これを書いている時点ですでにスワローズには負け越し決定している。
 負けっぷりのショックがでかすぎてリアルタイムには書けなかった。

 スワローズとしては昨年および日本シリーズのリベンジといったところだ。
 摂津・細川バッテリーで山田哲人選手を封じ込めた在りし日が懐かしい。盛者必衰だ。

 相変わらず投手陣の出来はほぼ全員不安定だし被弾も多い。怪我人続出とか去年までの疲労蓄積とか諸事情を割り引いても、そろそろコーチの手腕にも疑問符をつけざるを得ない。早い時期にテコ入れをお願いしたいところだが・・・

 野手のほうも、ずっと感じていることだがレギュラー当確宣言の悪影響がじわじわ効いてしまっているように見える。
 先日の松田選手スタメン外し以後の成績を見れば、大功労者だろうが競争状態にすることが大事であるように思うし、内川選手や松田選手レベルのベテランは休みを入れながら若手併用で使ってほしいと思う。年齢的にはベテランではないものの稼働時間の多いデスパイネ選手や今宮選手なども同様である。
 結果的に怪我などで自動的に若手併用になりつつあるのは、不幸中の幸いか。ただ若いといっても準レギュラークラスは10年目前後の選手が多いわけなので、25才以下の選手がせめてあと1~2名は台頭してほしいところ。

 当然ながら監督はじめ指導者も毎年勝負ではあるわけだし、あまり冒険ばかりもしてられないということも分かる。
 しかし優勝奪還が絶対だった昨シーズンよりは育成寄りのシーズンにできるような気もする。
 こんな時こそ原点回帰で、ベテランだろうが主力だろうが関係なく、結果重視かつ結果がほぼ同じなら若手起用していくのが良いように思うのだが。

スポナビ結果