Linux上でWindowsアプリを動かしたい。前回はWineで失敗したので、このままWineと格闘してもさらに酔いがまわってしまうと思い、いま旬な仮想化技術で根本的な解決策を講じることにした。

 そっか、WindowsのOSごと動かしちゃえばいいじゃん。いちおうOSライセンス持ってんだし。

 で早速、どれにしようか物色。VMWareがメジャーっぽい。が、Webサイトの見た目が見やすくデザインもすっきりしていて気に入ったという単純な理由でVirtualBoxに決める。
(VMWareはシリアルキーを入手して云々、とか面倒だったことも理由。どっちかというとこっちが主原因かも)

VirtualBox

 Webサイトにはご丁寧にUbuntu用パッケージも用意されているのでインストールは超簡単。

 ただし、/dev/vboxdrvへのPermissionがおかしいので、ログインユーザで読み書きできるように手で修正。

 仮想PC作成はNewボタンでメモリ容量とHDD容量を適当に指定すればOK。CD-ROMをマウントして、WindowsXPのCD-ROMを入れてスタートボタンをクリックすると・・・懐かしいブルーバックのインストール画面が起動する。

 そして例によって全くアテにならない残り時間表示を横目で眺めつつ、インストールを完了する。全てがウィンドウの中で進行しているため、横で他のWebサイトをつつきながら待つ。既に弄び感が全開で、いい感じ。

 めでたく起動しました。仮想化技術万歳。

VirtualBox

 Windows Updateの80個近くのアップデートに疲れて、とりあえず今日はここまで!

Wine glass Newsweekを欠かさず読んでいる。日本版と本国版で記事の内容が違ったりしているのが気にはなるが、日本の週刊誌より興味深い記事が多いため、ずっと前から購読している。

 で、そのNewsweekもインターネット時代の流れに乗ろうとしているのか、少し前からデジタル版というのが出ている。

 紙版の綴じ込みとして、スクラッチで削ると出てくるライセンスコードのようなものがついていて、それを雑誌のオンライン販売サイト「Fujisan.co.jp」で入力することによって電子版が無料で手に入る。

 ここまではいい。

 困ったことに、このECサイトで販売している電子版を読むためのリーダーソフトウェア「Fujisan Reader」というのが、Windows版しかないのだ。

 そりゃないぜ!「Mac Fan」とか「WEB+DB PRESS」とか売っておいてリーダーにMac版やLinux版がないのはどうなのよ?

 で、苦肉の策でWineに手を出すことに。
 WineとはLinux上でWindows版のソフトウェアを動かしてしまおうというコアなソフトウェアだ。

 インストール後、いろいろ試行錯誤するも、どうしても「Fujisan Reader」は動いてくれず。起動時に出る「ライセンスファイルが読めないぜ!」というエラーはmsxml3をnative優先にしたら回避でき、起動まではできたのだが、肝心のNewsweekを読もうとすると画面が真っ黒。かろうじて、文字がレイアウトされていそうな部分に青い線が表示されるものの、その後はどこをつついても沈黙。

 うーん。かくなるうえは、「Fujisan Reader」の原型である「Zinio Reader」を入れて・・・ダメか!

 ついでに、IE6も入れてみる。IE6を使う必然性は全くないのだが、せっかくWine入れたんだから、なんか動かしたい。
 しかし、IE6も無情にNG。(動かしたいという割に一番動かなそうな奴を選んでしまった・・・)

 続いて、秀丸。これもNG。起動まではいくんだけど、キー入力受け付けず。Window枠も出てないし。

 PCの中にインストールしたWindowsバイナリが無惨に散らかっていく。

 やっぱり一筋縄ではいかない。Configおよびネット上にある情報との格闘が必要か。先は長そうだなあ。

 今日はここまで。悪酔いしないうちに諦めて寝よう。