http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0705/01/news039.html

 ネーミングセンスとか、スキン提供といった、いささか「あのGoogleがこんなことをねえ・・・」感の漂う点はさておき(なぜかNewsだとそれがピックアップされて概要化されるが)、パーソナライズ検索は結構待ち望まれた機能ではある。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/11/news021.html

 いままではGoogle様の設定した一様な基準でしか検索結果を得られなかったが、自分の傾向にアジャストできるようになると。

 Google Mapsのデフォルト位置も考慮されるらしいし、きっとどこの地図を検索したかも入力情報になるのだろう。さらには、Gmailの内容や、Google Readerの購読内容、Google Talkの内容もきっとそうなるだろう。

 すごすぎ。というか、ちょっとコワくなってきた。

 ユーザの行動をロジックにフィードバックして出力精度を高めるのは今後のメインストリームだからむしろGoogleもやっとここまで、という感じだけれども、一方でここまでGoogleの便利なツール達に頼っていると、もう何もかもGoogleに把握されちゃってるといっても過言ではない。

 Googleが政治的野心のない良識ある技術屋集団と呼んでも差し支えない雰囲気なのが救いだけど、そのGoogleが籍を置いている国家は、野心の塊みたいなもんだからなあ。