大阪での、最終戦の1つ前の試合。本来なら、胴上げか?という試合のはずだったんですがねえ…
 シーズン優勝はまたしてもライオンズにまくられ、失意のまま、試合も決定力を欠いて引き分け。
 まあ振り返ると、打てないシーズンだったな。柳田選手の怪我離脱や、グラシアル選手の国際試合参加による離脱があったとは言え、打撃コーチ陣の責任は免れまい。
 来シーズンに向けて、修正力のあるコーチ招聘を、お願いしたいところだ。

NPB公式

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

3 × three =

Trackback URL: