな?とりあえず衝動買いして、やってみます。