今シーズン、最初で(そしておそらく最後の)北海道遠征にてファイターズ相手に3タテ達成となる勝利を目撃。

 前日、前々日と良い勝ち方をしていただけに、流石にこの日はファイターズも気を吐くだろうから厳しいかと思っていたし、案の定、初回から「帝京魂」の杉谷選手にエンドランを決められ犠飛で鮮やかに先制点を取られた展開であったが、今のファイターズのチーム状態は相当良くないらしい。
 8回の重盗、9回の1死1塁からの杉谷選手バントは何だったんですかね。ホークスもたまにやらかすけど、謎めいた采配だった。

 それでも最初から金子投手で来られていたら負けてた気がするのだが、オープナー?ショートスターター?なるメジャー仕込みの継投戦略がホークス側にとっては吉と出た気がする。内川選手に少し復調の気配が見え隠れし始めたのと、地元出身で札幌ドーム大好きっ子の明石選手がきっちり活躍したことも大きい。

 それにしてもグラシアル選手、ほんと獲得してくれて良かったなあ。この先、母国の代表試合で一時帰国が控えているので悩みがつきないが、きっとコラス選手がやってくれるでしょうと楽観。

 柳田選手は・・・正直なところ待ち遠しいのだが、また見切り発車して9月に再び怪我とかシャレにならんので完全に直してほしい。今までも散々書いているが、もう30代だしパワー偏重だとこの先も怪我に泣かされ先細る気がするので、怪我しないことを最優先の身体作りをお願いしたいところだ。王会長とか秋山前監督とか、長く一線で活躍したレジェンドからその辺ご指導頂けないだろうか。このままだとマジメに「太く短く」リアル桜木花道になりかねんぞ。

NPB公式

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

1 × three =

Trackback URL: