第三回レジェンドデー。今回登場したレジェンドは前監督、秋山幸二氏。
 王会長とともに、今日の常勝ホークスを作り上げた大功労者である。お元気そうで何よりです。
 セレモニアル・ピッチの暴投やヒーローインタビュアー初体験など、いかにもな感じで久々に秋山ワールドを堪能できた。

 過去二回のレジェンドデーは1勝1敗となっており今日の結果次第ではまたまた「企画試合は鬼門」となる恐れも感じられたが、前日スタメンを外れて満充電完了したマッチの追撃2点タイムリー、新交流戦男になりそうな塚田選手の同点タイムリー、上林選手の「なんであんなに打球が伸びるの」ツーランHRにより逆転勝ち。
 1点差まで迫られるもギリギリ継投が決まって、レジェンドデーを勝利で飾ることができた。

 久しぶり猛打賞となり打点もあげた松田選手、やはり不動のレギュラーといっても不調であればベンチに下げて休んでもらうということが有効ではないかと改めて感じた。
 鷹の元気印といってもベテランであるし、今後も週に1日くらいは休んでもらいながら若手起用をお願いしたいところだ。
 不調の不動レギュラー問題でもうひとり気になるのは今宮選手である。隙あらば1番起用したがるのは何故?起用するなら下位打順で気楽に強振してもらうのが良いと思うのだが。解説者の方なども言及していたが、怪我が完治していないのだろうか?

 またモイネロ投手と「暫定クローザー」森投手も心配である。両者とも昨シーズン、森投手に至ってはここ何年も多登板で身体を酷使していると思うので、怪我する前に一度リフレッシュしてもらうほうが長い目で見てプラスになるような気がする。

 主力にベテランが増えてきたホークスの課題、優勝争いしながら世代交代の種をまくということが認識されている割には開幕前に6ポジションレギュラー確約など言行不一致なので、交流戦を機にチーム方針もリセットして、もう少しベテランや酷使投手の疲労回復を考慮した起用を続けてもらいたいものである。

スポナビ結果