福岡ソフトバンクホークス2017開幕戦を現地観戦。

 直近の2年間は開幕戦勝利していないこともあり、今年こそは勝利でシーズン開始を喜びたい。

 しかしまあ、地元人気もお金もある球団ということで、開幕セレモニーが派手だね。

 個人的に、スタジアムDJはもう少し抑制気味にしゃべってもらったほうが格好いいと思うのだが、ヤフオク!ドームに集まるお客さんは意外に穏健な人が多く、多少煽り気味にしないと盛り上がらないということなのだろうか。

 それはさておき、試合展開における分かりやすい分水嶺は、7回表に1点失ったあとの代打井口選手から三振をとった場面だが、同じ回における鈴木大地選手の見逃し三振も大きかったように思う。この打席、ノーアウト12塁で打撃好調のように見えた鈴木選手に、バントする(させる)のか迷いが出ていた。おそらくカウントに応じてサインが出ていたと思われるが、鈴木選手は次打席でしっかりツーベースを打っているだけに、ノーサインお任せだったら、開幕戦独特の守備の緊張感も含めて、何かが起きた可能性もある。
 もちろんすべて結果論だが、マリーンズ側からしたら悔いの残る攻撃ではなかったか。
 見方を変えれば、5番打者にバントサインを出していたとしたらそれが既に苦しいお家事情ということなのかも知れないが、去年の主軸デスパイネ選手移籍先のホークスファンとしては複雑な心境だ。
 逆にサインではなく鈴木選手自身が迷ったということであるならば、雰囲気に飲まれたのは鈴木選手の側か。野球は、こういう場面での心理戦を想像するとまた楽しめる側面がある。

 ホークスとしては、立ち上がりが不安定だった涌井投手を打ち込めなかったことが課題かも知れないが、終盤の少ないチャンスできっちり得点につなげられたということでは良かった。何よりも開幕戦を勝てたことが喜ばしい。

 和田投手は球団最年長開幕勝利投手ということで、記録を抜いた相手が工藤監督というところが、古参ファンの感慨深いところ。今年は少し登板間隔をあけてもいいから、最後まで怪我なくやってほしいし、長く選手を続けられるようにする意味でも、他の若手投手に台頭してもらって、あまり和田投手頼みにならないようなシーズンにしてほしいね。

スポナビ試合結果