公式HP
IMDb
日本語Wikipedia(ネタバレ注意)
arrival いま旬のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作。鑑賞した過去作「ボーダーライン」とは打って変わって、サイエンスフィクション。「ボーダーライン」のときも書いたが、この監督はSF映画の名作「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー2049」を撮ることになっており、その出来映えが気になる自分としては、本作を通じて期待値を推し量ろうというつもりで鑑賞したが、期待は大きくは膨らまなかったものの裏切らないであろうといった感想の、良作であった。

 ドンパチや派手なアクションのないSF映画ということで観る人を選ぶ作品ではある。
 なぜか「インターステラー」を思い出した。舞台設定、画作り、場面進行など全く違うのだが。時間というものの捉え方がテーマのひとつになっているところが、そう思わせたのかも知れない。

 アートワークと音楽がけっこう良くて、特にUFOの質感とか、例の文字とか、禅の影響を見いだせるような東洋的センスを感じて、これはブレードランナーでの画作りでも期待できるなと思わせた。

 この映画は「あなたの人生の物語」という、ネビュラ賞までとった原作(じっさいは左記の本は短編集で、原作はそのなかのひとつ)があるのだが、自分は未読である。ネット上にある感想を読むと、泣けるとのこと。本作は原作とはかなり違っているとの意見も多々ありつつ、ラストはうるっとくるものがある。

 エイミー・アダムス演じる主人公が最後のほうは英語で話しかけてたとか、いくら言語が思考を決定づけるとしても異星人の言葉を理解しただけであのような能力が身につくのか、とか、細かいことを気にすると色々あるのだが、それを補って余りある、ラストシーンで抱擁するときのなんとも言えない表情は感情移入させるものがあり、それまで張りまくった伏線も全てここに収束する。演技も撮り方も、上手いね。

 この監督、ネットで読んだインタビューで、好きな(SF)映画に「未知との遭遇」「2001年宇宙の旅」そして「ブレードランナー」をあげている。

 なるほど、この映画を撮りたかったわけだし、上手く撮れるわけだよ。