メール破産というのに共感しつつも、最近メーリングリストやメルマガを整理して、このところ、けっこう「メール治水」ができてきたな!と思ったのもつかの間、実はRSSフィードリーダーに登録したフィードの数が増加し続け、今度はRSSフィードの未読にさいなまれる日々。

勝手に送りつけられてくるものも多く混じっているメールの類と違って、RSSフィードは100%自分で選択した結果であるだけに、心理的には、メールマガジンの類のように手軽に未読のままポイ捨てしづらく、結局は読んでしまう。

メールとRSSフィードを封印したら、ものすごく仕事がはかどることを確信しつつ、何かにつけてRSSリーダーをチラ見してしまい、少しでも興味が引かれると結局はPC画面にかじりついてしまう。

これは依存症と言っても差し支えないかも知れない。

それにしても、情報の取捨選択をしてRSSフィードリーダーに登録したにも関わらず、その登録データを更に選別しなくてはならぬ事態というのは、我ながら情報過多を痛感する。

整理整頓。片付け上手は捨て上手。捨てる判断って重要だなあ。

関連記事1:そろそろ、社内メーリングリストはblogで置き換えないか?
関連記事2:メール文化における「存在の耐えられない軽さ」