「タカガールデー」2日目。今まで「タカガールデー」は未観戦であったが、今年は機会を頂き初観戦。
 初日はファイターズ中島選手のグランドスラムという超レアイベントにより敗北して迎えたこの試合、何度も言及している「ホークス企画試合は鬼門」が現実となってしまうのかと弱気モードだったが、結果は快勝。やっと溜飲を下げることが出来た。

 武田投手の2試合連続完封、デスパイネ選手のタイムリースリーベース(ファイターズ西川選手の記録にはならないミスのおかげだが)、重圧から解放された内川選手の満塁走者一掃タイムリー、不調モードで打順1番になった松田選手の熱男弾と、頻繁に観戦するファンでもレア度の高い、良い試合であった。

 地味なポイントとしては、塁に出すと色々と面倒なファイターズ西川選手を封じ込めたバッテリー、特に初回で盗塁を刺した高谷捕手が陰の功労者であると思う。
 これまで盗塁死ゼロ、パ・リーグ盗塁王に向けて爆走している西川選手が、変化球に対してスタートして刺されるというのはそうそうあるものではない。そもそもエラーによる出塁であったし、ここで盗塁成功すると武田投手のペースもどうなっていたか分からず、序盤の流れを相手に取られそうな大事な場面であった。

 このあと動揺したのか西川選手、守備では目測誤り、牽制死など、今日は良いところがなかった。
 マスコミの期待を集める清宮選手も3連戦通じて無安打と、忖度なしの結果となった。
 ファイターズは若い選手が多いからか波が激しい。そういう意味では前2試合は波に乗せてしまったワケだが、この試合で一度叩けたのは良かった。
 西川選手や清宮選手を含め、ファイターズ各位にはぜひ次カードのライオンズ戦で爆発してもらい、気持ちよくつぶしあって頂きたい。

スポナビ結果