片山さつき議員の「システムは数カ月でできる」発言に思う(2007年07月09日 ITPro)

 片山氏の「できる発言」,「SEがいない発言」は,社保庁のITがらみの混乱に輪をかけるだけだったのではないか。片山氏は今後,ITに絡んだ話題について発言するのは避けた方がいい,と筆者は思った。ただ,こんな筆者の心配をよそに,システム開発のことを少しでも知る人々は皆「仕方がない」と流しただけなのかもしれない。

 まったくご推察のとおりだと思う。(こうして書いてる時点で「流してない」けど)

 萎えるなあ。こういう発言は。

 いま自分が関係している案件だって、年金システムと比べたら極めて小さなシステムだけど、10ヶ月工期ください!いや何とか7ヶ月で!とかやってるのに。

最適な工期は「投入人月の立方根の2.4倍」、JUASが調査(2007年7月5日 @IT)

 デスマーチ化するプロジェクトの条件の1つは工期の設定が不適切であることだろう。

 まずはJUASさんに官邸と社保庁でセミナーとか開催してもらったほうが良いかもね。

 ちなみに発言者の脳内はこんな感じ。
さつき脳内
 「欲」と「食」とはこれいかに。アベ総理にアピールしてのし上がりたかったのかしら?

 そしてこれが私。これはひどい!
My脳内
 オチがついたところで今日はこのへんで。