2019プロ野球開幕。のっけから、内容が濃すぎる。

 まず開幕セレモニーだが、ゆずが登場。いやー良かった。今年のヤフオク!ドームは音響もリニューアルしたのだが、正直今までは「ふーん確かに音がクリアになって圧も良い感じだよね」くらいな印象だったのだが、ゆずの歌を聴いたら、もちろん歌唱力が素晴らしいこともあるのだが、音響の良さが本当に実感できた。やっぱりプロが最新の音響で歌うと圧倒的だね。そして開幕セレモニーに歌ゲストを呼ぶのも恒例化しそうだな。

 肝心の試合については・・・

 先発の千賀投手は初球から立て続けに161km/h。球場がどよめく。しかし制球難で球数は節約できず。もう1イニング投げてくれたらすんなり終わった試合にも思えるが。まーでもゼロで抑えるのは流石です。

 相手先発の多和田投手も調子は悪かった。2回裏に松田選手が今シーズン初打席で初熱男。しかも節目の通算1500安打達成。1000安打目もHR。らしいね。

 その後も打つべき人が打って小刻みに加点したのだが、8回の加治屋投手、ひとり相撲で満塁とし、山川選手どすこいグラスラを食らってしまう。
 満塁の時点で、あると思っていたが。まさに素人の勝手な意見なんだが、押し出し覚悟の勝負、というか、何なら敬遠でも良かったよ。

 この場面は首脳陣に対して愚痴を言いたい。去年の終盤から調子を崩していて、かつ今シーズン前には怪我も発覚、オープン戦も稼働率は悪く、いかにも急造で開幕を迎えた加治屋投手を使うというのは、いくら去年の実績があると言ってもギャンブルが過ぎる気もしたんだが。
 結果的に負けなかったし、奥村投手と甲斐野投手という2018年ドラフト組が即戦力でかつ大変有望であるということも証明されたので不幸中の幸いなのだが、そうなると今度は彼らが酷使される1年にもなりそうで、まーどのチームもそうかも知れんが7~9回の投手事情は毎年観ていて痛々しい。高校球児の球数制限が話題になったりしているが、プロ投手の連続登板制限とかも検討した方が良いかもよ。

 それにしても奥村投手、去年だったらグラスラ同点にされた時点で更に加点され負ける展開だったが、いきなり逆転ピンチの場面でプロ初登板ですよ。抑えちゃうんだもんなあ。関係者が摂津二世とか言ってるのも分かる。
 さらに甲斐野投手、これまた延長突入でかつ山川選手からの難しい場面で、まさかの直球投げずに三球三振。更に三者連続三振とは恐れ入る。
 遅咲き社会人ドラ7と外れドラ1ですよ。ホークスはピカピカドラ1よりも外れと下位と育成が本命なのか?

 延長戦は、相手Pヒース投手が乱調、ノーヒットだった柳田選手にも良いところでヒットが出て、デスパイネ親分貫禄のサヨナラヒットとなった。
 ライオンズも中継ぎ抑えは例年以上に厳しいようだ。昨年は浅村選手もいたので、投手陣の失点を上回る圧倒的な得点力でリーグ優勝したチームである。1番金子選手も今日は不発だったし、正直なところ、1番秋山選手とは打線としての恐怖感が全く違う。

 接戦を劇的な結果で制したホークス、何はともあれ開幕カードかつ因縁対決の初戦を勝てたのは嬉しすぎる。最後は節目試合では恒例の藤井フミヤさん熱唱も聴けて大満足。遅い時間まで関係者の皆様おつかれさまでした。GG
 
NPB公式