祝、交流戦優勝。

 最高勝率と言ってみたり、また優勝に戻してみたりと、色々と試行錯誤が続く交流戦だが、ここ近年ずっとホークスは交流戦で調子を上げていくペース配分となっている。今年は怪我人だらけだしどうかなと思っていたのだが、やりくりで優勝してしまう工藤監督はじめ首脳陣の能力、そして選手層の厚さには感服しきりである。

 特にこの試合においては、福田選手まさかの二塁先発起用に驚いたと共に、その福田選手が試合の流れを決定づける2本のHRを打ってしまうのだから、短期決戦の鬼、まさにここに極まれりと言うほかない。

 それにしても敵ながら心配なのは早々にマウンドを降りたジャイアンツ菅野投手と、痛い失策をしてしまったうえに打つ方でも精彩を欠いていた坂本選手である。両者とも故障を抱えているのは間違いなさそうな不調ぶりなので、長いシーズンを考えると休養が必要ではないかと思ってしまう。日本プロ野球史に残るような活躍を続けていくべき選手であり、ジャイアンツファンでなくとも応援したい選手であるので、身体のケアをぜひお願いしたい。

NPB公式

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

4 − two =

Trackback URL: