公式HP(オリジナルドメインではないことにちょっと違和感)
IMDb
日本語Wikipedia(ネタバレ注意)

 通常スクリーン(字幕)とIMAX 3D(字幕)で鑑賞。ナンバリングではなく外伝だが、一部ではスターウォーズ史上最高傑作という声もある今作。観た感想としては「そうかも」。そしてほぼ確実にエピソード4~6をまた観たくなる、特にエピソード4は今作によって面白さが増したどころか、物語の深みまで増してしまった。

 いつものルーカスフィルムロゴから「Long time ago…(遠い昔遥か彼方の銀河系で)」で映画は始まるのだが、そのあとすぐに流れるタイトル&オープニングテーマとテロップが流れるところはなし。暫く導入部の物語が進んだ後、主人公ジン・アーソの育ての親となる、ソウ・ゲレラの印象的な台詞に続いてタイトル&オープニングテーマ。外伝だから意図的にパターンを変えたんだろうね。スターウォーズらしくないのだが、自分的にはこの始まり方は好きだな。それにしても今作は、音楽がとても良い。

登場キャラ・・・ほぼ全員かなりキャラが立っていて、いいね。個人的には孤高の反乱軍戦士ソウ・ゲレラと帝国軍脱走パイロットのボーディー・ルックを掘り下げるエピソードがもう少しだけほしかったところだが。

登場メカ・・・文句なし。エピソード4~6のあの直線的フォルム&モノトーンなメカ達が大好きで、1~3のカラフルな感じにちょっと違和感があっただけに、7が公開されたときに4~6の流れを汲むメカを観て少し溜飲を下げることができて良かったのだが、今回は4の直前の物語ということで、4~6で出てきたメカがこれでもかという位そろい踏みで、特にAT-AT大好きっ子としては、戦闘の最中に、盲目のチアルートが振動音で何らか驚異を感じて色めき立ち、その後にドーンと足が出てくる登場シーンはちょっと鳥肌ものであった。

ストーリー・・・素晴らしい4へのつなぎ。4でなぜデス・スターがあんなチンケな弱点を抱えていたのかというご都合主義までちゃんと説明つくようにしているところが素晴らしい。
 今作は4の直前の時代なだけに、ジェダイはひとりも出てこない。故にライトセーバーでのチャンバラはなし。と思わせといて、最後の数分間でダース・ベイダーのライトセーバーが炸裂。暗闇に光る赤いライトセーバー、これは圧巻というほかない描写。
 そして本当に4が続けて上映されるんじゃないかというくらいの流れで、エンディング。
 キャリー・フィッシャーさん急逝を悔やみつつ、エンディング直前に出てくるレイア姫、良くここまで再現できたな。

 全編においてスターウォーズへのリスペクトに満ちていて、キャラも画も音楽もきっちり作られていて、お約束の破り方も絶妙。そして何より、1977年に公開された初代作品の質まで高めてしまうという離れ業をやってのける。冒頭で書いたとおり、確かに最高傑作かも知れないな。
 これ、ディズニーが味を占めて外伝乱発にならなきゃいいけどという余計な心配まで頭をよぎるね。

日本語HP(公式)
日本語Wikipedia

 もはや完全に巨匠と化しているクリント・イーストウッド監督作。
 イラク戦争で伝説となった、アメリカ海軍の特殊部隊ネイビー・シールズ所属の狙撃手である故クリス・カイルの自叙伝が原作。

 内容はタイトルから想像できる通り戦争映画だが、明暗同居しながら淡々と進む、安心と信頼のいつものイーストウッド。モデルとなったクリス・カイル氏が元軍人に射殺されるという衝撃的な事件もあり、全米で議論沸騰、戦争映画の興行収入記録更新、アカデミー賞総ナメ観測と、ドラがたくさんついた数え役満状態の作品である。

 主演のブラッドリー・クーパーは完璧な役作り。ってかもう本人じゃないすかこれ。流石、自ら映画化権利を取得しただけのことはあり。実際に故人の妻から本人降臨と言われたらしい。
 妻役のシエナ・ミラーは、ブラッドリー・クーパーにかなり引っ張られた感はあるけど、まあ及第点かな。

 善悪の描き方に関しては、比較的フラットではあるけれどスピルバーグだったら挿入しがちなイラク側視点のエピソードなどは殆どなく、どっちかと言えばアメリカからの視点ばかり。このあたり批判の的となっているようではあるが、戦争そのものや、戦争になるプロセスについて描いた映画というよりは、軍人であり父親であるクリス・カイル氏を一人の人間として描いた作品であるので、そこに注目して鑑賞するのがよろしい。

 作中で、いわゆるPTSD(心的外傷後ストレス障害)のシーンや、手足などを失うなど重度の障害を受けて退役した軍人達のその後が描かれるが、あまりに淡々と日常的な一コマとして描かれているので、逆に深刻さが突き刺さる。

 何というか、盛り上げる音楽もなければ、気の利いた台詞もなく、カメラアングルも比較的シンプル、なんだけど、それが逆に強烈に焼き付くのだよね。

 観る人の感性次第で刺さり具合が大きくブレるのがイーストウッド映画のいやらしいところであるが、主人公を英雄化するとか、戦争を正当化するとか、そういう表面的で単純な話ではなくて、むしろ一人の愛国的なアメリカ人が、どのように戦争にのめり込んでいき、そしてどのように心を蝕まれていくのかを淡々と描いた、まさに伝記的であり、ドキュメンタリー的な映画なのである。

 ラスト。クリス・カイル氏が殺されるシーンはなくて、テロップだけです。
 最後にさらっと後日譚をテロップするこのパターン、割とこの監督多いのだけど、これは遺族に小さなお子様がいることを配慮してのものだそう。

 印象的なのはその後に続く映像で、クリス・カイル氏の亡骸を乗せた車列が大通りを走る。沿道や歩道橋から星条旗を振ったり敬礼したりして見送る市民や軍人。実写。

 そして地元の人気フットボールチーム、というかアメリカズ・チームと呼ばれ、アメリカの象徴的なスポーツのなかでさらに象徴的なチームであるダラス・カウボーイズのホームスタジアムであるAT&Tスタジアムでの告別式の映像。これも実写。
 エンドロール。無音。

 故人への追悼と遺族への配慮、人間イーストウッド節が炸裂。泣かせます。実際、完全にネタばれだけど、このラスト観たら、分かっていてもじわっと来るよ。

日本語HP(公式)
日本語Wikipedia(超ネタバレしてます注意!)

 小説原作を、古くは「セブン」、最近だと「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」や「ソーシャル・ネットワーク」なんかを撮った監督、デヴィッド・フィンチャーが映画化。

 俳優陣はというと、

  • ベン・アフレック・・・妻が失踪した不幸な夫か?あるいは妻を殺した張本人なのか?ということなんだけど、アメリカのクソ田舎にいるノンキで人の良いあんちゃんオーラがハンパない(割とどの映画でも!)ため、ある意味、この配役に適任なのか、あるいは。
  • ロザムンド・パイク・・・失踪する妻の役。この映画はこの人のおかげでストーリー以上の怖さが倍増してるね。いろんな賞を取りまくってるみたいだが納得。この人の演技がどう良いかを書くと即ネタバレにつながるので、あまり書かないことにするが、このオネエチャンの演技を観るだけでも、この映画の価値の半分くらいはありそう。
  • ニール・パトリック・ハリス・・・妻の学生時代の同級生。この人は、大好きな映画で円盤がすり切れるほど観たスターシップ・トゥルーパーズにチョイ役で出てきて以来、あまり映画では見かけなかったのだが、やっぱり今作も引き立て役だったし、役へのハマり方もテンプレすぎて、ちと物足りない。もっと突き抜けた感じの演技がほしいところ。
  • キャリー・クーン・・・夫の双子の妹役。まったく知らない女優ですが、意外といいんだなこれが。
  • キム・ディケンズ・・・刑事役。手堅い演技です。

 ほかに、弁護士とか、メディアで妻の捜索を呼びかける展開なのでメディア関係の人とか、色々出てくるのだが、だいたい無難な感じなので省略。

 映画の内容といえば、ミステリーというよりサスペンス的な展開であり、セブンほどではないにせよ割とどんよりする鬱ラストなのだが、この手のストーリーはこの監督の得意分野という感じ。

 小説は未読なのでどのようにアレンジしたかは分からないが、映画の展開上、途中で読めてしまう感はあり、ちょっとダレ気味ではある。しかしドキドキ感は減衰しないまま最後まで楽しめるテンポ。ラスト近辺で途中のダレを一気に引き締める見せ場が到来。撮るのは上手いよねやっぱり。

 この映画は、映像と音が秀逸である。川の描写なんて画を観ただけでミスティック・リバーなみに鬱を感じるし、ラスト近辺の見せ場を盛り上げる効果音など、音の使い方が王道でよろしい。

 冷静に考えると?なところも多々あるのだが、映像と音響を駆使した監督の力量と、ロザムンド・パイクの突き抜けた演技で、ミステリー・サスペンスとして成立させてしまうイキオイを感じる映画である。