「タカガールデー」2日目。今まで「タカガールデー」は未観戦であったが、今年は機会を頂き初観戦。
 初日はファイターズ中島選手のグランドスラムという超レアイベントにより敗北して迎えたこの試合、何度も言及している「ホークス企画試合は鬼門」が現実となってしまうのかと弱気モードだったが、結果は快勝。やっと溜飲を下げることが出来た。

 武田投手の2試合連続完封、デスパイネ選手のタイムリースリーベース(ファイターズ西川選手の記録にはならないミスのおかげだが)、重圧から解放された内川選手の満塁走者一掃タイムリー、不調モードで打順1番になった松田選手の熱男弾と、頻繁に観戦するファンでもレア度の高い、良い試合であった。

 地味なポイントとしては、塁に出すと色々と面倒なファイターズ西川選手を封じ込めたバッテリー、特に初回で盗塁を刺した高谷捕手が陰の功労者であると思う。
 これまで盗塁死ゼロ、パ・リーグ盗塁王に向けて爆走している西川選手が、変化球に対してスタートして刺されるというのはそうそうあるものではない。そもそもエラーによる出塁であったし、ここで盗塁成功すると武田投手のペースもどうなっていたか分からず、序盤の流れを相手に取られそうな大事な場面であった。

 このあと動揺したのか西川選手、守備では目測誤り、牽制死など、今日は良いところがなかった。
 マスコミの期待を集める清宮選手も3連戦通じて無安打と、忖度なしの結果となった。
 ファイターズは若い選手が多いからか波が激しい。そういう意味では前2試合は波に乗せてしまったワケだが、この試合で一度叩けたのは良かった。
 西川選手や清宮選手を含め、ファイターズ各位にはぜひ次カードのライオンズ戦で爆発してもらい、気持ちよくつぶしあって頂きたい。

スポナビ結果


 敗北。

 清宮選手に打たれないように、警戒しないよりはした方が良いのであるが、いくら清宮選手を無安打に抑えたとしても、中田選手、大田選手、レアード選手という長距離砲トリオに揃って被弾するという失態では全く意味がない。むしろその3人を最大限に警戒し、清宮選手にはHR打たれても良いぐらいの王者の余裕を見たかったが・・・
 打撃陣も、10裏の無死13塁をモノに出来ないというふがいなさである。

 しかし東浜投手の被弾癖はいっこうに改善の余地がない。現状の出来では、カードのアタマは厳しいような気もする。
 そして打撃陣もレギュラー当確宣言の弊害が出ているように思うのだが。少なくとも、そろそろ選手の入れ替えをしてほしい気もする。

 今日から2日間は恒例の企画試合「タカガールデー」であるので、連勝して「やぱり企画試合は鬼門である」ということにならないように奮起してほしい。

スポナビ結果


 祝、通算2000安打達成。
 ヒットと確信できる強烈なライナーが飛んだ時の、球場全体から響く異様な歓声は、今後暫く、耳に残るだろう。

 前日の大宮球場は、雨が降り続き「中止では?というかむしろ(チーム状態的に)中止でも良いのでは?」と思っていたが開催強行となり、怪我リスクも含めて戦前は恐れおののいていたのだが、その懸念を吹き飛ばす千賀投手の素晴らしい好投の末に野手陣も奮起し、勝利することができた。

 そして迎えたこの日の先発は、前回ライオンズ相手に素晴らしい投球をした石川投手。相手の先発はホークス松田選手にオカルト的な弱さを見せている十亀投手である。
 ホークスとメットライフドームは、リーグ優勝を決めるなどメモリアルな巡り合わせが多い印象もあり、何となく内川選手のヒットが出るのではないかという予感もあった。

 このような好条件が整い、かつ現在自分が東京にいるということで、これは行くしかないでしょうということで急遽観戦したわけだが、予感した通り、素晴らしい瞬間に立ち会うことが出来た。

 この日の試合内容は、勝利したことはもとより、石川投手がライオンズ打線を翻弄し、もはや笑いしか出ない十亀投手からの熱男弾(しかも初球失投という。この勝負の間だけ時空が歪んでいるとしか思えない)、上林選手の巡航ミサイルHR、甲斐選手の絶妙セーフティバントで相手エラーを誘っての加点と、ホークスファンとしては大満足の内容であった。
 まさに内川選手の偉業達成に、花を添えてくれることとなった。

 完全にホークス接待試合となってしまったこの日のライオンズだが、ヒットの瞬間や、花束贈呈、試合後のインタビューのときも含めて、大勢のライオンズファンが歓声や拍手を送ってくれていた。

 それにしても、同じ日にファイターズ清宮選手のプロ第1号HRが飛び出すとは何とも言えない巡り合わせだが(さらに中田選手の通算1000安打も)、大勢のマスコミに追い回されながら結果を出す清宮選手に対して、また敵ながら歓声や拍手を送ってくれたライオンズファンに対しても、インタビューや会見などできっちり言及して感謝やリスペクトを表明していた。発する言葉も含めて、本当に味のある、まさに玄人好みの超一流選手である。

