投打がうまくかみあって、快勝。
 前日の試合に少し得点を分けたいくらいの、たたみかける攻撃。
 ミランダ投手もあまり調子は良くなさそうだったがゼロで纏めるところは流石だ。
 上林選手&甲斐捕手のタッチアップ阻止&二塁捕殺も勝利貢献度大であった。(走塁ミスでラッキーな面もあったが)

 大勝で勝ちパターンが休めたのと、少々停滞気味だったグラシアル選手、松田選手、柳田選手、甲斐捕手らにHRやいいヒットが出たのが明るい材料か。
 そろそろデスパイネ選手や内川選手が復活しそうな感じもあるが、打線をどう組むのか、気になるところだ。

 それにしてもこの日はマリーンズ対ライオンズが凄まじい試合になっていた。
 結果、ゲーム差が縮まったので良かったのだが、9月10月のマリーンズ戦が緊張感高まる展開になってきた。

スポナビ結果