株主の端くれでもあり、アフィリエイトもちまちまと貼ってのチラ裏ポジショントーク。

 まずは「ニンテンドーラボ」発表時の感想。

 「ニンテンドーラボ」は任天堂が開発・発売した携帯&据置の両用ゲーム機「スイッチ」と組み合わせて、知育玩具として遊ぶことのできる商品である。

 ここから長めの前置きを。
 そもそもスイッチについて、最初に発表されたときには、正直なところさほど興味は持っていなかった。
 任天堂のゲームハードは遠い昔、小学生の頃にファミコンにハマったきり、それ以降はWiiや3DSも含めてたまに他人の計らいで遊ぶことはあっても買ったりハマったりすることはなかった。

 心変わりして、やってみようと思ったのは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が発売され、海外のメタスコア高得点(リンク先音が出ます注意)を叩きだしたことが報じられてからである。

 年代的に、ウィザードリィウルティマといったところからゲームが好きになった経緯があるせいか、その後もどちらかと言えば海外ゲームのほうがしっくり楽しめる性分である。そのような嗜好ゆえに、海外のゲーム業界における評価については感覚が合っているような気がしている。
 その海外評価のスタンダードであるメタスコアで歴代でもトップレベルの高得点を獲得したのみならず、日本のAmazon商品コメントにも、数々のゲームマニア達による、単なるゲーム評価コメントとは思えないような言いようのない衝撃とか感動を綴ったものが散見された。

 これはやってみる選択肢しかないな、ということで、スイッチ本体の売り切れ続出で入手困難であるなか、転売から買うことを何とか回避し、任天堂ネット直売でハード・ソフトともども入手して、遊んでみたわけである。

 はたして、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は申し分のない出来映えであった。
 このゲームの評価については既に様々な媒体で様々なものが出ており、ここでは細かく言及しないが、大雑把に短く言えば、オープンワールドという現代ゲームの潮流のひとつをこんなにも上手く料理しつつ、それでいてリアリティ至上主義ではない「ザ・任天堂のゲーム」という「らしさ」を見事に融合している、というところだろう。

 そんななか、スプラトゥーン2やマリオオデッセイなどの大作が次々と発売されつつ、時は過ぎて、ニンテンドーラボの発表があった。

 発表動画を観て、軽く衝撃を受けた。それが記事冒頭に引用した自己ツイートである。
 これは売れるし、色々な可能性が広がる予感しかしなかった。

 そしていま、ニンテンドーラボの発売後、発表のとき想像したとおりに、かつ、おそらくは任天堂の思惑通りに状況が推移しつつある。

 何がすごいかを、列挙してみる。

・極力「大人が介入」せずに子供が「作り始める」ことのできる導入の気遣い

・その結果、子供が「自分で作ることが出来た」喜びを体験できる。親をはじめ周りの大人達もその感動を共有する

・子供達が大好きで、かつ主たる活動でもある「遊び」から「論理的な思考」「プログラミング的な思考」の一端を学ばせることができる。まさに現代の潮流の王道、直球ど真ん中の知育玩具である

・作ってみたものをSNSで見せる行為を通じて、共感の輪が拡がったり、「それなら自分はこうしてみよう」といった気づきや閃きの拡がり、共鳴のような事象が起きる(事象を起こす)

 Twitterにおける #NintendoLabo#ニンテンドーラボ には全世界で「作ってみた」動画や画像が流れてくる。

 「作る」「遊ぶ」「学ぶ」「見せる」そして「自分で独自に改造する」といったおよそ知育に必要な基本要素を全て兼ね備えたうえに、SNS時代に完璧にマッチした「動き」や「見た目」で楽しめるという要素までも持ち、主な原材料は子供が遊ぶのにも大量生産にも適したダンボールである。

 そして、さらに驚いたのはこれである。


 まさにこれこそ任天堂「らしさ」だろう。神は細部にもしっかりと宿っている。

 当然ながら、モチベーションを継続する仕掛けも用意されている。


 いずれ日本や他の国でもこうした関連イベントが頻繁に行われるだろう。

 今後、第二弾、第三弾というふうに視点の違った応用商品を打ち出してくることも予想できる。

 冒頭の「ゼルダ」は書いたとおり素晴らしいゲームである。
 しかしその素晴らしさはあくまで従来型の「ゲーム機で遊ぶゲームソフトウェア」としての素晴らしさである。

 ニンテンドーラボによって、スイッチはもう従来型の単なるゲーム機ではなく、ゲーム機にもなる別の「何か」というべきものになった。

 任天堂の底力をまざまざに見せつけられたというほかない。

 2018年1月の印象的な出来事をメモ。

 重大度1位はなんと言っても Coincheck でしょう。年明けから割と濃いのがきたねー。
 コトの経緯については、piyolog さんのまとめが客観的でかつ詳しい。

 Coincheckで発生した暗号通貨NEMの不正送金事案についてまとめてみたpiyolog

 マウントゴックス 再び。金儲けを優先しセキュリティ対策を後回しにしてたら泥棒に入られたと。改めて詳細を見聞すると、たしかに取引金額にふさわしいセキュリティではないわな。
 仮想通貨の裏付け技術であるブロックチェーンに対する信頼性と、乱立する取引所のセキュリティは分けて考える必要があるとは言え、そもそも仮想通貨の価格決定プロセスがね。現状は客観的な指標値がほぼ何もないに等しいように見えるので、今がバブルなのか、ピークアウトしたのかどうかなど、売り時も買い時も株以上に分かりづらい。
 日本国も、現状の泳がせ気味な感じを改めて、もう少し堅実に育てる感じで介入してほしいところだ。制度面も含めたシステムの堅牢性がもう少し高まったように見えてきたら、どこかでお試し参入してみようかなと思ったりしているが、果たして。

 まずは、コレがちゃんと行われるかどうかが、今後を占う分水嶺ですかねー。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について(2018年1月28日)

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

  • 総額:5億2300万XEM
  • 保有者数:約26万人
  • 補償方法:NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
  • 算出方法:NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
  • 算出期間:売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
  • 補償金額:88.549円×保有数
  • 補償時期等:補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 根拠はないのだが、いまの世の中の雰囲気や、事の起こるタイミング的に、コレを思い出す。もし金が返せないとなってくると、金を突っ込んだ方々の素性次第では、ねえ。

 「VALU」について、ネットに散らばる記事をメモ。

VALUとは何か?【すごく分かりやすく説明してみた】 (2017-07-07「それ、僕が図解します。」)
#漫画形式で解説している。とても分かりやすい。

「個人が上場できる」と話題のVALUは「マネーの虎」である。 (2017-07-20「シェアーズカフェのウェブログ」)
#VALUの概念を、アナロジーを用いながら解説。

「VALU」が開始から2か月で日本の株式市場を超えた理由。 (2017-07-25「シェアーズカフェのウェブログ」)
#上記の続き。VALUには可能性と危うさが同居。

VALUと初期のmixiは似ている。 (2017-08-01「シェアーズカフェのウェブログ」)
#確かに、mixi黎明期に通ずるワクワク感みたいなものをVALUにも感じる。記事の最後で言及している「様々なリスクがあるものの、VALUは注目され拡大しつつある。「分かっていない人」が増えたときにVALUはどのように変化するか、今後も注目したい。」という部分で、とんでもない事件が起きてしまうのだから、やっぱり「これぞインターネット」だったね。

ヒカルが「VALU」で詐欺行為?!炎上している理由を詳しく解説 (2017-08-16「ひまつぶし速報」)
#いわゆる「ヒカル”VALU事件”」である。

VALUは投資として考えれば買い手にとってゼロサムですらない完全マイナスサムゲームだよというお話 (2017-08-16「この夜が明けるまであと百万の祈り」)
#「問題なのは、ただの投げ銭システムが、あたかも投資市場のようなふりをしていることです。」「今まで儲けた人はもうそれでいいから、そろそろ本来の投げ銭システムとしてやりませんか?」マイナスサムの指摘はまあ分かる。しかしまあ、ただの投げ銭じゃないところが、それこそ「VALUの価値」だと思うのだが、事件事故を防止するためにもっと堅牢な仕組みが必要なのだろう。

VALUについての弁護士 吉峯耕平さんの見解 (2017-08-16「Togetterまとめ」)
#「個人の価値を裏付けにした何らかの金融資産(的なもの)を創出し、市場売買に委ねるというアイデアいいとして、そのためには、発行者個人に何らかの義務を負わせることが必須であろう。「優待があるかも」という程度では足りない」だろうけど、売買時点ではこの世に存在していないモノ・コトに対して、どのような義務を負わせることが出来るのか、難しい気もしてくる。

ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)及び井川氏に関する対応について (2017-08-17「VALUヘルプセンター」)
#事件を受けての公式アナウンス

YoutuberヒカルさんのVALU事件、いろんな方面に延焼中 (2017-08-18「やまもといちろう 公式ブログ」)
#まあまあオオゴトだよね的な。当局も、網のかけ方を間違えると被害者救済にならないどころか、フィンテック界隈やクラウドファンディング界隈など、評価経済的な各種プラットフォームにおける将来の可能性までごっそり削いじゃうことになりかねないから大変そうだね。

VALUをめぐるやまもといちろうさんと小飼弾さんのやりとり (2017-08-19「Togetterまとめ」)
#VALUでやりとりされるVAは金融商品なのかそうでないのか、その議論に絡んで、課税はどうなるのか。VAは円で直接買われるのではなくビットコインで取引されるので、余計にややこしい問題。

【YouTuberヒカルVALU騒動】 今後のサービス発展に必要な規制とは (2017-08-19「Yahoo!ニュース」)
#やっぱ今の仕組みのままでは危ねーよ的な。投資家保護に関する規制を整備する必要があるでしょ的な。

YouTuber「ヒカルさん」大炎上でVALU越しに見るネット著名人ビジネスの限界 (2017-08-20「Yahoo!ニュース」)
#やっぱ今の仕組みのままでは犯罪の温床になりかねないんじゃないの的な。フィンテック界隈は今後もこれに類する「脱法ハーブ的な」騒動・問題が起こり続けるんだろうなと。まさに過渡期だね。

独占取材「YouTuberヒカルVALU大炎上」の舞台裏 VAZ社 森代表インタビュー (2017-08-21「BUSINESS INSIDER JAPAN」)
#悪気はなかった、こんなことになるなんて思わなかった的なことを言っているが、少なくとも脇が甘すぎたね。

信頼にはカテゴリがある (2017-08-24「F’s Garage」)
#ネット上で見えている人の側面はあくまでその人の一部であって、その一部が信頼に足るからといっても、まったく別の一面においてその人を信頼できるかどうかは分からないという話。人の信頼なんてのは、インターネットに限らずリアル社会でも相互の間にあるコンテキスト毎に異なるので、昔からあると言えばある話だし、ヒカル事件にしても、用いられた手段・仕組みが新しかっただけで、構造は古くからある「おいしい話で金集めてドロン」的な話だよね。

「VALU」やめました やめるのは、とても大変でした (2017-08-04「ITmedia NEWS」)
#ご苦労様でした。

Valuはもうダメだ。しばらくやめろ。 (2017/08/21「ふくゆきブログ」)
#VALUでの取引で利益が生じた場合、現状では法的・税制的にグレーなので、後出しじゃんけんで納税が生じるリスクがあるぜって話。しかも税務署の取り立てはシビアだぞっていう話。

 自分自身は登録していないし、登録申請する意思も予定も当面はないが、可能性を感じるプラットフォームであるだけに、健全な方向に発展してほしい気持ちもあるが、初回のやらかしがドデカいだけに、今後どうなるかね。

 以下、いつも楽しく読んでいる「市況かぶ全力2階建」の関連記事。本質を突いて、かつ上手いこと言ってるコメントが多くて笑ってしまう。

人間関係現金化フィンテックの「VALU」、人気ユーチューバーの自爆テロで新たな情弱ビジネスとして知名度高まる
マックスむらいのAppBank、「VALU」自爆テロ炎上ユーチューバーとのコラボ開催プレスリリースで笑いを誘う
人間関係現金化フィンテックの「VALU」、深夜2時56分の火消しプレスリリースで未上場ながらクソ株の階段を一歩登る
所属ユーチューバーが「VALU」で大炎上のVAZ、お詫びのプレスリリースで火に油
人間関係現金化フィンテックのVALU、炎上ユーチューバー構成員とVAZへ全ての責任転嫁を決定

2017-10-03 追記:

 一回仕切り直しして、投機が起きないようにいろんなルールをちゃんと作った方がいいのではないか。
 そのうえで、優秀だけど注目されてない人とか、大きなことをやろうとしている人とかにお金が回るような仕組みが出来ればいいんじゃないでしょうか。
 ただ現状、イメージが悪くなりすぎたのでここを乗り切れるかどうかは、かなり微妙なところかなという感じです。
人気ユーチューバーのインサイダー騒動も…「VALU」はどうなるのか? (2017-09-25)

 「今のVALUの動きを見ていると、結局は有名人が、自分が有名人であることを現金化してしまっているような印象がある。これに限らず最近よく言っているのは、弱肉強食の社会になって、口先三寸なやつだけが勝っちゃうのはよくないよねっていう。たとえばそうじゃなくて、コミュ力は低いんだけど黙々と仕事をしていて、周りの人間が『あいつはやっぱり凄いよね』と言うような人に、どうやってうまくお金を還流するか、っていうのが重要じゃないかと。その議論でいくとVALUはどうなんですか?」
 この質問に対して、小川さんはその問題を認識していることを率直に認めた上で、有名人がまだ名の売れてない人を支援するというのもあるんじゃないでしょうか、と付け加えた。
 「たとえば佐々木さんが僕のVAを買ってくれて、『僕は小川を応援してます』と言ったら、それって今のスタートアップと同じような関係性になるので、別に悪いことではないと個人的には思っています」
VALU問題に思う“Twitterフォロワー数が多い人だけが勝つ世の中”でいいのだろうか – 佐々木 俊尚(2017-09-09)

小川:
VALUから何かを「こうしてください」とお願いしたことはないです。一般のユーザーと同じように「アクティビティを頻繁に更新するといいですよ」などといったアドバイスはしていました。
中村:
「企業同士でつるんでいた」「黒幕は誰なのか」ということがネットなどで騒がれているようですが、陰謀などはまったくないんです。
(中略)
佐々木:
こういうことが起きると想定はできなかったんですか?
小川:
若干の想定はしていた。どちらかというと情報商材的に使われるかもしれないというリスク懸念はあったが、一気に自分の信用を崩すような行動をとるのか、という点に関しての知見は甘かった。
VALU代表が語る。“YouTuberヒカル騒動”の真実(2017-09-17)

まあ、結論はだいたい同じ。

 いまネットで話題になってる「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」とその反応について。

 さすが受験戦争を勝ち抜いてきた官僚の皆さん、スライドの絵面、字面を整えるのは上手いよね。経済産業省としてこれを公表したことにも、意欲は感じられる。
 ただ、内容については・・・いろんな人達が既にネットで意見や感想を述べられているように「まだこの段階の話をしていたのか」がまず浮かんだ率直な感想。

 自分の想像としては、こんなことはとっくに各種統計データが分析され、議論もされて、この資料で述べているような総括もされて、今日のような社会の姿になってしまったのは何が問題だったのか、じゃあ問題を解決するためにこれから具体的にどうするかっていうことまで考えられているんだけど、色々な組織や過去のしがらみで提起しきれない、政治の壁で実行できないでいる、っていうのだったんだけどなあ。
 せっかく勉強してきたアタマを使って「2度目の見逃し三振はもう許されない」ドヤァ上手いこと言ったよね!とかやってると思うと、ちょっと寒いね。今年の夏は猛暑らしいけど。

 最初に述べたように経済産業省としてこれを出すって決めた時点で、色々批判を浴びることは覚悟の上でやっているのだろうから、このあとどうするかだよね。せっかくネットでも色々な意見・批判や罵詈雑言が出てきたのだから、それを吸い上げ取捨選択しつつ、自分たちの認識が遅れていたり間違っていたところは改めて、具体的解決策立案のほうに早く移行してほしいよね。

 ただ官僚は失敗ができない、失敗と認められないという組織的問題があるので、大きな戦略・戦術の変更はなく、ほふく前進継続なんだろうな。オレは貴方たちの作ったスライドでは「昭和の人生すごろく」をやってることになっている1970年代生まれでアタマは良くないけど、出る杭にはなったぞ。それなりに打たれたけど。経産省の若手の皆さんこそ、もっと出る杭になってほしい!何やったって批判する奴はいる。貴方たちは人気投票の結果でクビにされたりするわけではないのだから、正しいと思うことをどんどん進めてみて、上手くいかなきゃ何が間違っていたのかを切れるアタマで徹底分析し、修正すりゃいいじゃん。大事なことはサイクルの回転を速くすることだと思うね。

以下、反応の拾い読み。

「時代遅れのエリートが作ったゴミ」発言者に訊く!若手経産官僚のペーパーに感じた違和感とは。
#大上段から唐竹割りですわ。仰るように国や行政に箸の上げ下げまで心配されなくても良いわ!とは思うけど、それは自分が箸の上げ下げくらいは出来てるから言えることでもある。ステレオタイプに言うと、小さな政府で自由主義ってことになっちゃうのだろうけど。

経済産業省の次官・若手レポートとその反応を読んだ勢いで書いた雑文
#「これってMETIに限らず、役所が問題提起しちゃ、本当はダメな内容ですよね?では誰か。それは「政治」です。」そうですね。行政が自ら判断して実行に移したら暴走になってしまうのは理解します。過去はそれで戦争になったようなものだしね。だけど、問題提起とか「オレ達はこんな解決策を考えたぞ!」っていうところまでは、逆にどんどん公表して、政治家に理解させ議論させ判断させる材料は増やしたほうが良いと思うのですよね。問題提起や政策・施策の立案は政治の役割であって、行政はあくまで実行部隊である、という建前は分かるけども、じっさいはそうなっていないじゃない?建前の保持を頑張りつつ裏で官僚が国民に知られないようにひっそりと誘導したり骨抜きにしたり一部の政治家とつるんだり、っていうより、政治家と官僚が公の場でガンガン議論しつつ、SNSなどで有識者(国民)がガンガン横やりを入れつつってのが21世紀的で良いような気がするのですがね。

経産省「次官・若手ペーパー」に対する元同僚からの応答
#「力ある者が真面目な気持ちで危機を煽るとき、力なき者は自分の立っている地平を見失ってはならない」イヤほんとにそうですね。経産省スライドで書かれている「どんな人生の最期を迎えたいですか?」という問いかけは「あ、もしかして経済発展に寄与するようなことしてないけど社会保障にはガッツリただ乗りを続けようと思ってます?」に聞こえてきて、経産省の若手がそんなこと言い出してるのが、ちょっとコワくなってきたぞ。

経産省「次官・若手ペーパー」に対するある一つの「擬似的な批判」をめぐって
#最初に引用した渡瀬裕哉氏の記事を読んで「その通り!」と全面同意した方は、こっちも是非読むべき。掘り下げてます。

経産省若手官僚レポートは、ズルい 霞が関ポエムに踊らされてはいけない
#こちらもがっつり踏み込んでの、酷評です。「何が間違っていたのかを論じないまま、社会の問題を断じるのは卑怯である」これにつきるな。本当にアタマの良い奴の特徴は、謙虚で、自分の間違いを客観的かつ速やかに認めてどうすべきであったかを理解するですよ。

選択肢を理解する――経産省、若手・次官プロジェクト資料について
#だんだん話がアカデミックになってきた。社会学の見地からの論考。「おそらくこの資料に対する最初の賞賛的な反応の理由は、「AではなくB」という主張が明確に打ち出されたことにあったのだと思う」この点は仰る通りで、議論の入り口としてアリな資料だとは思いますね。だからこそ「Bと言うのであればそれを実現するための具体的な施策案をどんどん出して」と言いたい。それこそ社会への影響がどうなのか、実効性があるのかどうか、については有識者や専門家がまたそれを読んであーだこーだ言えばいいわけだし。

鈴木謙介氏の整理に沿ってーー経産省「次官・若手ペーパー」論(3)
#アカデミックでかつ、テクニカルになってきた。もうAとB-1~B-4の境界線の認識も混乱してきた。ただひとつ思ったのはB-1にある「セーフティーネットの拡充」っていうのは決して国家の歳入だけを頼りにやらなくてもNPOなどの市民社会活動をもうちょっとブーストかける政策でできないものかなと。詐欺や資金洗浄の温床になるようなアラが増えてはまずいけど、例えば企業に勤める人が副業で社会のセーフティネットになるようなNPO活動をしたらその収入は税金控除するとかさ。でもって、そうした社会貢献の副業を認めている企業は社員の活動実績に応じて何らかの税制優遇があるとかね。アメの設定の仕方次第で、民間企業なんてそれこそ利益がほしいわけだから機敏に動くと思うんだよね。

世代間対立は天唾。自分が70を過ぎた時に何を望めるんだろうか
#「どんなに詰めが甘くても議論の輪を広げることが重要だ。やるべきだと明らかになったことから、施策に落とし込む方法はいくらでもあるのだから」「長い目でみれば誰もが歳を取るのだから、老人批判なんか天に唾する行為でしかない」ですね。

 自分の仕事から目を背ける程度には興味深く追っかけることが出来た。この手の議論に終わりはないと思うのでまた興味深い反応を見つけたら都度追記をすることにして、いったん昼飯でも食うか。ああ、仕事を午後に寄せてしまったのは失敗だが、読みふけってしまったものは仕方がない。

 ソニーが31日発表した9月中間連結決算は、最終赤字が前年同期の165億円を大きく上回る1091億円となる大幅赤字決算となった。通期業績見通しは秋に修正発表した最終赤字2300億円を据え置いた。

 携帯電話事業だけで1720億円の営業損失を出し、ゲームやカメラなどの黒字事業の足を大きく引っ張った。

 中間決算の売上高は6.5%増の3兆7114億円、営業損益は前年の494億円の黒字から157億円の赤字に転落した。
ソニー、中間決算は最終赤字1091億円に 携帯事業の損失1720億円

過去のシガラミとか色々あるにせよ、コモディティ化することは明らかであったスマホに変な肩入れしすぎたことについては経営判断の問題と言わざるを得ない。