本家タカガールデー2日目。逆転負け。
 どうも対マリーンズ戦が前半戦の鬼門と化している。
 4月は新人活躍などで踏ん張っていたリリーフ陣も、流石にプロの壁は高く、ここ最近打ち込まれている。
 今のところ千賀投手と高橋礼投手が鉄板気味なのが救いか。
 負ける度に呪文のように繰り返しているが、怪我人の復活までは何とか勝率5割をキープしておきたいところだ。

NPB公式

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

eleven − seven =

Trackback URL: