2007年9月5日:曇。気温25.6℃~30.1℃

前回からのあらすじ:登記申請は審査待ち。次は税務署関係)

 9月6日までは、手続的には身動きがとれません。

 よって、税務署へ行って用紙をもらったり、あとは書類の記載内容の勉強ですね。(税と保険は苦手意識があります)

 登記申請にあたり、本筋とは離れたところで、いくつかのアクシデントがありました。

 今日はそのカミングアウトです。

 「バカだな~コイツ!」と嘲笑することでお仕事のストレスを発散して頂ければ幸いです。

1.資本金準備のため個人口座を新規開設したのだが、名義氏名を間違えて作ってしまった

 口座作ったあとに、銀行から電話があり「すみません!お名前の漢字を間違えてつくっちゃいました」「え?あ!ホントだ!

 喜という字が、善になってます。よく間違われるんですよね。そのわりにはちゃんと確認しなかった自分が悪い。

 字がすごく下手で、喜、の「口」の下にあるチョンチョンを、口から横にはみ出して書く癖があります。逆ハの字みたいに。それで、銀行窓口のオネエちゃんも間違えたんだと思います。

 で、その週は忙しかったんで翌週月曜に交換する旨を伝え、そのままに。
 思えば、これが次のアクシデントの解決可能性をより引き下げてしまっていたのかも知れません。

2.運転免許証紛失騒動

 前の会社から持ち帰ってきた私物の本がたくさんあります。大抵は大組織でのマネジメントに関する本。もはやそんなのはいりません。

 で、日曜日に売りにいくことにしました。

 そして、身分証明を求められ、そこで免許証がないことに気づく。
 いつも入れているカードケースの中で、なくなっているのが免許証だけ。
 免許証を出したのは・・・ああ、銀行で口座つくったときね。じゃ聞いてみよう・・・って日曜日じゃん!

 てなわけで、いちおう警察に紛失届け。元の会社に落としたかも知れないので、銀行とあわせて月曜日に聞いてみることにし、しょんぼりした日曜日を過ごすことに。

 登記書類の仕上げと印刷は・・・今日は気分がのらねえ。

 月曜日の早朝にやればいいや、と。

 これから時間がたっぷりあると思うと、深夜にいろんなことを無理してやらないため、朝早起きになるんですよ。

 しかし、この先送り体質が、また次のトラブル影響度をUPさせたのでした。

3.プリンタ故障

 月曜日早朝、書類を仕上げて、いざ印刷しようとすると・・・我がEPSON PM-950Cが言うことを聞きません。

 最初は、どうみても残っているのにインクがねえ!だのなんだのワガママを言っていたのですが、インク換えたりいろいろ対処しているうちに、印刷してもダンマリに。

 マジすか?どうでもいいときはすこぶる快調なのに。

 調子悪いとたたいたりしてたから、俺のことが嫌いなんだきっとそうなんだ。
 みなさん暴力に訴えるのは普遍的な悪であり、このように必ず自分に返ってきます。やめましょう。

 こういうときに、元の会社ではレーザープリンタが空気のような存在ですぐ印刷できるっていう環境だったので、ギャップを感じます。

 しかしPM-950Cのインク残量検知って、インク残量そのものじゃなくて、どんだけのドットをふきつけたか、で判定しているんだって。それって誤差激しいんじゃないの?

 会社でも「本体はすこぶる安いがトナーとメンテが激しく高い」という評判だったEPSON。

 本体0円で通話料が割高な携帯電話と同じビジネスモデルだ。

 閑話休題。

 結局、Google DocsからFDに各書類ファイルをダウンロードして、練馬のネットカフェにて印刷することにしました。

 しかし、登記書類のなかで、OCR申請書は法務局からもらってきた所定の用紙に「狙い打ち」印刷したいのだが、ネットカフェではそれができません。

 そこで、いったん普通紙に印刷してからローソンのコピー機に用紙を紛れ込ませ、コピーして作成完了。

 「ネットカフェとコンビニさえあれば会社だって作れます」とか「ついに起業する者も出現!もはやネットカフェ難民は単なる社会的現象ではなく生活スタイルだ!」とか、そんな釣りのタイトルでも書こうかな。

・・・

 バカでしょ?祟られてるでしょ?

 「アンタの会社、さっそく先行き暗いんじゃないの?」なんてコンピュータのコの字も知らないような家族1.0に罵られながら、いまは我慢の時期だ!明けない夜はないから!と自分にいいきかせます。

 でもそんな状態で登記申請に挑み、法務局から戻ってくると、銀行から電話が。
 運転免許証がみつかったとのこと。

 ホラみろ!早速上向いてきたじゃないか!(冷静に考えるとマイナスからゼロになっただけなんですが)

 朝イチで聞いたときは「ない」って言われたんだけど、そのあと気になって方々に確認とってくれたらしく、結果「ありました」だって。ありがたや。
 それにしても、銀行も縦割なんだねえやっぱり。

 こういうときって、車の運転ができない(公的機関はどこもビミョーな位置にある)、身分証明がない、ってのは、かなりイタイです。

 運転免許証がカードサイズになったのはいいけど、なくしやすくなったと思うので、みなさんも気をつけましょう。

 さらに、つづく