なんとか被3タテ阻止。
 鷹の祭典、最終戦を勝利で終わることが出来た。
 前回あれだけ悪かった武田投手が「言っといてや、できるんやったら」の完封、そしてこのチーム状況に過度な責任を感じているであろう内川キャプテンが無双して、快勝。
 試合後セレモニーでは藤井フミヤ氏も登場、東京も観戦&待機していただろうから、ほんともどかしい気持ちで観戦していたことだろう。やっと出番が出来て良かった。

 難しいのは、武田投手の状態だ。本来であれば無期限二軍調整の立場だが、棚ぼたの機会を得て完封、しかも今シーズンは今まで完封かK.O.しかないというこの状況、プロ野球としては計算できないため使えないという評価にはなると思うのだが、今のホークスの投手事情も鑑みると、次回登板機会も組み込まざるを得ないか。個人的には、完封まで行かなくとも、このあと5試合連続QSくらいはしてくれないと、その潜在能力からすれば及第点とは言いがたい。

 とは言え、武田投手のプロ野球選手としての意地が垣間見えた今日の投球は、嬉しい。そこは手放しで賞賛したい。
 次回登板機会があれば、なんとしてもQS以上の結果を出してほしい。

スポナビ結果