タカガールデー東京初開催、鬼門の企画試合で勝利。

 タカガールデーは女性に限りタカガール仕様の応援ユニを無料配布して球場をピンクに染めて応援しようという企画試合である。もともと福岡では年1~2試合行われていたが今シーズンから東京初進出となった。鷹の祭典を東京で2日間やるよりは今年のパターンのほうが良いと思うね。
 当方女性ゼロのおっさんチームであったが、数少ない東京ドーム興行ということもあり観戦させて頂きました。

 ホークス先発は相変わらず不調の東浜投手、かつ野手陣は野戦病院状態ということで、正直厳しいかなと思っていたのだが、松田内川デスパイネといったおっさんが奮起して逆転勝利。投の若鷹がまた出てきたのも嬉しい驚きである。

 反面、内川選手のヒーローインタビューでの発言には、少しずつ近寄ってくる加齢の影響と、やって当たり前という常勝チーム主力に対する重圧の苦悩があからさまに表れていて何とも言えない胸中になった。

 今年はキャプテン制度を廃止して内川選手のユニフォームからCマークが消えたが、もともと責任感の空回りやネガティブ志向に陥りやすいように見える内川選手の心理的重圧を少しでも軽くしようというチーム(監督?)の配慮であると自分は捉えているので、横浜時代やホークス移籍1年目のように、チーム状態など関係なくオレは打つ!の精神を思い出してほしい。そもそも現代のプロ野球選手として老け込む年ではないしここから上げていってほしいね。

NPB公式

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

20 + 12 =

Trackback URL: