鷹の祭典 in TOKYO 2017。

 迎える相手はファイターズ。先発の松本投手は立ち上がりの出来が今ひとつで、東京ドームが大好きなレアード選手、そして昨年までここをホームにしながらも成績が振るわずファイターズへトレードされて開花しつつある大田泰示選手にHRを浴びて3点ビハインドとなるものの、チャンスに強いデスパイネ選手タイムリーが口火となり、上林選手が久々の逆転スリーランHR、明石選手の技ありタイムリーもでて一挙5点をとり、鮮やかな逆転勝ち。

 東京の祭典は負けが多く、立ち上がり早速の3失点は今年もヤバいのでは?というイヤな予感がしたものの、上林選手のヒキが勝ったようだ。
 また、モイネロ投手がロングリリーフで快投。完全に欠かせない戦力となっている。メンタルも強靱のようで、ピンチをあまり苦にしていないようだ。
 上林選手とともに、優勝のキーポイントとなる選手である。

 非常に良かったのは、ドームに響く応援の声が本家福岡のそれよりも圧倒的に大きく、グルーヴ感が凄かったこと。
 やはり人口の多い首都圏で年1度だけの特別企画試合となれば、首都圏のホークスファンが東京ドームに大集結し、テンションもかなり高め。
 関東チャンテ(チャンステーマ。得点チャンスのときに行う特別な応援歌)のみならず、福岡のチャンテも本家を上回るボリュームだった。
 さらに試合後のセレモニーでは、藤井フミヤさん登場。本人作詞作曲のホークス公式セレモニーソング「勝利の空へ」を生歌で披露。そして観客に配布したケミカルライトで観客席を今年の祭典カラー赤白に染め、光と音響のド派手なセレモニーで締める。
 試合結果を含め、興行しては大成功と言って良いだろう。

 ただ気になるのは、関東のTVニュースなどでは始球式に初登場した桐谷美玲さんの話題と大谷選手が初4番で2安打!ってのが多かったようだ。寂しい限りである。

 これで鷹の祭典は残すところ大阪のみとなった。
 ホークス発祥の地、大阪での祭典も、多いに盛り上がって、かつ勝利、と行きたいところだ。

スポナビ結果