投壊。中4日の暴れ馬ではこうなるのも必然か。継投した若手も打ち込まれているのがなんとも悲しいが、打線は頑張って追い上げてくれているので、明日また期待しよう。

 それにしても、マリーンズの応援は定評あるとは言え、今シーズンここまで絶不調で、かつ本拠地からは遠いビジターの地であるにも関わらず、けっこうな人数で声も出ていた。頭が下がる。今日は豪快に打ち勝って少しは気が晴れたことだろう。
 打線が活性化する兆しが見えてきたかとも感じるマリーンズの次カードが、上位チームではなく対バッファローズというところが、マリーンズにとっては吉かも知れないがホークスにとってはどういう巡り合わせになるか。
 いずれにせよファイターズ3連戦は負け越しが容認しづらい状況になった。ローテをずらしてまで調整した投手陣に奮起を期待したいところ。

スポナビ結果

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

7 − six =

Trackback URL: