東芝、HD-DVD事実上撤退へ・ブルーレイ勝利

 東芝が「HD―DVD」規格の新世代DVDから事実上撤退する見通しになった。ソニー陣営の「ブルーレイ・ディスク(BD)」との規格争いで劣勢に立たされ、事業を抜本的に見直す方針を固めた。これにより電機業界を二分してきた新世代DVDの標準規格争いは、BD方式の勝利で決着することになる。

 東芝は事業の見直し策としてレコーダー(録画再生機)の販売を中止してプレーヤー(再生専用機)などに特化する案や、販売不振の日本と米国から撤退して欧州市場に専念する案の検討に入った。週内にも決める。完全撤退も「選択肢の1つ」(東芝首脳)という。

 前にもこのあたりで書いたけど、デファクトになったBDはこれから凄まじいコモディティ化への競争を強いられるだろう。
 映像に関して言えば、VOD & Pay-per-viewでHDD保存、ってのがこれからのメインストリームではないのか?
 コモディティ化してくれるとアーカイブ用途として活用できる可能性が高くなるので、ありがたいけどね。
 Sonyが陣営にいてデファクトとれたのは初めてと言っても良い感じなので、頑張ってほしい!