 これで重圧も減ったと思うので、またヒットメーカーに戻ってくれることを期待したい。

スポナビ結果

 株主の端くれでもあり、アフィリエイトもちまちまと貼ってのチラ裏ポジショントーク。

 まずは「ニンテンドーラボ」発表時の感想。

 「ニンテンドーラボ」は任天堂が開発・発売した携帯&据置の両用ゲーム機「スイッチ」と組み合わせて、知育玩具として遊ぶことのできる商品である。

 ここから長めの前置きを。
 そもそもスイッチについて、最初に発表されたときには、正直なところさほど興味は持っていなかった。
 任天堂のゲームハードは遠い昔、小学生の頃にファミコンにハマったきり、それ以降はWiiや3DSも含めてたまに他人の計らいで遊ぶことはあっても買ったりハマったりすることはなかった。

 心変わりして、やってみようと思ったのは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が発売され、海外のメタスコア高得点(リンク先音が出ます注意)を叩きだしたことが報じられてからである。

 年代的に、ウィザードリィウルティマといったところからゲームが好きになった経緯があるせいか、その後もどちらかと言えば海外ゲームのほうがしっくり楽しめる性分である。そのような嗜好ゆえに、海外のゲーム業界における評価については感覚が合っているような気がしている。
 その海外評価のスタンダードであるメタスコアで歴代でもトップレベルの高得点を獲得したのみならず、日本のAmazon商品コメントにも、数々のゲームマニア達による、単なるゲーム評価コメントとは思えないような言いようのない衝撃とか感動を綴ったものが散見された。

 これはやってみる選択肢しかないな、ということで、スイッチ本体の売り切れ続出で入手困難であるなか、転売から買うことを何とか回避し、任天堂ネット直売でハード・ソフトともども入手して、遊んでみたわけである。

 はたして、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は申し分のない出来映えであった。
 このゲームの評価については既に様々な媒体で様々なものが出ており、ここでは細かく言及しないが、大雑把に短く言えば、オープンワールドという現代ゲームの潮流のひとつをこんなにも上手く料理しつつ、それでいてリアリティ至上主義ではない「ザ・任天堂のゲーム」という「らしさ」を見事に融合している、というところだろう。

 そんななか、スプラトゥーン2やマリオオデッセイなどの大作が次々と発売されつつ、時は過ぎて、ニンテンドーラボの発表があった。

 発表動画を観て、軽く衝撃を受けた。それが記事冒頭に引用した自己ツイートである。
 これは売れるし、色々な可能性が広がる予感しかしなかった。

 そしていま、ニンテンドーラボの発売後、発表のとき想像したとおりに、かつ、おそらくは任天堂の思惑通りに状況が推移しつつある。

 何がすごいかを、列挙してみる。

・極力「大人が介入」せずに子供が「作り始める」ことのできる導入の気遣い

・その結果、子供が「自分で作ることが出来た」喜びを体験できる。親をはじめ周りの大人達もその感動を共有する

・子供達が大好きで、かつ主たる活動でもある「遊び」から「論理的な思考」「プログラミング的な思考」の一端を学ばせることができる。まさに現代の潮流の王道、直球ど真ん中の知育玩具である

・作ってみたものをSNSで見せる行為を通じて、共感の輪が拡がったり、「それなら自分はこうしてみよう」といった気づきや閃きの拡がり、共鳴のような事象が起きる(事象を起こす)

 Twitterにおける #NintendoLabo#ニンテンドーラボ には全世界で「作ってみた」動画や画像が流れてくる。

 「作る」「遊ぶ」「学ぶ」「見せる」そして「自分で独自に改造する」といったおよそ知育に必要な基本要素を全て兼ね備えたうえに、SNS時代に完璧にマッチした「動き」や「見た目」で楽しめるという要素までも持ち、主な原材料は子供が遊ぶのにも大量生産にも適したダンボールである。

 そして、さらに驚いたのはこれである。


 まさにこれこそ任天堂「らしさ」だろう。神は細部にもしっかりと宿っている。

 当然ながら、モチベーションを継続する仕掛けも用意されている。


 いずれ日本や他の国でもこうした関連イベントが頻繁に行われるだろう。

 今後、第二弾、第三弾というふうに視点の違った応用商品を打ち出してくることも予想できる。

 冒頭の「ゼルダ」は書いたとおり素晴らしいゲームである。
 しかしその素晴らしさはあくまで従来型の「ゲーム機で遊ぶゲームソフトウェア」としての素晴らしさである。

 ニンテンドーラボによって、スイッチはもう従来型の単なるゲーム機ではなく、ゲーム機にもなる別の「何か」というべきものになった。

 任天堂の底力をまざまざに見せつけられたというほかない。