連続日本一。嬉しいのだが、少々複雑。
玄人好みのシリーズであり、「微差は大差」という言葉を、双方が実感したシリーズだったように思う。
特に、MVPに打率2割前半しかない捕手が守備のしかも盗塁阻止で選ばれるというのは、NPBにグッジョブと言いたい。
CSのライオンズもそうであったが、カープは「シーズン通り」の野球を完徹しようとして、歯車が狂った感がある。
対してホークスはまさに短期決戦モード全開で、スタメンから作戦まで全てにおいてほんの少しずつ相手を上回った。
打順から戦術まで猫の目のように変わるなか、それにしっかり対応する選手達のレベルの高さを感じる。
これだけ怪我人や不調選手が多い中、日本シリーズまでたどり着いて結果を出す、まさに監督や選手をはじめ全てのチーム関係者が常日頃から正しい方向に努力を続けた賜物である。
おめでとうございます。来年はシーズン優勝奪回に向けて、チームコンディションが100%になることを願いたい。

NPB記録

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required

four − one =

Trackback URL: